Select Language
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F8/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:250/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

オリンパスより新たなレンズが発売されました。今回Kasyapaでご紹介するのは『M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO』、M.ZUIKO PROシリーズとして初の単焦点レンズです。現在マイクロフォーサーズ規格のカメラ・レンズを展開するオリンパスですが、その中でも“PROレンズ”と呼ばれるプロフェッショナルレンズシリーズがあります。妥協の無い最新光学と防塵・防滴のタフな設計を兼ね備えた本シリーズは多くのネイチャーフォトグラファーなどから絶大な支持を得ています。そして今回の『M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO』、PROレンズ初の単焦点が魚眼レンズというのは非常にオリンパスらしいなと思いました。おそらくF1.8という大口径の魚眼レンズは天体撮影やオーロラ撮影、または水中撮影をするプロカメラマンの要望に応えたレンズだと考えられます。 ではその描写性能はいかなるものなのか、さっそくレポートしたいと思います。

まずは1枚目から。特徴的な形の交差点をダイナミックに切り取りました。画角が180度の魚眼レンズのため画の中央から離れるに連れ大きく歪むのが特徴です。しかしながら本レンズの四隅を見てみると歪みながらも非常に解像力が高いのが分かります。F8に絞ってはいますが、これほどシャープでクリアな写りをする魚眼レンズは初めての経験です。

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO





OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:250/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO


魚眼レンズは近接撮影も得意なレンズです。本レンズも最短撮影距離が0.12mと短く、撮影の際には前玉が被写体に当たらないよう気をつけないといけません。 今回は大口径である本レンズの明るさを生かし、F1.8開放で最短撮影をしてみました。 どうです?スゴいですよね。撮った本人が言うのもなんですが、こういう魚眼レンズの写真は初めて見ました。大きく歪みながらも深くボケる、『M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO』のみが撮ることの出来る独特の世界ですね。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:200/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO


水を被ってしまうんじゃないかと思いつつも、防滴性能を信じて撮影しました。魚眼レンズでのノーファインダー撮影はどう写っているのか想像がつかないスリルがありますね。多少水しぶきを浴びましたが、そこは流石オリンパスです。他のカメラでは遠慮してしまうようなアングルから流れ落ちる水を捉えることが出来ました。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:250/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO





OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/50秒 / ISO:200/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO


魚眼レンズは囲われた空間で使うと独特の切り取り方が出来るレンズです。超広角レンズでも同じような表現はできない写真ですね。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:250/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO





OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO


今回は久しぶりの魚眼レンズの試写だったので様々な被写体を撮影してみました。強烈なパースが掛かるので遠近感がさらに強調された写真を撮ることが出来ます。そして絞りF2で撮影したのですが中央付近の解像力が非常に高いですね。近接時の描写とは違う一面を見せてくれました。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO





OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO


夜のスナップも試みました。夜の撮影だと感覚より光量が少ないなと思う事があるのですが、開放F1.8の明るさがあればISO400で手持ち撮影も余裕で出来ます。『M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO』は普段見る街も少しアングルを変えるだけで別の表情を見せてくれるレンズです。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO


『M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO』はPROレンズの名に恥じない一本でした。正直ここまで作り手側の意気込みを感じた魚眼レンズは初めてです。高い描写力と大口径の明るさを兼ねそなえながらレンズ自体はとてもコンパクトにまとめられており、撮影で持ち歩いても大変使いやすいレンズでした。操作感も良好で、マニュアルフォーカスのヘリコイドも絶妙なトルク感。手に取ると金属鏡胴のしっかりと作られた手応えがあり『これはいいレンズに違いない』と思わせる完成度を感じる事ができます。
私の場合だと魚眼レンズは写真へ変化を付けるスパイスとして個性的な描写を楽しんでいましたが、『M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO』は写真家の為に作られたレンズという印象でした。ネイチャーフォトを撮る方には是非使っていただきたいレンズですね、美しい景色や瞬間を高精細かつダイナミックに切り取れる一本です。


Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

[Category: OLYMPUS|掲載日時:2015年06月26日 10:31:00 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!117票


SONY α9II

546:そのスピードの虜となる『SONY α9II』[2019年11月04日]

焦点距離:46mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:12800 / 使用機材:SONY α9II + FE 24-70mm F2.8 GM SONYα9II ミラーレスカメラの弱点とも言われていた動体撮影を高い技術で克服し、プロのニーズに応えた「SONY α9」の登場が2017年5月。それから約2年半の歳月を経て、さらにブラッシュアップされた「α9II」がデビューしました。 α9IIといえば、圧倒的なスピード。データ量の多いフルサイズ機にもかかわらず、連写をはじめとした...
続きを読む
SONY α6600

545:機動力を写真の力に『SONY α6600』[2019年11月03日]

焦点距離:16mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α6600 + E 16-55mm F2.8 G SONYα6600 次々と新たな技術を投入し、カメラの未来を大きく変えてきたソニーのα。その中でもα6000シリーズは高性能と軽快さを両立させたAPS-Cミラーレス機で、パパカメラから写真趣味のハイアマチュア、プロのサブ機まで幅広いユーザーから支持されています。そんな人気シリーズの最上位機種がついにモデルチェンジしました。今回のKasyap...
続きを読む
Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM

544:思い立ったら自在に撮影できる快適なレンズ『Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM』[2019年10月29日]

焦点距離:24mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS RP + RF24-240mm F4-6.3 IS USM CanonRF24-240mm F4-6.3 IS USM キヤノンより、35mmフルサイズミラーレス対応の10倍ズームレンズが発売されました。24mmの広角から240mmの望遠まで、これ1本でカバーできます。ショートバックフォーカスが特徴のRFマウント用にすることで、小型・軽量化を実現。旅行や街撮りをはじめとした幅広いシーンでの活躍が期待できます...
続きを読む
SIGMA fp

543:カメラの新しいカタチ『SIGMA fp』[2019年10月25日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:SIGMA fp + Contemporary 45mm F2.8 DG DN SIGMAfp 衝撃の製品発表から早3ヶ月、ついにこの注目機種が発売されました。今回のKasyapaはポケットサイズのフルサイズミラーレス機、そしてスチルカメラとシネマカメラを融合した全く新しいカメラ『SIGMA fp』のご紹介です。 この『fp』発表の際、「デジタルカメラの脱構築」をキーワードに、スチルカメラ、シネマカメラ、そしてスマートフ...
続きを読む
FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR

542:XFレンズの新しいスタンダード『FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR』[2019年10月25日]

焦点距離:16mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:640 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM X-T3 + XF16-80mm F4 R OIS WR FUJIFILMXF16-80mm F4 R OIS WR 焦点域で選ぶのか、明るさで選ぶのか、多くの方が直面するズームレンズ選びのテーマだと思います。フジフイルムのXFレンズで言えば、通称・大三元レンズに相当する『XF16-55mm F2.8 R LM WR』のF2.8通しズームがあり、焦点距離なら7.5倍のズーム域をカバーできる『XF...
続きを読む