Select Language



Nikon AF-S DX18-200mmF3.5-5.6G ED VRII 焦点距離:32mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200 / 露出補正:0ev


Nikon AF-S DX18-200mmF3.5-5.6G ED VRII


35mm換算で28-300mmに相当する高倍率ズームレンズの「AF-S DX 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II」は、4段分に相当する優れた手ブレ補正機能もあって非常に使いやすいレンズです。ズーム全域でクリアな描写で、これ1本あれば大丈夫と思わせる綺麗な写りを見せてくれます。

Nikon AF-S DX18-200mmF3.5-5.6G ED VRII 焦点距離:55mm / 絞り:F16 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:200 / 露出補正:+0.67ev

50cmまでの接写も可能なこのレンズは、単にズームだけではなく遠近感を演出した構図なども自由自在。まさにアクティブに動けるレンズです。
自重により鏡筒が勝手に伸びてしまうのを抑えるロックがあるのも嬉しい機能です。「肩から下げている時に勝手にレンズが伸びてぶつけてしまった」なんて事になったらアクティブに動けませんから...。

Nikon AF-S DX18-200mmF3.5-5.6G ED VRII 焦点距離:34mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200 / 露出補正:+0.3ev

Nikon AF-S DX18-200mmF3.5-5.6G ED VRII 焦点距離:170mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 / 露出補正:+1.33ev

ナノクリスタルコートではないもののスーパーインテグレーテッドコーティングにより、フレア・ゴーストを軽減し高い透過率を誇るというレンズは確かに色乗りが良く、暖かな日差しの温度感や羽毛の質感をより鮮やかに感じ取ることができます。

Nikon AF-S DX18-200mmF3.5-5.6G ED VRII 焦点距離:46mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:200 / 露出補正:+0.67ev

明暗のコントラストも良好です。暗い逆光の運転席の質感から明るい外の様子まで違和感なく描写しています。

Nikon AF-S DX18-200mmF3.5-5.6G ED VRII 焦点距離:200mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 露出補正:0ev

他にもAPS-Cサイズで同焦点距離のレンズが、レンズメーカーから多数リリースされています。いずれも高画質で優れた手ブレ補正機能と甲乙付けがたい性能を持っていますが、ニコン純正には他には無い大きなアドバンテージがあります。それは望遠側での開放F値が5.6であるということ。(他社はF6.3)その分レンズが重いという不利な面もありますが、カメラボディー側でのAFセンサーの性能をフルに引き出す明るさを維持することにより、望遠側でもより安定したAF性能が感じ取れました。構図に併せてスムーズに反応してくれるAF性能の高さは、「さすがメーカー純正は違う」と素直に感じさせてくれました。


Photo by MAP CAMERA Staff
使用機材:Nikon D300 +AF-S DX 18-200mmF3.5-5.6G ED VRII



Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: Nikon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:131票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 523:新時代の万能レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』 2019年04月29日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7RIII +Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF(ソニーE用/フルサイズ対応) Carl ZeissBatis 40mm F2 CF 今回ご紹介するのは、昨年2018年の11月に発売されたカールツァイスの標準レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』。メーカーの製品説明の言葉を拝借すれば、「新時代の万能レンズ」として常に高い人気を誇る本製品ですが、その高い人気の理由は一体どこにあるのでしょうか。今回、幸運...
続きを読む
522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 2019年04月21日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + FE 135mm F1.8 GM SONY  FE 135mm F1.8 GM ソニーがフルサイズミラーレス機という新たなジャンルを開拓して早5年半。初めは「専用レンズが少ない」と言われていたラインアップも充実し、今では最もレンズ選びが自由なマウントへと成長しました。そんな中、唯一ユーザーが未だ手放せないAマウントレンズがあります。それは『Sonnar T*135mm F1.8 ZA』、ボケ味とシャープネスの...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S 521:新次元の標準ズーム『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』 2019年04月20日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S NikonNIKKOR Z 24-70mm F2.8 S ニコンから待望の「Z マウントシステム」対応の大口径標準ズームレンズ『NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』が登場しました。 注目は何と言っても、新次元の光学性能と謳うその画質ですが、手にして最初に驚くのはその小型軽量化された外観です。Fマウントの「AF-S 24-70mm F2.8E ED VR」と比べ約265gの軽量化...
続きを読む
FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR 520:軽快な撮影が楽しめる広角レンズ『FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR』 2019年04月16日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR FUJIFILMXF16mm F2.8 R WR 富士フイルムからコンパクトな広角単焦点レンズ『フジノンレンズ XF16mm F2.8 R WR』が発売されました。 16mm単焦点レンズといえば既に「XF16mm F1.4R WR」がリリースされていますが、新レンズは開放F値をF2.8に抑えたことで、僅か155gという小型軽量化に成功。軽量なミラーレスボディと合わせ、軽快なスタイルでの撮影を...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |