Select Language
Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:500 / 使用機材:Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.


Panasonicから驚くほど小型なミラーレス機が発売された。『Panasonic LUMIX GM1』はシリーズ最高の高画質と謳われる『LUMIX GX7』からその描写力と基本機能を継承し、更に超小型化に成功した製品。単なるモディファイ・モデルと思いきや、実際に手にするとそのあまりのコンパクトさに衝撃を受けるだろう。男性であれば掛け値無しの手のひらサイズ、よくここまでコンパクトに収まったものだと驚くが、それでいて一切玩具らしさが無い。総マグネシウム金属外装の剛性感と、アルミ削り出しの操作ダイヤルは高級感があり、ぎゅっと詰まった凝縮感が撮影意欲を盛り上げてくれる。驚きの一眼の登場だ。

テーブルフォトでもこのサイズであれば、周りを気にせず撮影する事が出来る。TPOを選ばず、場の雰囲気に馴染んで撮影出来るのはこのカメラの1つの魅力であるだろう。




Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.






Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200 / 使用機材:Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.


その描写に関しては、もはや心配ないだろう。『Panasonic LUMIX GX7』は高感度から低感度まで、実に安定した描写力を誇っているボディだ。その基本性能を継承している『LUMIX GM1』も画づくりから撮影に至るレスポンスまで、一眼としての基本性能は驚くほど高い。像の先鋭さと色再現の瑞々しさは殊に良いものである。
また、同梱で発売の『LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.』も同梱発売だけあってそのマッチングはとても良い。AFはインナーフォーカス搭載で全長が変わらず、ズーミングのトルクもスムーズで心地よい。もちろん、手振れ補正も内蔵だ。ローレットの刻みや仕上げも高級感が有り、質感から描写に至るまで、その完成度にとても考慮されたレンズだという事が分かる。フォーカスリングは搭載していないが、ボディをMFモードにすればピント調節も可能だ。




Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:1000 / 使用機材:Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.

手にしているとコンパクトデジタル機を持っている様に錯覚するが、画面でその描写を見た時に改めて驚く。艶やかな質感描写、色合いまで、まさに『小さくて・良く写る』マイクロフォーサーズの原点に立ち返る様な1台だ。




Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:320 / 使用機材:Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.






Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:200 / 使用機材:Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.

こういった画を見ると、このボディが一眼だという事がよくわかる。暗部に至るディティールに余裕すら感じさせるこの安定感が、『LUMIX GM1』の大きな魅力だ。




Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:800 / 使用機材:Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.






Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:2000 / 使用機材:Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.

高感度耐性も上等、ISO2000でもこのノイズ感の無さなのだから驚く。




Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:250 / 使用機材:Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.






Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1250 / 使用機材:Panasonic LUMIX GM1 + LUMIX G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.

色合いが美しく、存在感がしっかりと伝わってくる。高感度だと言う事は、EXIFを見て初めて気がつくのではないだろうか。






改めて見て頂きたい、このサイズ、この質感である。ミラーレス機とは思えない様なこのサイズで、あの描写なのだからその苦労は推して知るべしだが、それでいて"小さくて使い難い"という事が無かったのもお伝えしたい。背面の操作系もシンプルで、分かりやすい作りである事がポイントだろう。背面液晶も大型の3型104万ドットのタッチ液晶で、実際に使う上で必要な部分はしっかり大きくしてあるなどユーザーに配慮した心配りが嬉しい。





スマートフォンと比べてもこのサイズだ。良い描写で持ち運びに便利なのであれば、こんなに歓迎したい事も無いだろう。ミラーレス機にも様々なメーカーが参入し、その目指すところでボディにも様々なバリエーションが増えている。その中で『小さくて・良く写る』という事を実直にとことんまで突き詰めた『LUMIX GM1』は、マイクロフォーサーズという規格の中で1つの完成とすら言えるのではないだろうか。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

Kasyapaトップへ戻る







[Category: Panasonic|掲載日時:2013年11月01日 10:54:49 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!191票


Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Canon EOS-1D X Mark III

572:フラッグシップ一眼レフ『Canon EOS-1D X Mark III』[2020年02月15日]

焦点距離:1000mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400使用機材:Canon EOS-1D X Mark III + EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF2X III CanonEOS-1D X Mark III “Canon EOS-1D X Mark III”その名称を聞いたとき、新しい体験が待っていると確信しました。新開発の約2010万画素CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、最高約16コマ/秒の高速連続撮影...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III

571:3代目にして完成形『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』[2020年02月14日]

焦点距離:40mm / 絞り:F13 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO OLYMPUSOM-D E-M1 Mark III 各メーカーから渾身の新機種が発表・登場している2020年。業界の主流となったミラーレスカメラを最初に作り出した、あのメーカーからも大きなサプライズがありまし...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む
TAMRON 20mm F2.8 DiIII OSD M1:2

569:寄れる超広角ハーフマクロ『TAMRON 20mm F2.8 DiIII OSD M1:2』[2020年02月06日]

絞り:F9 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 20mm F2.8 DiIII OSD M1:2 TAMRON20mm F2.8 DiIII OSD M1:2 タムロンの『20mm F2.8 DiIII OSD M1:2』をご紹介します。当レンズは同24mm、同35mmとともに発表された「寄れる」広角単焦点レンズシリーズです。24mm、35mmの2本が先に発売され、20mmの当レンズが満を持...
続きを読む