Select Language

Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:320 / 使用機材:SONY α7R + Voigtlander VM E-mount Adapter II + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM

Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM


フォクトレンダーから少しユニークな発想のレンズが発売になりました。この『HELIAR 40mm F2.8 VM』は同社からラインナップされている『VM-E クローズフォーカスアダプター』への取り付けが前提に作られたレンズで、本体にはフォーカスリングが無い仕様のレンズになっています。その使い方は本来接写の目的で作られたヘリコイド付きアダプターをレンズのフォーカスリングに代用することでピントが合わせられるというもの。そしてライカMマウント系のVMマウントではありますが、『SONY α7シリーズ』+『VM-E クローズフォーカスアダプター』+『HELIAR 40mm F2.8 VM』のセットで初めて使用ができるレンズです。

トリプレットタイプに分類されるヘリアーは、テッサーに比べ1枚多い3群5枚のレンズ構成。現代の技術で作られた“ネオ・クラシック”とも呼べる本レンズはどのような写真を見せてくれるのか、早速を試写してきました。

Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:320 / 使用機材:SONY α7R + Voigtlander VM E-mount Adapter II + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM


1枚目の蘭の写真は絞り開放での撮影。ジワリと少し滲んだようなボケ味はクラシックレンズを思わせるような個性があります。
2枚目はF5.6での撮影しました。シャープでヌケの良い描写は写真に透明感を感じさせてくれます。


Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 絞り:F4/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:320 / 使用機材:SONY α7R + Voigtlander VM E-mount Adapter II + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM





Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 絞り:F8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:320 / 使用機材:SONY α7R + Voigtlander VM E-mount Adapter II + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM


青色の表現が印象的なレンズです。日差しが強く元画像は黒が潰れて見えるくらいだったのですが、現像で少しシャドウを持ち上げるとしっかりと影の中も解像していました。


Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:320 / 使用機材:SONY α7R + Voigtlander VM E-mount Adapter II + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM





Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:320 / 使用機材:SONY α7R + Voigtlander VM E-mount Adapter II + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM


ハイコントラスの特性を生かしモノクローム現像してみました。今の季節の斜光も相まってシャドウ部の黒を力強く表現することができます。 撮影者の好みかもしれませんが40mmという画角は35mmより少し狭くて写真の中の要点を絞り込みやすく、スナップ撮影に適した画角に感じます。


Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 絞り:F8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:320 / 使用機材:SONY α7R + Voigtlander VM E-mount Adapter II + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM





Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:320 / 使用機材:SONY α7R + Voigtlander VM E-mount Adapter II + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM





Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:320 / 使用機材:SONY α7R + Voigtlander VM E-mount Adapter II + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM


絞り開放からピント面はシャープで立体感のある描写力。現代の光学技術の高さを感じる反面、個性的なボケ味と独特の発色性を併せ持つレンズです。


Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:320 / 使用機材:SONY α7R + Voigtlander VM E-mount Adapter II + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM





SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


スクリューマウントのライカレンズに代表される沈胴クラシックレンズの多くは収納時に少し“あそび”があってカタカタと動いたり、引き出す時に抵抗もなくスッと鏡筒を引き上げる事ができます。しかし本レンズはその“あそび”が全く感じられないしっかりとした作り。例えるなら少し滑りの良いワインのコルク栓と言ったらいいでしょうか、「このクリアランスはいったい何ミクロンなんだ!?」と思わせる滑らかな手応えがあります。刻印のMede in Japanが意味する日本の工作技術の高さを感じました。


SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


沈胴させるとこのように大変コンパクト。持ち運び時にレンズが邪魔に感じる事はありません。ただしこのままではピントが合わないので、撮影時に手で鏡筒を引き上げる必要があります。


SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


レンズを引き上げ、撮影できる様態です。アクセサリーとしてニッケル仕上げのストレート型フード、ブラックのドーム型フードの2種類が付属し、使用目的や気分に合わせてコーディネートする事ができます。

『Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM』は現代の技術で作られたレンズですが、描写の中にクラシックレンズの味を残した一本です。スタイリングや操作感に関しても往年の銘レンズを思わせる淡いゴールドの輝きをしたニッケルメッキ使用にクリック感のない絞りリング、自分の手で引き上げる沈胴機構など、まるでクラシックレンズを使用しているような感覚にさせてくれます。レンズを操作し撮影する楽しみを味わい、確かな描写で作品を作る事のできる。昔と今の良いところを同時に味わう事のできる魅力あるレンズでした。


Photo by MAP CAMERA Staff







Kasyapaトップへ戻る"

[Category: Carl Zeiss & Voigtlander|掲載日時:2014年12月18日 08:00:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!123票


PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

574:携帯性・合焦性能に優れた望遠ズーム『PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』[2020年02月21日]

焦点距離:210mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:160 / 使用機材:PENTAX K-1 Mark II + HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR PENTAXHD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR ペンタックスの『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』をご紹介します。フルサイズ一眼対応の小型・軽量望遠レンズで、手にした第一印象は「細い!」でした。これはバッグの中で邪魔にならない細さです。そしてペ...
続きを読む
Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Canon EOS-1D X Mark III

572:フラッグシップ一眼レフ『Canon EOS-1D X Mark III』[2020年02月15日]

焦点距離:1000mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400使用機材:Canon EOS-1D X Mark III + EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF2X III CanonEOS-1D X Mark III “Canon EOS-1D X Mark III”その名称を聞いたとき、新しい体験が待っていると確信しました。新開発の約2010万画素CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、最高約16コマ/秒の高速連続撮影...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III

571:3代目にして完成形『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』[2020年02月14日]

焦点距離:40mm / 絞り:F13 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO OLYMPUSOM-D E-M1 Mark III 各メーカーから渾身の新機種が発表・登場している2020年。業界の主流となったミラーレスカメラを最初に作り出した、あのメーカーからも大きなサプライズがありまし...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む