Select Language



Panasonic LUMIX DMC-LX100 絞り:F6.3|シャッタースピード:1/2000秒|ISO:200|露出補正:-0.7|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-LX100

SONY α77 II

4/3型の大型イメージセンサーを搭載するコンパクトデジタルカメラ パナソニック『LUMIX LX100』が登場した。以前は1/2.3型や1/1.7型といったコンパクトデジタルカメラのサイズに合ったセンサーが使われてきていたが、今や1インチやAPS-Cサイズそして35mm版のフルサイズと様々なセンサーサイズのコンパクトデジタルカメラが登場し、今やコンパクトデジタルカメラはセンサーサイズ戦国時代の様相を呈する。

そんなセンサーサイズ戦国時代に、パナソニックはマイクロフォーサーズ一眼でお馴染みの4/3型の大型イメージセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラを投入してきた。このLX100の良さは何なのかを探ってみたいと思う。


Panasonic LUMIX DMC-LX100 絞り:F2.8|シャッタースピード:1/125秒|ISO:500|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-LX100



Panasonic LUMIX DMC-LX100 絞り:F1.7|シャッタースピード:1/125秒|ISO:320|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-LX100



Panasonic LUMIX DMC-LX100 絞り:F1,7|シャッタースピード:1/10000秒|ISO:200|露出補正:-0.3|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-LX100


ダイヤルとメカスイッチによるアナログ式の操作形態のクラシックスタイルなLX100は、4/3型のセンサーサイズのバランスから大きすぎず・小さすぎない持つ楽しさが味わえる絶妙なサイズだ。ダイヤルの大きさや視認性もしっかりと確保されており、使い勝手が良い。

露出操作は、絞りリングとシャッタースピードダイヤルの組み合わせによるもので、どちらも「A」ポジションにすればプログラムオート、どちらかを変更すればそれぞれの優先オートモードになる分かりやすいシステムを採用している。初心者でも使いやすいよう「iA(インテリジェントオート)」ボタンが用意されているので、逆光や風景など露出と色合いなど最適な結果を簡単に得ることができる。気軽に撮りたい場合などiAモードにしておくと失敗のない綺麗な写真が撮れることがわかった。
iAボタンだけではなく、「FILTER」ボタンなど撮影に直接関係ある操作系がメニューではなく表に出ているのが、使う側の気持ちをよく考えているなと感じるポイントだ。


Panasonic LUMIX DMC-LX100 絞り:F3.5|シャッタースピード:1/125秒|ISO:200|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-LX100


露出のアナログ操作の他に、嬉しい機能がマルチアスペクト変更機能がある。LUMIX LXシリーズではお馴染みのアスペクト切り替えスイッチがLX100にも搭載されていることが特徴で、被写体をみてイマジネーションが沸いたらダイレクトにアスペクト比を変更できるのがいい。
しかも、アスペクト比の変更は画角を変えることなく行える(※1:1のアスペクト比はトリミングとなるため画角は異なる)ことも重要なポイントだ。


Panasonic LUMIX DMC-LX100 絞り:F2,8|シャッタースピード:1/125秒|ISO:320|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-LX100



Panasonic LUMIX DMC-LX100 絞り:F8|シャッタースピード:1/1600秒|ISO:200|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-LX100


LX100の素晴らしさは、使いやすいアナログ操作だけではない。レンズはLEICA DC VARIO-SUMMILUX F1.7-2.8/24-75mm。35mm判換算24-75mmのVARIO-SUMMILUXはF1.7-2.8の大口径タイプながらコンパクトなボディーに収まっている。最短撮影距離は広角で3cm、望遠でも30cmまで寄ることができるのも使い勝手が良い。

細部まで描き出すレンズの描写力と周辺まで均一な画質はワンランク上のコンパクトデジタルカメラであると感じさせられた。このレンズと4/3型イメージセンサーの素晴らしい組み合わせをさらに良くしているのが、高速オートフォーカス機能だ。マイクロフォーサーズ一眼で培った技術が惜しみなく投入されており、シャッターボタンを半押しすると瞬時にピントが合うのだ。これは大型イメージセンサーを搭載するコンパクトデジタルカメラの中でもトップクラスなのではないだろうか。


