Select Language
Nikon 1 AW1 絞り:F5.6|シャッタースピード:1/250秒|ISO:250|露出補正:0|使用機材:Nikon 1 AW1 + 1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6

Nikon 1 AW1

ニコン「Nikon 1 AW1」は、同シリーズの「Nikon 1 J3」をベースに、水深15mの防水性能と2mの落下に耐える耐衝撃性能を持たせたタフなデジカメだ。電池蓋部分やHDMI・USB端子部分には2段階式のロック構造と防水パッキンで構成され、気密性を確保している。

レンズマウント部分は少し張り出す独特の形状となった。防水に対応したAW1専用のレンズの背面がレンズマウントを覆うように装着され、レンズの背面と重なった部分と本体のOリングによって気密性を上げている。レンズマウントだけではなくレンズ全体で本体を支えることで、耐衝撃性能を向上しているのだろう。さらに、このレンズはズーム全域で全長が変わらない方式となったこともレンズの耐衝撃性を向上させる役割を果たしているのだろう。


Nikon 1 AW1 絞り:F5.6|シャッタースピード:1/500秒|ISO:200|露出補正:+0.3|使用機材:Nikon 1 AW1 + 1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6



Nikon 1 AW1 絞りF4.2|シャッタースピード1/250秒|ISO220|露出補正-0.3|使用機材:Nikon 1 AW1 + 1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6



Nikon 1 AW1 絞り:F3.5|シャッタースピード:1/250秒|ISO:200|露出補正:+1.3|使用機材:Nikon 1 AW1 + 1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6


防水や耐衝撃性能はダイバーやスキーなどの特殊用途向けではなく、普段使うにあたってメリットとなることが大きい。落下や水濡れは生活のなかで十分起こりうる事故だ。旅行先で落としてカメラが使えなるより、多少のキズはついても撮影し続けることができることが大きい。
コンパクトさが強みであるNikon 1シリーズなのでこれだけの複雑な構造をしているにもかかわらず、高性能コンパクトデジタルカメラ程度のサイズに収まっている。そしてメタリックシルバーの金属感はこれまでのNikon 1シリーズになかった質感で、カメラとしての魅力も十分兼ね備えている。


Nikon 1 AW1 絞り:F6.3|シャッタースピード:1/2500秒|ISO:1600|露出補正:0|使用機材:Nikon 1 AW1 + 1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6



Nikon 1 AW1 絞り:F7.1|シャッタースピード:1/3200秒|ISO:1600|露出補正:-0.3|使用機材:Nikon 1 AW1 + 1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6



Nikon 1 AW1 絞り:F8|シャッタースピード:1/4000秒|ISO:160|露出補正:-1|使用機材:Nikon 1 AW1 + 1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6


水中や厚手の雪山でのグローブをして撮影することを想定して、様々な工夫が凝らされている。防水性能を確保するためなのか、これまであったくるくる回転させて項目を選べる「ロータリーマルチセレクター」が廃止された。代わりに「アクションボタン」が追加された。このアクションとボタンを押しながら本機を傾けるとその方向へカーソルが移動する仕組みだ。撮影モードの切り替えや再生時の画像選択などに使用可能だ。
さらに、撮影時に使わないボタンをロック登録することで、不意に押されても反応しないよう設定できる。設定が変わってしまうようなことがなくなるため、ミスが許されない撮影や小さい子どもが本機を操作する際など応用がきく。防水や耐衝撃性能を含め、使う人のアイディア次第でより便利に使えるのだ。


Nikon 1 AW1 絞り:F3.5|シャッタースピード:1/500秒|ISO:160|露出補正:0|使用機材:Nikon 1 AW1 + 1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6



Nikon 1 AW1 絞り:F5.6|シャッタースピード:1/60秒|ISO:1800|露出補正:0|使用機材:Nikon 1 AW1 + 1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6



Nikon 1 AW1 絞り:F8|シャッタースピード:1/4000秒|ISO:160|露出補正:0|使用機材:Nikon 1 AW1 + 1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6


Nikon 1シリーズ初となるGPS機能や電子水準器が搭載された。GPSと電子コンパスによって現在と向きの確認ができるほか、高度も撮影情報に記録可能だ。また、トレッキングで便利なGPSロガー機能も搭載されている。電子水準器は撮影中の画面に表示可能で、これまでの格子表示との併用で水平がしっかりと取れた写真撮影が可能なのが嬉しい。


Nikon 1 AW1


Nikonn 1 AW1は、高速AFとAF連動秒間15コマの連写など他にはないサクサク動作のデジカメに、防水・耐衝撃性能をあわせた本格的なレンズ交換式カメラだ。オールウェザーのネーミングからアウトドア向けのカメラのような印象を受けるが、日常生活に密着した長く使っていけるデジタルカメラであると感じた。

Photo by MAP CAMERA Staff


Kasyapaトップへ戻る"

[Category: Nikon|掲載日時:2013年10月10日 12:02:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!121票


Canon RF24-70mm F2.8 L USM

555:高性能と使い勝手の良さを両立『Canon RF24-70mm F2.8 L IS USM』[2019年12月11日]

焦点距離:70mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:50 / 使用機材:Canon EOS R + RF24-70mm F2.8 L IS USM CanonRF24-70mm F2.8 L IS USM Canon初のミラーレス用大三元標準ズームレンズが、好評を博しています。F2.8通しのLレンズにも拘らず、最大5段分の手振れ補正機構が搭載されており、最短撮影距離が0.21mからというのも特筆すべ...
続きを読む
Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8

554:立体感のある描写が光る1本『Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8』[2019年12月06日]

焦点距離:32mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:125 / 使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S PRO 24-70mm F2.8 PanasonicLUMIX S PRO 24-70mm F2.8 『Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8』は、ズーム全域で高い描写性能を発揮する、大口径ズームレンズです。赤い「S」のエンブレムは、ライカカメラ社の品質基準を満たす証。明る...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro3

553:カメラとしてのこだわりと本質『FUJIFILM X-Pro3』[2019年12月05日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:クラシッククローム使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF23mm F2 R WR FUJIFILMX-Pro3 Xシリーズのフラッグシップ機として登場したX-Proシリーズ。デジタル表示を見ながらダイヤルやファンクションボタンを駆使してカメラとレンズを操作する時代に、あえてフィル...
続きを読む
SONY α6100

552:ソニーの想いが詰まったベーシック機『SONY α6100』[2019年11月30日]

焦点距離:50mm(35mm換算:75mm) / 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:2000 / 使用機材:SONY α6100 + E 50mm F1.8 OSS SONYα6100 α6000ユーザーにとって待望のタッチ操作やサイレントシャッター、そしてリアルタイム瞳AFやリアルタイムトラッキングAFなど大幅に強化されたAF性能。さらに4K動画撮影機能を搭載し、JPEGのエクストラフ...
続きを読む
Canon RF50mm F1.2L USM

551:主役を、主役たらしめるレンズ『Canon RF50mm F1.2L USM』[2019年11月30日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF50mm F1.2L USM CanonRF50mm F1.2L USM キヤノンの50mm F1.2といえば、12年前に発売されたEFレンズを思い浮かべる方も多いかと思います。『R』『RP』とフルサイズのミラーレスが登場した今、ミラーレス用レンズ『Canon RF50mm F1.2L USM』はEFレンズとは異なった新...
続きを読む