Select Language



HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280 使用機材:HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280


中判デジタルバックと言えば、一昔前まではあくまで業務用途。スタジオ撮影に用いられるものでPCとの常時接続が必要であったり、モニターがそもそも搭載されていなかったりと個人で使用するには非常にハードルの高い機械であった。もちろん今でも非常に高額なモデルが存在するが、リーズナブルなモデルも増え、使用にあたっても屋外撮影に対応出来る使いやすいバックもラインナップされてきている。

今回は『PHASE ONE』の最新機種である『IQ280』を借用し、無謀にも屋外での手持ち撮影に臨んだ。ボディはフィルム時代からおなじみの"Hasselblad V-System"を使用、その使用感と描写をリポートしたい。






『PHASE ONE IQ280』は背面液晶に高解像度のレチナディスプレイを採用し、撮影したデータをその場で確認する事が出来る。更にタッチパネル液晶となっており、操作感はスマートフォンやタブレット端末に非常に近い。拡大や縮小なども画面上のスクイーズで済んでしまうのはとても便利だ。そのため、ボタンも4つのみとシンプルな操作性で、一度撮影の仕方が分かってしまえば迷う事は無いだろう。

"Hasselblad V-System"をボディとして使用する場合は、シンクロケーブルを接続して使用する。露出等はマニュアルになるが、要するにはフィルムバックをデジタルバックに変更しただけの操作系なので、大きな違和感は感じない。全体に見てもスマートな仕上がりで、コンパクトにまとまっている点も魅力的だ。



HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280 使用機材:HASSELBLAD 903SWC + PHASE ONE IQ280



そこで、やはり気になるのはその描写だが…どうだろう。こちらのカットは他のカットより大きな画像を掲載しているが、それでも半分に縮小したデータである。元の画像は70MB近いデータ容量なので縮小しているが、それでも『IQ280』の実力はうかがえるのではないだろうか。陰影、トーン、立体感。精細感も十分に有り、何よりダイナミックレンジの広さからくる画像の説得力が素晴らしい。その場の光を余す所無く吸い込む様な膨大なRAWデータはそのままでは眠い感じすら有るが、どんな調整にも耐えうるポテンシャルを持っているのはさすがである。




HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280 使用機材:HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280
被写体の精緻さ、存在感と言うのだろうか。静謐さを感じさせる描写である。前後のボケは中判だけあってかなり大きく、被写体を浮かび上がらせてくれる。




HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280 使用機材:HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280

陰影、トーンの出方は素晴らしいとしか言えない美しさである。こうした被写体は独壇場だ。




HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280 使用機材:HASSELBLAD 903SWC + PHASE ONE IQ280






HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280 使用機材:HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280

ハイライトが飛んでしまわないので、かなりの所まで明暗差のあるディティールを描き出す。雲の表情の1つ1つ、黄昏の迫る空の微妙な色彩まで見事に描き出す。




HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280 使用機材:HASSELBLAD 903SWC + PHASE ONE IQ280






HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280 使用機材:HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280






HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280 使用機材:HASSELBLAD 503CW + CF Distagon 50mm f4 FLE + PHASE ONE IQ280

こうしたロートーンで、ハイキーな被写体を描き出す時も、中判デジタルバックの余裕を感じさせるセンサーが活躍するシーンだろう。まるでフィルムネガの様なラチチュードの広さは様々なシチュエーションで活躍してくれるだろう。




HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280 使用機材:HASSELBLAD 903SWC + PHASE ONE IQ280






HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280 使用機材:HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280






HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280 使用機材:HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280

少々手ぶれをしていると解像感はグッと落ちてしまうが、それでも手持ちでスナップにも相当"使える"印象だ。かつてのデジタルバックの様に感度ISO25でしか撮影出来ないものと異なり、ISO400程度までかなり綺麗に描写をしてくれるのが大きなポイントで、大型のセンサーになればなるほど高感度時のノイズは出てきてしまうものだが、それでも驚くほど綺麗に処理してくれるのには驚いた。




HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280 使用機材:HASSELBLAD 903SWC + PHASE ONE IQ280






HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280 使用機材:HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280






HASSELBLAD 503CW + CF Planar 100mm/f3.5 + PHASE ONE IQ280 使用機材:HASSELBLAD 503CW + CF Distagon 50mm f4 FLE + PHASE ONE IQ280








バックを外すと、そのままセンサーがむき出しの状態なのだから恐れいってしまう。センサーサイズは53cm×40cmと6×6判と比べて少し長方形に近いサイズをしているので、縦位置と横位置の変更はバック自体の取り付け方を変更して行う。しかし大きいセンサーだ、あれだけ写るのにも妙に納得してしまう説得力が有る。今回は屋外での手持ち撮影というかなり無理のある試写だったが、それでもこのクォリティの画を描いてくれるのには驚いた。使い勝手もかなり良く、特に903SWCとの組み合わせではコンパクトで非常に使い勝手が良い。35mm判フルサイズもかなり身近な存在になってきている昨今だが、中判デジタルの世界もしかりなのだろう。中判デジタル機ならではの別格の描写力を楽しむ、その選択肢も身近になってきている様だ。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

Kasyapaトップへ戻る







カテゴリー:etc.    
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:159票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む
Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 523:新時代の万能レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』 2019年04月29日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7RIII +Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF(ソニーE用/フルサイズ対応) Carl ZeissBatis 40mm F2 CF 今回ご紹介するのは、昨年2018年の11月に発売されたカールツァイスの標準レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』。メーカーの製品説明の言葉を拝借すれば、「新時代の万能レンズ」として常に高い人気を誇る本製品ですが、その高い人気の理由は一体どこにあるのでしょうか。今回、幸運...
続きを読む
522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 2019年04月21日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + FE 135mm F1.8 GM SONY  FE 135mm F1.8 GM ソニーがフルサイズミラーレス機という新たなジャンルを開拓して早5年半。初めは「専用レンズが少ない」と言われていたラインアップも充実し、今では最もレンズ選びが自由なマウントへと成長しました。そんな中、唯一ユーザーが未だ手放せないAマウントレンズがあります。それは『Sonnar T*135mm F1.8 ZA』、ボケ味とシャープネスの...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S 521:新次元の標準ズーム『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』 2019年04月20日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S NikonNIKKOR Z 24-70mm F2.8 S ニコンから待望の「Z マウントシステム」対応の大口径標準ズームレンズ『NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』が登場しました。 注目は何と言っても、新次元の光学性能と謳うその画質ですが、手にして最初に驚くのはその小型軽量化された外観です。Fマウントの「AF-S 24-70mm F2.8E ED VR」と比べ約265gの軽量化...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |