Select Language



SONY NEX-5R + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS 絞り:F5.0 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY NEX-5R + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS



NEXシリーズの中でもひときわコンパクト、その初代『NEX-5』登場の際には「この小ささでAPS-C搭載モデルなのか!」とそれは驚いたものでしたが、その『NEX-5』シリーズも本『NEX-5R』で3世代目。細かなブラッシュアップを重ねつつ基本方針にブレの無い本機ですからその完成度に疑いはありませんが、改めて試用させて頂きました。
使ってみるとAFや操作系が実に機敏になっている事に驚きます。特にAFとシャッターのタイムラグが少ない事はスナップではありがたい限り。気分の赴くままに軽快にシャッターを切っていく事が出来ます。




SONY NEX-5R + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY NEX-5R + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS






SONY NEX-5R + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS 絞り:F5.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250 / 使用機材:SONY NEX-5R + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS



今回気になっていたのは『NEX-7』譲りのコマンドダイヤルの搭載。タッチパネルも搭載している『NEX-5R』ですが、ダイヤル操作があればとっさの操作もしやすいもの。撮影中も絞りの操作やシャッター速度を変更するのにさっと指で変更でき、本当に使い勝手の良い物でした。ボタンの位置もグリップした手でそのまま操作できるので、これは実に嬉しいポイントです!




SONY NEX-5R + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY NEX-5R + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

画作りもいかがでしょうか。雲の重厚な感じも、夕暮れの複雑な光も美しく捉えています。新しい電動標準ズームである『SELP1650』も優秀な描写で答えてくれます。




SONY NEX-5R + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS 絞り:F5.0 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY NEX-5R + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS






SONY NEX-5R + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:500 / 使用機材:SONY NEX-5R + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

サテン地のリボンの深みのある色合いも、少し反射した光沢感も、綺麗なものです。背面液晶の可動範囲も広がり"自分撮り"も出来る仕様ですが、それに限らずマクロ域等で撮りやすいアングルから撮影するのにも、存分に活用したい所です。




SONY NEX-5R + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS 絞り:F22 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250 / 使用機材:SONY NEX-5R + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

16mmという広角域は実にダイナミックな表現が可能です。沈胴式の『SELP1650』はこれまでの標準であった『SEL1855』と比べて全長が半分ほど。広角端の数ミリは違いが出るものですし、このコンパクトなサイズと相まって『NEX-5R』には最適なコンビと言えるのではないでしょうか。




SONY NEX-5R + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY NEX-5R + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS







新設されたジョグダイアルの操作は実に快適、操作しやすくデザイン的にも美しくまとまった『NEX-5R』のおすすめポイントです。グリップも少し形が変わり、指がかりが良くなっているのも撮影していて違いを感じる所です。しかしさすが3世代目、使いやすく、高画質というポイントに更に磨きがかかった印象です。Eマウントレンズもラインナップが充実してきていますから、普段使いにも最適な1台として『NEX-5R』。おすすめです。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら


Kasyapaトップへ戻る"



カテゴリー: SONY   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:142票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Canon EOS 90D 536:APS-C一眼レフの完成形『Canon EOS 90D』 2019年09月21日
焦点距離:50mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:1600 / 使用機材:Canon EOS 90D + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM CanonEOS 90D ミラーレスカメラ普及し始めた現在、Canonから新しい一眼レフカメラが登場しました。それがAPS-C一眼レフEOS 80Dの後継機として登場したAPS-C一眼レフEOS 90Dです。 EOS 80Dが発売されたのは2016年3月。3年の時を経て誕生したEOS 90Dは格段に進化したカメラとなっています。有効画素数は2420万画素から3250万...
続きを読む
SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN 535:超広角ズームの理想形『SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN』 2019年09月16日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:6400 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN SIGMAArt 14-24mm F2.8 DG DN 待望のフルサイズミラーレス専用レンズがシグマから発売となりました。フルサイズミラーレス機の魅力を最大限に活かすためには高性能なレンズシステムのラインナップが増えることはとても嬉しいことです。今回のKasyapaでは『SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN』をご紹介いたします。 ミラー...
続きを読む
SONY α7R IV 534:これが6100万画素の画質力『SONY α7R IV』 2019年09月08日
焦点距離:20mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:0.4秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R IV + FE 16-35mm F2.8 GM SONYα7R IV 人気のフルサイズミラーレスカメラを牽引するソニーからまた凄い製品が登場しました。高精細シリーズ「R」の4代目『α7R IV』は、従来機の有効4240万画素から6100万画素へと一気に高画素化されました。 中判サイズの5000万画素カメラが登場した際に、35mmサイズセンサーの限界が見えた気がした筆者にとっては、まさに晴天の霹靂...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 85mm F1.8 S 533:Zシリーズ待望の中望遠『Nikon NIKKOR Z 85mm F1.8 S』 2019年09月06日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:320 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 85mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 85mm F1.8 S ニコンからZシリーズの新レンズ『NIKKOR Z 85mm F1.8 S』が発売されました。ニコン独自の設計指針と品質管理をさらに厳格化したNIKKOR Zレンズの中でも、さらに高いレンズ基準を満たす「S-Line」のレンズです。 これまでに発売されている「35mm F1.8」と「50mm F1.8」はいずれも優秀な写りを披露してくれました。同じF1.8の...
続きを読む
SONY FE 35mm F1.8 532:理想のスタンダードレンズ『SONY FE 35mm F1.8』 2019年09月01日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 III + FE 35mm F1.8 SONYFE 35mm F1.8 数多いFEレンズのラインアップの中でもコストパフォーマンスに優れたスタンダードシリーズはFE 50mm F1.8、FE 85mm F1.8とありましたが、広角側の35mmが遂に追加され、スナップからポートレートまで幅広い撮影に対応できるようになりました。今回のKasyapaは多くの方が待ち望んでいた1本、『SONY FE 35mm F1.8』のご紹介です。 ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |