Select Language

OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:320 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95


F値、レンズの光を集める性能の指標とされ、人間の目をF1.0として計算される値です。普通、大口径レンズと言われるのはF2やF1.4などのスペックですが、このレンズは何とF1を切るF0.95!人の目よりも明るいこのレンズ、フォクトレンダーブランドでは以前25mm/F0.95のNoktonが発売済みですが、より広角になった事で使いやすさも更にアップしたのではないでしょうか。
まずは少し絞っての描写。大口径レンズながら、少し絞るとしっかりシャープな印象です。ガラスや帽子の質感描写も良いもので、これなら普通の撮影にもしっかり活躍してくれそうです。




OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95 絞り:F0.95/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS Pen E-P3 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95

そして、開放・最短だとご覧のような柔らかい描写に!前後のボケも非常に美しく、ピントの合った綿毛を1本1本解像しながら、柔らかいベールを重ねたような独特の描写です。最短撮影距離も15cmとかなり短く、開放の明るさとあいまって様々な表現が可能です。



OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95 絞り:F0.95/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95





OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95 絞り:F1.0/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95


開放が強烈に明るい本レンズ、ライブビューでフォーカスをしている状態でも、その驚くべきピント面の薄さを実感できます。ボケも大きいのでピントを追う事は想像以上に楽ですが、遠距離の被写体でもしっかりとピント合わせを行わないとぼやけた印象に。 また、日中屋外で撮影を行う場合には曇り空、シャッタースピード1/4000、ISO200での撮影でも、開放0.95での撮影では露出オーバーになってしまう事があります。「えっ、こんな条件でも露出オーバーに!」と驚いてしまうこともしばしば。そのスペックの強烈さを改めて感じた次第です。 せっかくの超大口径を生かすなら、NDフィルターなどを準備して撮影に望む事をオススメします!




OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95





OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS Pen E-P3 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95

この程度まで絞り込むと滲みも消え、すっきりとシャープな描写に。開放でのソフトフォーカスの様な描写から、この現代的な描写への変化は被写体によって使い分けができる魅力的なものでしょう。



OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95 絞り:F0.95/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M5 + Voigtlander Nokton 17.5mm f0.95

このレンズを使っていると、「身近にもこんなに面白い被写体があったのか」と思わせられることがあります。開放のボケ、絞り込んだシャープさ、そしてその最短撮影距離の短さから選べる写真のバリエーションの多いこのレンズ。1本あると本当に楽しめるレンズです。




OM-Dに着けても、その存在感は抜群です。ローレットの刻みや付属するフードも実にしっかりした作りで、持つ喜びのあるレンズに仕上がっています。また動画撮影用に絞りクリック音を無くす機構も装備。この描写で動画、少し前までは想像もできない世界です。マイクロフォーサーズでしか得ることのできないこのスペック、この描写。是非お愉しみいただければと思います!



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

Kasyapaトップへ戻る"





[Category: Carl Zeiss & Voigtlander|掲載日時:2012年04月29日 11:10:00 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!195票


Canon RF24-70mm F2.8 L USM

555:高性能と使い勝手の良さを両立『Canon RF24-70mm F2.8 L IS USM』[2019年12月11日]

焦点距離:70mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:50 / 使用機材:Canon EOS R + RF24-70mm F2.8 L IS USM CanonRF24-70mm F2.8 L IS USM Canon初のミラーレス用大三元標準ズームレンズが、好評を博しています。F2.8通しのLレンズにも拘らず、最大5段分の手振れ補正機構が搭載されており、最短撮影距離が0.21mからというのも特筆すべ...
続きを読む
Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8

554:立体感のある描写が光る1本『Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8』[2019年12月06日]

焦点距離:32mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:125 / 使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S PRO 24-70mm F2.8 PanasonicLUMIX S PRO 24-70mm F2.8 『Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8』は、ズーム全域で高い描写性能を発揮する、大口径ズームレンズです。赤い「S」のエンブレムは、ライカカメラ社の品質基準を満たす証。明る...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro3

553:カメラとしてのこだわりと本質『FUJIFILM X-Pro3』[2019年12月05日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:クラシッククローム使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF23mm F2 R WR FUJIFILMX-Pro3 Xシリーズのフラッグシップ機として登場したX-Proシリーズ。デジタル表示を見ながらダイヤルやファンクションボタンを駆使してカメラとレンズを操作する時代に、あえてフィル...
続きを読む
SONY α6100

552:ソニーの想いが詰まったベーシック機『SONY α6100』[2019年11月30日]

焦点距離:50mm(35mm換算:75mm) / 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:2000 / 使用機材:SONY α6100 + E 50mm F1.8 OSS SONYα6100 α6000ユーザーにとって待望のタッチ操作やサイレントシャッター、そしてリアルタイム瞳AFやリアルタイムトラッキングAFなど大幅に強化されたAF性能。さらに4K動画撮影機能を搭載し、JPEGのエクストラフ...
続きを読む
Canon RF50mm F1.2L USM

551:主役を、主役たらしめるレンズ『Canon RF50mm F1.2L USM』[2019年11月30日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF50mm F1.2L USM CanonRF50mm F1.2L USM キヤノンの50mm F1.2といえば、12年前に発売されたEFレンズを思い浮かべる方も多いかと思います。『R』『RP』とフルサイズのミラーレスが登場した今、ミラーレス用レンズ『Canon RF50mm F1.2L USM』はEFレンズとは異なった新...
続きを読む