Select Language



Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH. 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:200 / 使用機材:Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH.



PanasonicよりLUMIX Gシリーズのハイエンドライン、『LUMIX GX7』が発売となりました。先代の『LUMIX GX1』とは大きく変わった外観デザインですが、マグネシウム製のボディは剛性感があり、ティルト液晶やビューファインダーの稼働もしっかりとした作りで魅力的な仕上がりになっています。 一足早いβ機での撮影ですので、製品版ではよりブラッシュアップされた仕上がりになるかと思いますが、まずはその描写をご覧頂ければと思います。

1枚目から非常に条件の悪いカットで恐縮ですが、このボディの素性の良さを感じたカットです。完全に逆光で、ハイキーに飛ばしていますが全体の雰囲気の自然な事に驚きます。ノイズや色滲みなどが出る事の多い撮り方ですが、『LUMIX GX7』は実に自然で清々しい雰囲気を捉えてくれました。ゴーストも無く、レンズの優秀さも大いに感じさせます。




Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH. 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800 / 使用機材:Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH.

近接域での撮影、明暗差が激しく見た目以上に暗いシチュエーションでしたが、暗所でもAFは素早く決まります。とっさのカットでも助かるポイントですね。また、手振れ補正の効きの良さも『LUMIX GX7』のオールマイティーな使いやすさに貢献しています。




Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH. 絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200 / 使用機材:Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH.

明るい場所ではEVFが…と思いましたが、想像以上に背面液晶が見やすく、鮮やかに表示してくれるのには驚きました!タッチ液晶は一昔前ではどうも精細さに欠け、見難いものが多かったですが、この背面液晶はコントラストも高く鮮やかな表示で、炎天下でも実に頼りになりました。




Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH. 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:800 / 使用機材:Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH.



バリアングルEVFの活躍は、むしろこうしたシチュエーションにあるかもしれません。マクロでも使いやすい角度で表示が出来、大きく左にオフセットした配置とあいまって自然に構えて被写体を見る事が出来ます。マニュアルフォーカスで微妙なピントを合わせるのであればピントピーキングも使用出来、使い方に合わせた可能性を持っているカメラです。

しかしピント面の描写といい、色味といい深みのある非常に良い画質です。ホワイトバランスオートでも安定した色味を再現してくれ、撮影時の安定感は頼もしいものです。




Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH. 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:3200 / 使用機材:Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH.

そして、『Lumix GX7』の魅力を語る上で忘れていけないのが高感度描写の素晴らしさでしょう!!ISO3200でも驚くほど劣化が少なく、このカットでも言われなければ、そんな高感度での撮影とは思われないのではないでしょうか。ディティールの欠損も少なく、今回はβ機ですので拡大画像の掲載はしておりませんが、拡大して元画像を見てもしっかりとした描写をしているのには驚くばかりです。




Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH. 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200 / 使用機材:Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH.






Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH. 絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200 / 使用機材:Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH.






Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH. 絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200 / 使用機材:Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH.

被写体のつややかさをしっかりと捉えています。白くボケていく様なども実に奇麗ですね。




Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH. 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:200 / 使用機材:Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH.

撮影していても、全体的に"透明感を感じさせる"描写が印象的でした。炎天下での撮影でしたが、そんな事を感じさせない爽やかな描写です。




Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH. 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:200 / 使用機材:Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH.






Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH. 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:3200 / 使用機材:Panasonic LUMIX GX7 + G 20mm F1.7 II ASPH.

ちょっと遊びたい時には、もちろんアートフィルターも健在です!いつもの風景を、ちょっと遊んで楽しめる。思う通りに撮れると嬉しいものです!






大きくなったグリップが印象的ですが、個人的にはこの位が小さすぎず大きすぎず、使いやすい良いサイズです。ダイヤル操作系も分かりやすく、動作も素早いのでストレスの無い撮影が楽しめるのではないでしょうか。ソリッドな外観は他のLUMIX機とは一味違った雰囲気を醸し出しています。

マウントアダプターを使用しての撮影でもボディ内手振れ補正も効き、バリアングルEVFにピントピーキングも用意され、さらに高感度耐性も高いという豪華さですから、アダプター遊びのボディとしても非常に優秀な仕上がりです。

新生GX、この完成度の高さはぜひ手にして、実感していただきたいと思います。



Photo by MAP CAMERA Staff


第2回のレポートはこちら>>


お買い物はこちら

Kasyapaトップへ戻る"





カテゴリー: Panasonic   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:158票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon Z 50mm F1.8 S 505:次世代のスタンダードレンズ『Nikon Z 50mm F1.8 S』 2018年12月08日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:64 / 使用機材: Nikon Z7 +NIKKOR Z 50mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 50mm F1.8 S ニコンZシリーズの発表時にラインナップされた3本の中の1本『NIKKOR Z 50mm F1.8 S』。突然の発売延期にやきもきされた方も多いのではないでしょうか? お待たせいたしました。待望の新世代大口径標準レンズの登場です。 ニコン独自の設計指針と品質管理をさらに厳格化したNIKKOR Zレンズの中でも、さらに高い基準を満たすレン...
続きを読む
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 504:切り取り過ぎない程よい画角が魅力『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』 2018年12月07日
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 今回のKasyapaでは、フォクトレンダーから新しく登場した中望遠マクロ『MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』をご紹介いたします。 人気を博している『MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』に続く2本目のレンズということもあり、発売が延期されるほど注目され...
続きを読む
SIGMA C 56mm F1.4 DC DN 503:ハイパフォーマンスのContemporary『SIGMA C 56mm F1.4 DC DN』 2018年12月07日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6500 +SIGMA Contemporary 56mm F1.4 DC DN SIGMAContemporary 56mm F1.4 DC DN シグマより発売されたミラーレス用中望遠レンズ『Contemporary 56mm F1.4 DC DN』を紹介いたします。 Artレンズに匹敵する高画質を実現したという本レンズ。今回は「ソニー Eマウント」用レンズと「SONY α6500」の組み合わせで色づき始めた紅葉を見に出かけてきました。最近は画質優先の大きなレンズが...
続きを読む
FUJIFILM GFX 50R 502:気軽に使える最高画質『FUJIFILM GFX 50R』 2018年11月28日
絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM GFX 50R + フジノン GF45mm F2.8 R WR FUJIFILM GFX 50R 次々と注目度の高いミラーレス機が発表される中、改めて自身が所有しているカメラシステムを見直されている方も多いのではないでしょうか。巷の話題がフルサイズミラーレスを中心に騒がれている中、フジフイルムは35mmフルサイズより大きなセンサーを搭載したGFXシリーズの新製...
続きを読む
SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 501:新たな表現を生み出す『SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM』 2018年11月22日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 焦点距離40mmと聞くと皆さんはどのようなレンズを想像するでしょうか?35mmと50mmの間を埋める少しマイナーな焦点距離のレンズは、昔から薄型・軽量のパンケーキレンズなどが占めていました。私もその焦点距離を聞くと、現行のEF40mm、ペンタックス40mm、5mm増えるとテッサー45mmやニッコール45mm、ちょっとマ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |