Select Language

OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:320 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95


F値、レンズの光を集める性能の指標とされ、人間の目をF1.0として計算される値です。普通、大口径レンズと言われるのはF2やF1.4などのスペックですが、このレンズは何とF1を切るF0.95!人の目よりも明るいこのレンズ、フォクトレンダーブランドでは以前25mm/F0.95のNoktonが発売済みですが、より広角になった事で使いやすさも更にアップしたのではないでしょうか。
まずは少し絞っての描写。大口径レンズながら、少し絞るとしっかりシャープな印象です。ガラスや帽子の質感描写も良いもので、これなら普通の撮影にもしっかり活躍してくれそうです。




OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95 絞り:F0.95/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS Pen E-P3 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95

そして、開放・最短だとご覧のような柔らかい描写に!前後のボケも非常に美しく、ピントの合った綿毛を1本1本解像しながら、柔らかいベールを重ねたような独特の描写です。最短撮影距離も15cmとかなり短く、開放の明るさとあいまって様々な表現が可能です。



OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95 絞り:F0.95/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95





OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95 絞り:F1.0/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95


開放が強烈に明るい本レンズ、ライブビューでフォーカスをしている状態でも、その驚くべきピント面の薄さを実感できます。ボケも大きいのでピントを追う事は想像以上に楽ですが、遠距離の被写体でもしっかりとピント合わせを行わないとぼやけた印象に。 また、日中屋外で撮影を行う場合には曇り空、シャッタースピード1/4000、ISO200での撮影でも、開放0.95での撮影では露出オーバーになってしまう事があります。「えっ、こんな条件でも露出オーバーに!」と驚いてしまうこともしばしば。そのスペックの強烈さを改めて感じた次第です。 せっかくの超大口径を生かすなら、NDフィルターなどを準備して撮影に望む事をオススメします!




OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95





OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS Pen E-P3 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95

この程度まで絞り込むと滲みも消え、すっきりとシャープな描写に。開放でのソフトフォーカスの様な描写から、この現代的な描写への変化は被写体によって使い分けができる魅力的なものでしょう。



OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95 絞り:F0.95/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95

このレンズを使っていると、「身近にもこんなに面白い被写体があったのか」と思わせられることがあります。開放のボケ、絞り込んだシャープさ、そしてその最短撮影距離の短さから選べる写真のバリエーションの多いこのレンズ。1本あると本当に楽しめるレンズです。




OM-Dに着けても、その存在感は抜群です。ローレットの刻みや付属するフードも実にしっかりした作りで、持つ喜びのあるレンズに仕上がっています。また動画撮影用に絞りクリック音を無くす機構も装備。この描写で動画、少し前までは想像もできない世界です。マイクロフォーサーズでしか得ることのできないこのスペック、この描写。是非お愉しみいただければと思います!



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

Kasyapaトップへ戻る"





[Category: Carl Zeiss & Voigtlander|掲載日時:2012年04月29日 11:10:00 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!198票


Canon EF85mm F1.4L IS USM

566:ボケもシャープも思いのまま『Canon EF85mm F1.4L IS USM』[2020年01月21日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.4L IS USM CanonEF85mm F1.4L IS USM キヤノンの『EF85mm F1.4L IS USM』は、F1.4という明るさとそれによる豊かなボケ味を有しつつ、Lレンズならではの精細な描写性能を誇るレンズです。そのバランスの良さとふり幅の大きさは、そのまま撮影者の自...
続きを読む
Panasonic LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7

565:「開放F値1.7通し」がもたらす世界『Panasonic LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7』[2020年01月14日]

焦点距離:12mm(換算24mm) / 絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:200使用機材:Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 PanasonicLEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 『Panasonic LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7』は世界一の明るさを誇るズームレンズです。ズーム全域でF1.7というのは、当レン...
続きを読む
Panasonic LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S

564:手ブレ補正付き光学10倍ズームレンズ『Panasonic LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POW...[2020年01月13日]

焦点距離:40mm(換算80mm) / 絞り:F4.7 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200使用機材:Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S PanasonicLUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S パナソニックの『LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S』は、小型・軽量にもかかわら...
続きを読む
TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応)

563:近接撮影も得意なスナップレンズ『TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2』[2020年01月04日]

絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応) TAMRON35mm F2.8 DiIII OSD M1:2 スナップ用の単焦点レンズを選ぶとなったら、筆者は迷わず35mmレンズを手にします。画角的に広すぎたり窮屈すぎたりすることなく、見たままに撮影できると感じるからです...
続きを読む
TAMRON 24mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応)

562:引きも寄りも楽しめる万能レンズ『TAMRON 24mm F2.8 DiIII OSD M1:2』[2020年01月03日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:160 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 24mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応) TAMRON24mm F2.8 DiIII OSD M1:2 もし旅行に1本だけレンズを持って行くとしたら、どれを選びますか。標準ズームレンズは定番かもしれませんし、小さくて軽いパンケーキレンズも魅力的でしょう。今回筆...
続きを読む