Select Language




Nikon J5 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:160 / 使用機材:Nikon1 J5 + Nikon1 NIKKOR 18.5mm F1.8

Nikon1  J5


ニコンが提案する新しいミラーレスカメラのカタチ『Nikon 1』、その中でも人気の“Jシリーズ”に待望の新商品が登場しました。今回のKasyapaは『Nikon1 J5』をご紹介します。
1インチセンサーと超高速連写が特徴だった初代から本機で早くも5代目。ニコン製のカメラの中で日進月歩のデジタル技術をいち早く取り込んで来たのがこの“Jシリーズ”と言ってもいいかもしれません。自分撮りができるチルト式液晶モニターと4K動画撮影など時代のニーズを合わせた機能と、171点のハイブリッドAFやEXPEED 5Aという新画像処理エンジンを搭載するなど、ニコンの最新技術がこの小さなボディにぎゅっと詰め込まれています。機能だけ語ると妥協のない本格派という印象ですが、使用してみると実に使いやすくフレンドリー。一眼レフユーザーは直感的に操作ができ、これからカメラを初める方達には高性能なオートモードがその操作系をアシストしてくれます。

試写の最初に思った事は「こんなに良く写るの!?」と驚いた事。すみません、正直ちょっと侮っていました。
今までのNikon1シリーズはほとんど触って来たのですが、この『Nikon1 J5』は何か違う。一枚目の写真からも伝わるように被写体の立体感・質感表現など只者ではない写り味です。今回は本機の持つ描写性能に重点を置いて撮影に挑みました。

Nikon J5絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:160 / 使用機材:Nikon1 J5 + Nikon1 NIKKOR 6.7-13mm F3.5-5.6


超広角ズーム『Nikon1 NIKKOR 6.7-13mm F3.5-5.6』を使用して撮影。観覧車の骨組みや上部のゴンドラの細かな所までシャープに写し出してくれました。以前ニコンの方が話していた「Nikon1のレンズは一眼レフ用と同等の技術で作っています」という言葉を思い出し、その描写力を改めて納得しました。


Nikon1  J5 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:160 / 使用機材:Nikon1 J5 + Nikon1 NIKKOR 18.5mm F1.8





Nikon1  J5 絞り:F4/ シャッタースピード:1/280秒 / ISO:200 / 使用機材:Nikon1 J5 + Nikon1 NIKKOR VR 10-30mm F3.5-5.6 PD-ZOOM


標準ズームレンズである『Nikon1 NIKKOR VR 10-30mm F3.5-5.6 PD-ZOOM』でハイキー気味に撮影しました。ふんわりするのかと思いきやフォーカス面はしっかりとした解像力。微妙な色の表現力にも驚かされます。 レンズの最短撮影距離は0.14mで最大撮影倍率はなんと約0.55倍、マクロレンズのように近接撮影が可能なズームレンズです。風景からポートレート、マクロ撮影までこの1本で撮れてしまうレンズです。


Nikon1  J5 絞り:F5/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon1 J5 + Nikon1 NIKKOR 18.5mm F1.8


ボディ・レンズ共にコンパクトな本機はスナップシューターとしても優秀です。位相差AFとコントラストAFのハイブリットAFは超高速。動く被写体を171点のフォーカスポイント(位相差105点)で追従しながら最速20コマ連射も可能です。スナップ撮影に必要なカメラのレスポンス性能は十二分にあると言っていいでしょう。


Nikon1  J5 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:160 / 使用機材:Nikon1 J5 + Nikon1 NIKKOR 6.7-13mm F3.5-5.6





Nikon1  J5 絞り:F2/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:Nikon1 J5 + Nikon1 NIKKOR 18.5mm F1.8


カメラの前を横切った色鮮やかな熱帯魚。いまにも動き出しそうな立体感のある描写です。使用したレンズは『Nikon1 NIKKOR 18.5mm F1.8』、換算約50mmの焦点距離ながら0.2mでボケ味生かした撮影も可能なレンズです。


Nikon1  J5 絞り:F4/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:360 / 使用機材:Nikon1 J5 + Nikon1 NIKKOR 18.5mm F1.8


今回の試写で一番多く使用したのが『NIKKOR 18.5mm F1.8』でした。明るさが欲しかったというのもありますが、画角と描写が非常に好みだったというのが正直な所です。このレンズはF4での描写がオススメと聞いていたので、試しにパシャリ。なるほど、フォーカス部のシャープネスと滑らかなボケ味が絶妙なバランスで高コントラストな気持ちのいい写り味。一眼レフで撮影した写真にも引けを取らない実力です。


Nikon1  J5 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon1 J5 + Nikon1 NIKKOR 18.5mm F1.8





Nikon1  J5 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:Nikon1 J5 + Nikon1 NIKKOR VR 10-30mm F3.5-5.6 PD-ZOOM


黄昏時のドラマチックな場面も本機は美しい写真にしてくれます。いつでも持ち歩き、感動した瞬間を撮る、大切な人を撮る、記憶と記録を写真に残す。人が写真を撮る理由をこの『Nikon1 J5』は改めて教えてくれるような気がします。


Nikon1  J5


『Nikon1 J5』は写り・機能共に素晴らしいカメラでした。最初は若い女性やビギナーユーザーを意識したカメラのイメージがあったのですが、使用してみると各所に感じるニコンの本気度。サブカメラとして注目している一眼レフユーザーも多いと思いますが、その描写性能は決して侮れるものではありません。
手にした時に感じる金属の質感は小さいながらも「カメラを持っている」と意識させてくれる完成度の高い作り。そして進化し続けた操作系は使いやすさが抜群で、初めて使うその瞬間から良き相棒となってくれます。そして本機はカメラをあまり触った事のない方でもオートモードで簡単にキレイな写真を撮影する事ができます。この1台をパートナーの方と一緒に共有する使い方もいいかもしれません。
いいカメラというのは人や使い方によって様々です。この『Nikon1 J5』はユーザーを選ばず、誰でも写真を撮る楽しさと喜びを与えてくれるいいカメラだと思いました。写真を撮る事が好きな方、これから写真が好きになる方にオススメしたい一台です。

Photo by MAP CAMERA Staff









Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: Nikon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:598票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SONY FE600mm F4 GM OSS 529:プロフェッショナルに必要とされる超望遠『SONY FE600mm F4 GM OSS』 2019年08月02日
絞り:F5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α9 + FE 600mm F4 GM OSS SONYFE600mm F4 GM OSS ソニーより待望の大口径超望遠単焦点レンズ『 FE 600mm F4 GM OSS』が登場しました。 本レンズの発表時、ソニーの担当者から「弊社はカメラセンサーの開発も並行して行なっているので、数年先のカメラを見据えてレンズ設計を行っている」と伺いました。数年後は何万画素になっているのだろう?と想像した矢先に6100万画素の「α7RIV」...
続きを読む
TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD 528:本気の35mm『TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD』 2019年07月10日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD TAMRONSP 35mm F1.4 Di USD タムロンから新しい大口径単焦点レンズ『SP 35mm F1.4 Di USD』が発売されました。 SP (Superior Performance)シリーズ40周年の節目から、最上級の描写力を目指したという本レンズ。F1.4の大口径ということで少し大きめな仕上がりですが、手に伝わるその質感から良く写りそうと瞬時に感じとることができます。標準レン...
続きを読む
Canon RF85mm F1.2L USM 527:絶対的な性能を持つ中望遠『Canon RF85mm F1.2L USM』 2019年06月28日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF85mm F1.2L USM CanonRF85mm F1.2L USM キヤノンがフルサイズミラーレス機に参入し、新マウントの特徴として選んだのがRF用Lレンズという強力な武器。銘玉24-105mmを継承したズームレンズと弩級のF2通し28-70mmズーム、そして50mm F1.2という誰しもが憧れるラインアップを初期から登場させ、フルサイズミラーレスに対するキヤノンの本気を世界に知らしめました。今回はそこに...
続きを読む
526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 2019年06月20日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 Carl ZeissOtus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE 世界最高性能を謳う「Carl Zeiss Otus」シリーズに望遠域をカバーする『Otus 100mm F1.4』が登場しました。同じクラスのレンズの中でも最高のクオリティを誇るという本レンズ。これまでに発売されたOtusシリーズを振り返ってみても、性能の高さは容易に想像がつき、期待は高まる一方です。 いざ手元に...
続きを読む
525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |