Select Language



NEX-5T + SEL1670Z 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:NEX-5T + SEL1670Z



魅力的な新製品の続くSONYですが、NEXユーザーにも待望の新製品が発売となりました。NEX初のツァイス製ズームレンズとなる『SEL1670Z』、そしてNEX-5Rにスマートフォン連動機能をプラスした『NEX-5T』、その描写をレポートします!

初秋ながらまだまだ強い日差しを浴びながら咲く花。何気なく撮った1枚でしたが、その透明感のある描写は素晴らしいものです。花びらや葉の質感はもとより、その細やかな描き出しはさすがツァイス。発色の鮮やかさも特筆ものでしょう。




NEX-5T + SEL1670Z 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:NEX-5T + SEL1670Z

ガラス器の滑らかさ、その光の反射の美しさにご注目ください。手触りを感じさせる様な柔らかなグラデーション、ピント面からデフォーカスしていくボケも、自然で嫌みの無いものです。リボンの光沢感も美しいですね、周辺までキッチリ整えられているレンズの様です。




NEX-5T + SEL1670Z 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:NEX-5T + SEL1670Z



当初、ZEISSの標準ズームレンズが出ると聞いて大きく、重いレンズになる事を想像していましたが、実際に『SEL1670Z』を見てみると実に小ぶり!もちろんZEISSレンズならではの造りの良さを感じさせるしっかりとした鏡筒ですが、重量も308gと実に軽量です。手振れ補正にF4通しというそのスペックを考えれば、小型軽量に収まっていると言っていいのではないでしょうか。今回使用した『NEX-5T』には少々大きく感じますが、『NEX-7』等にはまさにぴったりの標準ズームになっています。




NEX-5T + SEL1670Z 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:NEX-5T + SEL1670Z

近接撮影でも、しっかりとした描写です。フォーカスも早く、迷いも少ないのでストレスを感じる事無く撮影に集中出来ます。




NEX-5T + SEL1670Z 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:NEX-5T + SEL1670Z

35mm判換算で24-105mm/f4と使い勝手の良い画角です。ダイナミックなパースをつけての撮影もお手の物でしょう!




NEX-5T + SEL1670Z 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:160 / 使用機材:NEX-5T + SEL1670Z

望遠域、開放では背景をぼかした被写体を浮かび上がらせる様な撮影が可能です。シチュエーションに合わせた使い方のバリエーションと、全域での描写の安定感がこのレンズの最大の美徳です。




NEX-5T + SEL1670Z 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:NEX-5T + SEL1670Z






NEX-5T + SEL1670Z 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:NEX-5T + SEL1670Z

全体を通して、描写の瑞々しさは印象的でした。植物でも無機物でも、滑らかなトーンと発色の良さで実に気持ちのよい描写を見せてくれます。




NEX-5T + SEL1670Z 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:NEX-5T + SEL1670Z








この描写、そしてこのサイズです。初のZeiss標準ズームですが、その描写は期待に反しない素晴らしいものでした。サイズや、使い勝手。そしてフォーカススピードも素早く、総じてとても完成度の高い仕上がりとなっています。NEXユーザーの常用標準レンズとして、この完成度は心強いものと思います!



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

お買い物はこちら

Kasyapaトップへ戻る"





カテゴリー: SONY   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:150票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Panasonic S1R 518:渾身のプロフェッショナルモデル『Panasonic S1R』 2019年03月23日
絞り:F9 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. Panasonic  LUMIX DC-S1R 最初にして最高傑作。ライカ初のM型カメラ『M3』を語るときによく使われる言葉ですが、この撮影で思い浮かんだ言葉がまさにそれでした。今回のKasyapaはパナソニック初のフルサイズミラーレス機『LUMIX DC-S1R』のご紹介です。ミラーレス機の黎明期から業界を牽引してきたパナソニックのLUMIXシリーズ...
続きを読む
FUJIFILM X-T30 517:小さな巨人『FUJIFILM X-T30』 2019年03月20日
焦点距離:35mm(35mm換算:53mm)/ 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF35mm F1.4 R FUJIFILMX-T30 今回のKasyapaは富士フイルムから発売された「X-T30」を紹介いたします。 昨年9月に発売されたX-Tシリーズのフラッグシップ機である「X-T3」と同じ、新開発の第4世代の新イメージセンサーと画像処理エンジンを小型軽量ボディに搭載。携帯性に優れ高画質が楽しめるという、なんとも欲張りなモデル。 筆...
続きを読む
RICOH GR III 516:GRの魔力『RICOH GR III』 2019年03月15日
絞り:F14 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:200 使用機材:RICOH GR III RICOH  GR III デジタル技術の進歩により、カメラの形や存在も大きく変わった現代。その中で変わらないコンセプト、変わらないアイデンティティを貫き通すカメラが存在します。今回のKasyapaは、カメラ好きなら誰しもがその名を知るGRの新モデル『RICOH GR III』のご紹介です。 フィルムカメラ時代より数々のプロカメラマンも愛用してきたGRシリーズ。その存在を...
続きを読む
Canon EOS RP 515:必要なものだけをよりコンパクトに『Canon EOS RP』 2019年03月15日
焦点距離:35mm / 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS RP + RF35mm F1.8 MACRO IS STM CanonEOS RP キヤノンから第二のフルサイズミラーレス一眼カメラ『EOS RP』の登場です。 ソニーやニコン、そしてまもなく発売されるパナソニックもフルサイズミラーレス機のスタートは、ほぼ同じデザインの筐体に画素数の異なる2モデルを同時発表というスタイルでした。一方キヤノンはまず、オンリーワンとなる「EOS R」販売後...
続きを読む
PENTAX HD DA*11-18mm F2.8 ED DC AW 514:DA広角レンズの完成形『PENTAX HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW』 2019年03月02日
焦点距離:14mm(35mm換算:21mm)/ 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/6000秒 / ISO:400 / 使用機材:PENTAX KP + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW PENTAXHD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW 今回のkasyapaでご紹介するのは、PENTAXブランドをその身に宿し、2019年、満を持して新たに展開されたDAスターレンズ。その名も、『PENTAX HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW』です。 11-18mmという焦点距離は、35mmフルサイズ換算で17-27.5mm相当の画角となります。最...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |