Select Language
Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 絞り:F4.8|シャッタースピード:1/20秒|ISO:800|露出補正:0|使用機材:Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
Nikon1 J1


Nikon 1 J1というカメラは面白い。モードダイヤルには一般的な露出モードであるP/A/S/Mはなく、モーションスナップショット・スマートフォトセレクター・静止画・動画と撮影機能にフォーカスを当てたシンプルな操作系となっている。
この割り当てはエントリーユーザーに向けた配慮となっているため物足りなく感じることもあるかもしれないが、実際に使い始めると露出モードを使いわける必要がないことに気付く。

露出モードP(プログラムオート)でズームレバーの上下で、シャッタースピードや絞りを決めるプログラムシフトが使えるため、基本的な露出モードはPで十分なのだ。高感度でも比較的綺麗に撮れるので、ISO感度オートにしておけば頻繁に設定を呼び出す必要もない。

Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 絞り:F6.3|シャッタースピード:1/640秒|ISO:100|露出補正:-1|使用機材:Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 絞り:F3.8|シャッタースピード:1/125秒|ISO:125|露出補正:-0.3|使用機材:Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 絞り:F5.6|シャッタースピード:1/200秒|ISO:100|露出補正:-0.3|使用機材:Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6

動画モードで静止画を撮影するとアスペクト比16:9で撮影が可能だ。

Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 絞り:F5.6|シャッタースピード:1/250秒|ISO:100|露出補正:0|使用機材:Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6

露出モードの設定から解放されると、あとは構図を決めて撮るだけという実にシンプルなカメラとなる。

Nikon 1の真骨頂はここから。まずは、AFがとにかく速い。一般的なミラーレス一眼のコントラスト検出型とは違い、センサー面上に配置された位相差検出AFが瞬時に被写体を捕らえる(※明るさが十分でない場合はコントラストAFに自動的に切り替わるハイブリッドタイプとなっている)。センサー面上でピントを合わせるため、ピントの位置が正確なのは言うまでもないだろう。

この位相差AFのメリットは一瞬のピント合わせだけではなく、動く被写体にコンティニュアスでピントを合わせ続けることも可能となっている。この小さなボディーでプロ機並みのAF連動の秒間10コマの連写ができる点を評価したい。

Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 絞り:F3.5|シャッタースピード:1/250秒|ISO:100|露出補正:0|使用機材:Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 絞り:F7.1|シャッタースピード:1/800秒|ISO:100|露出補正:0|使用機材:Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6

J1の10メガピクセルの画像と連写を支えるのが大容量バッファメモリだ。J1の場合、JPEGなら約41枚、RAW及びRAW+JPEGの同時記録でも約17枚のバッファメモリが搭載されている。RAW撮影時のバッファ17枚といえば、デジタル一眼レフカメラの上級機に匹敵する余裕のある作りとなっている。
さらに、メディアは高速タイプのUHS-IタイプのSDHCカードに対応しているため、ファイルサイズが大きいRAW撮影がレスポンスよく行える。

そのほか、メニュー操作を含め操作でまごつくことなく、コントロールダイヤルを素早く回してもメニューの反応がよい。冒頭で設定変更をする必要がないと書いたが、設定変更する際もJ1は快適に操作ができることをアピールしておきたい。

スピードと快適さに重きを置いたJ1はスペックの満足度が高く、数年先を見越して作られたカメラなのだろうと実感できる。
コンパクトデジカメからのステップアップや、デジタル一眼レフカメラのサブとしておすすめの一台だ。一度触ってみればその快適さに気付くはず。



Photo by MAP CAMERA Staff
使用機材:Nikon 1 J1+1 NIKKOR VR 10-30mm F3.5-5.6



Kasyapaトップへ戻る"

[Category: Nikon|掲載日時:2012年04月27日 05:40:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!167票


Canon EF85mm F1.4L IS USM

566:ボケもシャープも思いのまま『Canon EF85mm F1.4L IS USM』[2020年01月21日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.4L IS USM CanonEF85mm F1.4L IS USM キヤノンの『EF85mm F1.4L IS USM』は、F1.4という明るさとそれによる豊かなボケ味を有しつつ、Lレンズならではの精細な描写性能を誇るレンズです。そのバランスの良さとふり幅の大きさは、そのまま撮影者の自...
続きを読む
Panasonic LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7

565:「開放F値1.7通し」がもたらす世界『Panasonic LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7』[2020年01月14日]

焦点距離:12mm(換算24mm) / 絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:200使用機材:Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 PanasonicLEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 『Panasonic LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7』は世界一の明るさを誇るズームレンズです。ズーム全域でF1.7というのは、当レン...
続きを読む
Panasonic LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S

564:手ブレ補正付き光学10倍ズームレンズ『Panasonic LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POW...[2020年01月13日]

焦点距離:40mm(換算80mm) / 絞り:F4.7 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200使用機材:Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S PanasonicLUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S パナソニックの『LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S』は、小型・軽量にもかかわら...
続きを読む
TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応)

563:近接撮影も得意なスナップレンズ『TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2』[2020年01月04日]

絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応) TAMRON35mm F2.8 DiIII OSD M1:2 スナップ用の単焦点レンズを選ぶとなったら、筆者は迷わず35mmレンズを手にします。画角的に広すぎたり窮屈すぎたりすることなく、見たままに撮影できると感じるからです...
続きを読む
TAMRON 24mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応)

562:引きも寄りも楽しめる万能レンズ『TAMRON 24mm F2.8 DiIII OSD M1:2』[2020年01月03日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:160 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 24mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応) TAMRON24mm F2.8 DiIII OSD M1:2 もし旅行に1本だけレンズを持って行くとしたら、どれを選びますか。標準ズームレンズは定番かもしれませんし、小さくて軽いパンケーキレンズも魅力的でしょう。今回筆...
続きを読む