マップカメラ鉄道倶楽部

楽しみなリニア


青春18切符を使っての日帰り撮影小旅行。今年の旅行記事を改めて見ると復刻車両や廃線跡など過去を思い出す
ネタばかり…。せめて最後ぐらいは未来の事をと思い、今回は山梨県にあるリニアモーターカーの実験線を見学
しに行ってきました。

リニアモーターカーは現在、山梨県の笛吹市・大月市・都留市・上野原市の4市を横断する42.8km の実験線の
一部で走行試験が行われており、そのほぼ中央に位置する場所に実験が見学できる「山梨県立リニア見学センター」
があります。早速、見学センターを目指して出発です。

まずは新宿方面から中央線を乗り継ぎ大月へ。ここから富士急行線に乗り換えます。
中央線大月駅 大月駅富士急行線のりば
大月駅(写真左)と富士急行線のりば(写真右)

富士急行線は大月と富士山の麓にある河口湖を結ぶ26.6kmの路線で、「富士山に一番近い鉄道」と呼ばれています。
現在、富士急行線で活躍している車両は、京王電鉄から譲受した旧京王5000系。昨年夏、四国まで見に行った
関東の名車がここでも活躍していました。
富士急行線リバイバルカラー列車
しかも運の良いことに乗車したのは、富士急行開業80周年の記念事業の一環として昭和20年代のカラーに戻した
リバイバルカラー列車でした。(富士急行線大月駅にて)

リバイバルカラー列車には、運転席の下に小さく80周年記念のヘッドマークが掲げられています。
かつて京王電鉄で5000系として活躍していた頃には、同じ場所に列車種別板が掲げられており、別の意味で懐か
しく感じてしまいました。

大月駅から列車に揺られわずか3駅、実験センターの最寄駅「禾生(かせい)駅」 に到着です。
禾生駅舎 山梨県立リニア見学センター入口
小さな駅舎(写真左)を出て中央高速道路に沿って15分ほど歩くと山梨県立リニア見学センターに到着です。

山梨県立リニア見学センター 資料展示室
見学センターは3階建で、1階は売店、2階は資料展示室(写真右)、3階は実験見学デッキになっています。
到着早々、館内放送でリニアが見学センターに接近しているとの案内が。

急いで見学デッキに上がりカメラをセット。
甲府方面から東京方面へ向けて試験走行するリニア
アッという間に目の前を通過していききました。
(甲府方面から東京方面へ向けて試験走行するリニアモーターカー)

今回はリニアの速さを皆様にもご覧頂こうとお店から動画デジカメを借りましたので、そちらも是非ご覧ください。

Panasonic LUMIX DMC-GH1 + LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

展望デッキには列車の走行位置と速度が表示されるモニターがあります。(写真左下)
3階見学デッキの窓とモニター 時速400kmを表示するモニター
モニターは、実験センターの前を時速400kmで通過したことを表示していました。(写真右)
すでに時速581kmの記録を持っているリニア。もっと早いスピードを期待していましたがこの日は400km/h止まり。
それでも間近で見ると驚愕の速さです。

実験センターから実験線を挟んだ向かい側には、展望広場と山があります。
今度はその山に登って折り返しの実験走行を待ちます。
東京方面から甲府方面へ向けて試験走行するリニア
(東京方面から甲府方面へ向けて試験走行するリニアモーターカー)

そして動画も。

遠目で見るとあまり速さが伝わりにくいかもしれませんが、リニアの下を走る高速道路の車と比べるとお分かり
頂けるのではないでしょうか。

先の実験センター見学デッキの写真と見比べると、東京側と甲府側では先頭車両のデザインが異なっている事が
分かります。ジンベイザメみたいな平べったい顔をしている甲府側の先頭車が最新型のMLX01-901。従来型の
東京側先頭車MLX01-2と比べると、いろんな要素が検討され、改良されていることが分かります。

リニア車内を見学できるコーナーもありました。
リニア車内見学コーナー リニアの車内
2005年に開催された愛・地球博(愛知万博)でも同様の車内公開がされていました。
当時ものすごく感動したのを覚えていますが、今改めて見ると最新の新幹線の方が良く見えてしまうのは、常に
進化しているという事なのでしょう。

2025年の部分開業(東京〜名古屋)を目指し開発が進められているリニア中央新幹線。将来的には東京と大阪を
約1時間で結ぶという壮大な計画はこの先どのように進められていくのか今からとても楽しみです。

未来の列車を想像しながら富士急行線に乗り家路を急ぎます。そこに飛び込んでくる富士急行線のカラフルな車両達。
最新技術のスマートな車両を見た後に見ると思わず笑ってしまいます。
富士急行線フジサン特急
富士急行線の特急専用車両「フジサン特急」。
かつてはJR東日本のジョイフルトレイン、「パノラマエクスプレス アルプス」として活躍していました。当時は
全車両グリーン車であこがれの高級車両でしたが、富士山をモチーフにしたキャラクターでデザインされた車両は
子供達に人気の親しみやすい車両に生まれ変わっていました。

さらに子供達に人気と言えば...
富士急行線トーマスランド号 トーマスランド号の中
5000系「トーマスランド号」。中も外もトーマスキャラクターでいっぱいです。

この日は見る事ができませんでしたが、他にも九州新幹線つばめをなどをデザインした水戸岡鋭治氏プロデュースの
富士登山電車などが活躍しているそうです。

最新技術の結晶と企画アイデアの結晶。山梨県を走る列車はいろんな特色が楽しめます。


使用機材:Nikon D700 + AF-S ED80-200mmF2.8D
     Panasonic LUMIX DMC-GH1 + LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

Panasonic LUMIX DMC-GH1




今回、動画撮影用にPanasonic LUMIX DMC-GH1を使用
しました。普段Nikon一筋のコリドラスにとっては、
慣れない機種ということで最初はかなり戸惑いましたが、
「おまかせiA」モードにセットしておけば、ほとんどが
カメラ任せでOK!初心者の方にもとても使いやすいカメ
ラです。細かいカスタマイズ設定も可能で、使い込めば
もっと楽しくなるでしょう。

軽いと聞いていたのですが、持った感じは結構ズッシリ!これは搭載レンズの影響でした。
ボディのみの重さは385gと軽量なのですが、動画推奨レンズのLUMIX G VARIO HD 14-140mmを装着すると倍以上
の903gにもなります。
何故レンズが重いかというと、動画撮影中オートフォーカスが駆動しても、マイクが音を拾わないよう静音設計の
リニアモーターを採用しているからとの事。
まさかここでもリニアモーターが活躍しているとは思いませんでした。今回は追尾AF機能を使わなかったので、その
恩恵は得られませんでしたが、通常撮影時のピント合わせでもその静かな動作は十分に感じとることができました。
速くて静か。レンズも列車もこれからはリニアの時代なのかもしれませんね。



written by コリドラス
この記事のカテゴリーは『撮り鉄(車両/設備関連)』です | この記事は2009年09月12日現在の情報です。


2013年02月22日
東急東横線と東京メトロ副都心線は2013年3月16日より相互乗り入れを開始します。 これにより東急東横線の渋谷駅は副都心線と同じ地下ホームへ移転。現在の地上駅もあと少しでその役目を終えることになります。 先日の渋谷ヒカリエのオープンで装い新たになった渋谷駅ですが、日々様子の変わる駅周辺を見に行ってきました。 東急東横線を地下5階の渋谷駅につなげるため、新たなルートとして代官山駅のすぐ先から地下へ潜るための工事が行われています。 渋谷は「谷」というだけあって凹んだ土地です。地...
この記事を面白いと思った人 258人
2013年02月04日
毎日寒い日が続いていますが暦は立春。鉄道ネタでも春の話題が聞こえてきました。 この鉄道倶楽部でもおなじみとなっています千葉の早春SLイベントがいよいよスタート。今年は2月9日~11日に実施されます。 今回も一足早く試運転の情報をキャッチしたコリドラスは、早速1年ぶりのSLを見に行ってきました。 過去4回、内房線をメインに房総半島で運転されていたSLですが、今年は成田線の佐原~銚子間で運転されます。 かつて利根川を利用した水運の街として賑わった佐原や銚子ですが、巨大アウトレットモー...
この記事を面白いと思った人 244人
2012年11月27日
千葉県内を走るJR久留里線(木更津~上総亀山)は関東圏では珍しくなった全線非電化の路線です。 ここに12月1日より新型車両が投入され、旧型車両が姿を消すことになります。 首都圏でも新型車両の導入はよくありますが運転本数が少ないローカル線では、運用車両自体が少ないので徐々に車両が置き換わっていくのではなく、一斉交換となります。 新型車両と旧型車両の2ショットを見ることができないと分かったらもう時間がありません。ラストランを迎える旧型車両を見に行ってきました。 久留里線で活躍し...
この記事を面白いと思った人 239人
2012年09月01日
青函連絡船を見学した翌日は、連絡船の後を引き継いだ青函トンネルを見に津軽半島の竜飛岬に向かいました。 まずは青森駅から津軽線に乗り「蟹田駅」へ向かいます。 津軽線はその名の通り津軽半島を走る本州北端の路線。途中駅の蟹田までは青函トンネルを走る海峡線と同じ線路を走るため、蟹田までは電化されていますが、ここより先は非電化区間。ディーゼル列車に乗り換えます。 最近では地方路線でしか見られなくなったキハ40系気動車。これに乗ると旅しているなという気分になります。 蟹田からさ...
この記事を面白いと思った人 226人
2012年08月27日
昨年「船の科学館」の閉館に伴い、旧青函連絡船の羊蹄丸が資料館のとしての役目を終え、解体されるべく四国の新居浜東港へ送られました。 貴重な鉄道歴史遺産と思っていた私にとってこの解体のニュースはショックでした。 ただ連絡船は、まだ2隻残っています。1つは5年前に函館で見た「摩周丸」、そしてもう1つが青森にある「八甲田丸」です。 久しぶりの夏休み大遠征は、青函連絡船のコンプリートを目指し青森へ向かいました。 もちろん青森への足は東北新幹線の最新型E5系。 飛行機のファースト...
この記事を面白いと思った人 242人

PAGE TOP

お問い合わせ

QA

フリーダイアル 0120-15-3383

買取・下取交換に関するお知らせ

トレードセンター
03-3342-3383
受付時間10:30〜20:00

オンライン査定はこちら

サービス紹介・よくあるご質問

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

マップカメラは、新品・ 中古カメラ /中古レンズ/ デジタルカメラの販売・下取・買取・委託の カメラ 通販ショップ(ECサイト)です。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号