Select Language
Canon EF40mm F2.8 STM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100


Canon EF40mm F2.8 STM


「EF40mmF2.8 STM」はEFレンズ初のパンケーキレンズ。厚み22.8mm、重さ約130gはもちろんEFレンズの中で最薄・最軽量です。実際に手に取ってみても驚くのはその小ささです。ボディに装着してもレンズ自体の重さを感じることはなく、例えるならボディキャップと同じ感覚。機材を重くしたくない街撮りスナップなどに最適な1本と言えるでしょう。
ステッピングモーターを採用したオートフォーカスは駆動音も小さく、僅かに伝わる「ツー」という振動は今までの一眼レフのレンズとは明らかに違う物だと感じさせられます。


Canon EF40mm F2.8 STM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100

このレンズは性能評価に使われているMTF曲線のスコアーが高いことも注目されています。実際に撮影しても、コントラストが高くヌケの良い描写を見せてくれました。


Canon EF40mm F2.8 STM 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100

Canon EF40mm F2.8 STM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100

フィルター径は52mmと大きいものの、実際のレンズ部分はかなりコンパクト。周辺光量の低下が気になりますが、F4〜F5.6位まで絞ればとても自然な描写になります。
さすが最新レンズと思わせるクリアな画像は明暗をしっかり捉え、質感をしっかり伝えてくれます。


Canon EF40mm F2.8 STM 絞り:F8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100

Canon EF40mm F2.8 STM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100

駆動音も大きさもとても小さなレンズは、価格もコンパクトに収まってくれました。コストパフォーマンスにも優れた軽くて使い勝手の良い単焦点は、パンケーキの名にふさわしい美味しいレンズ。常に携帯しておきたいレンズです。

Canon EF40mm F2.8 STM


Photo by MAP CAMERA Staff
使用機材:Canon EOS 5D Mark II +Canon EF40mm F2.8 STM


Kasyapaトップへ戻る"

[Category: Canon|掲載日時:2012年06月29日 05:15:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!192票


Canon EOS 90D

536:APS-C一眼レフの完成形『Canon EOS 90D』[2019年09月21日]

焦点距離:50mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:1600 / 使用機材:Canon EOS 90D + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM CanonEOS 90D ミラーレスカメラが普及し始めた現在、Canonから新しい一眼レフカメラが登場しました。それがAPS-C一眼レフEOS 80Dの後継機として登場したAPS-C一眼レフEOS 90Dです。 EOS 80Dが発売されたのは2016年3月。3年の時を経て誕生したEOS 90Dは格段に進化したカメラとなっています。有効画素数は2420万画素から3250...
続きを読む
Canon RF85mm F1.2L USM

527:絶対的な性能を持つ中望遠『Canon RF85mm F1.2L USM』[2019年06月28日]

絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF85mm F1.2L USM CanonRF85mm F1.2L USM キヤノンがフルサイズミラーレス機に参入し、新マウントの特徴として選んだのがRF用Lレンズという強力な武器。銘玉24-105mmを継承したズームレンズと弩級のF2通し28-70mmズーム、そして50mm F1.2という誰しもが憧れるラインアップを初期から登場させ、フルサイズミラーレスに対するキヤノンの本気を世界に知らしめました。今回はそこに...
続きを読む
Canon EOS RP

515:必要なものだけをよりコンパクトに『Canon EOS RP』[2019年03月15日]

焦点距離:35mm / 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS RP + RF35mm F1.8 MACRO IS STM CanonEOS RP キヤノンから第二のフルサイズミラーレス一眼カメラ『EOS RP』の登場です。 ソニーやニコン、そしてまもなく発売されるパナソニックもフルサイズミラーレス機のスタートは、ほぼ同じデザインの筐体に画素数の異なる2モデルを同時発表というスタイルでした。一方キヤノンはまず、オンリーワンとなる「EOS R」販売後...
続きを読む
Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM

500:バランスの取れた万能レンズ『Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM』[2018年11月21日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 記念すべき500回目となる今回のKasyapaでは、キヤノンのフルサイズミラーレス『EOS R』に装着できる単焦点レンズ『RF35mm F1.8 マクロ IS STM』をご紹介いたします。 EOS Rと時を同じくして発売されたRF50mm F1.2L USM、RF24-105mm F4L IS USMと比べてコンパクトなこちらのレンズ。リーズナ...
続きを読む
Canon EOS R

495:新たな歴史を作るEOS『Canon EOS R』[2018年10月19日]

焦点距離:37mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM Canon EOS R+ RF24-105mm F4L IS USM デジタル技術の目覚ましい進歩により、新たなカメラのカテゴリーとして誕生した『フルサイズミラーレス』。いち早くこのジャンルを開拓し、続々と新モデルを登場させるソニーや、国産カメラ創成期から一眼レフを作ってきたニコン...
続きを読む