Panasonic LUMIX DMC-LX100 絞り:F5.6|シャッタースピード:1/320秒|ISO:200|露出補正:+1|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-LX100



Panasonic LUMIX DMC-LX100 絞り:F2.8|シャッタースピード:1/1600秒|ISO:200|露出補正:+0.7|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-LX100



Panasonic LUMIX DMC-LX100 絞り:F4|シャッタースピード:1/125秒|ISO:200|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-LX100


見やすい電子ビューファインダー(EVF)も搭載されているので、フィルムカメラのような撮影スタイルも可能な点も嬉しいところだ。アナログ操作とずっと変わらない撮影方法がLX100のコンセプトとして貫かれてる。とはいえ懐古主義のカメラなのではなく、最先端の4K(3840×2160ドット)の動画撮影や、4K動画の良さを生かしたパナソニック独自の「4Kフォト」も搭載されている。4Kフォトは約800万画素相当の4K動画から最高の一瞬を切り出すことができる機能で、連写だけでは撮れなかった最高の瞬間に出会える素晴らしい機能だ。

単なる秒間30コマの動画を切り出すのではなく、被写体ブレを抑えた高速シャッターによって記録された動画の一コマなので写真としてのクオリティーを持ち合わせている。さらにアスペクト切り替えに対応しているので、1:1や3:2といった4Kフォトの撮影が可能となっている点もLX100の魅力の一つだ。




Panasonic LUMIX DMC-LX100


LX100はサブカメラではなくメインとして使える実力をもつ隙のないコンパクトデジタルカメラであると感じた。機動性の良さと応用力、そして画質それぞれ満足度が高く、長く付き合っていきたいと感じること間違いなしの一台だ。

Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: Panasonic   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:172票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 496:手持ち撮影が楽しめる500mm単焦点『Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR』 2018年10月22日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:400 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR Nikon AF-S NIKKOR 500mm F5.6E PF ED VR カメラを長く使っていると自然とインプットされてしまう先入観。その代表例が「超望遠レンズは大きくて重い」というイメージではないでしょうか? 最近ではマイクロフォーサーズなど、センサーの小型化により軽量なシステムも増えてきましたが、フルサイズ用の500mmレンズとなると、最低でも2〜3Kgは覚悟しなくてはならないのが現状...
続きを読む
Canon EOS R 495:新たな歴史を作るEOS『Canon EOS R』 2018年10月19日
焦点距離:37mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM Canon EOS R デジタル技術の目覚ましい進歩により、新たなカメラのカテゴリーとして誕生した『フルサイズミラーレス』。いち早くこのジャンルを開拓し、続々と新モデルを登場させるソニーや、国産カメラ創成期から一眼レフを作ってきたニコンもフルサイズミラーレス...
続きを読む
TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 494:これぞ広角ズームのフラッグシップ『TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』 2018年10月08日
焦点距離:30mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 タムロンの人気の超広角ズームレンズ「SP 15-30mm F2.8 Di VU USD」が最新G2シリーズの『SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』として生まれ変わりました。 優れた描写性能に強力な手ブレ補正や速い超音波モーターなど、既に完成の域に達したと思われていたレンズのリニューアルに、どんな進化を遂げたのか、とて...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S 493:進化するNIKKORレンズ『Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S』 2018年10月04日
絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:64 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 35mm F1.8 S Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S 今回のKasyapaでは、大注目のフルサイズミラーレス『Nikon Z7』と共に発売された単焦点レンズ『Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S』をご紹介いたします。 ナノクリスタルコートが施されていることをはじめ、高い品質基準をクリアしたレンズにのみ与えられる「S-Line」という称号。本レンズは現在3本ある...
続きを読む
Canon EF-M32mm F1.4 STM 492:コンパクトなだけじゃない『Canon EF-M32mm F1.4 STM』 2018年09月25日
絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM Canon EF-M32mm F1.4 STM 今回のKasyapaでは、EF-Mレンズとしては初となるF1.4の明るさを持つレンズ『Canon EF-M32mm F1.4 STM』をご紹介いたします。 「F1.4」と聞くと、多くの方が「大きくて重いレンズ」を想像されることでしょう。しかし本レンズは重量僅か235g、全長56.5mm、そして極め付けには6万円に収まるリーズ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |