Select Language



OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F8/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:250/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

オリンパスより新たなレンズが発売されました。今回Kasyapaでご紹介するのは『M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO』、M.ZUIKO PROシリーズとして初の単焦点レンズです。現在マイクロフォーサーズ規格のカメラ・レンズを展開するオリンパスですが、その中でも“PROレンズ”と呼ばれるプロフェッショナルレンズシリーズがあります。妥協の無い最新光学と防塵・防滴のタフな設計を兼ね備えた本シリーズは多くのネイチャーフォトグラファーなどから絶大な支持を得ています。そして今回の『M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO』、PROレンズ初の単焦点が魚眼レンズというのは非常にオリンパスらしいなと思いました。おそらくF1.8という大口径の魚眼レンズは天体撮影やオーロラ撮影、または水中撮影をするプロカメラマンの要望に応えたレンズだと考えられます。 ではその描写性能はいかなるものなのか、さっそくレポートしたいと思います。

まずは1枚目から。特徴的な形の交差点をダイナミックに切り取りました。画角が180度の魚眼レンズのため画の中央から離れるに連れ大きく歪むのが特徴です。しかしながら本レンズの四隅を見てみると歪みながらも非常に解像力が高いのが分かります。F8に絞ってはいますが、これほどシャープでクリアな写りをする魚眼レンズは初めての経験です。

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO





OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:250/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO


魚眼レンズは近接撮影も得意なレンズです。本レンズも最短撮影距離が0.12mと短く、撮影の際には前玉が被写体に当たらないよう気をつけないといけません。 今回は大口径である本レンズの明るさを生かし、F1.8開放で最短撮影をしてみました。 どうです?スゴいですよね。撮った本人が言うのもなんですが、こういう魚眼レンズの写真は初めて見ました。大きく歪みながらも深くボケる、『M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO』のみが撮ることの出来る独特の世界ですね。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:200/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO


水を被ってしまうんじゃないかと思いつつも、防滴性能を信じて撮影しました。魚眼レンズでのノーファインダー撮影はどう写っているのか想像がつかないスリルがありますね。多少水しぶきを浴びましたが、そこは流石オリンパスです。他のカメラでは遠慮してしまうようなアングルから流れ落ちる水を捉えることが出来ました。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:250/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO





OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/50秒 / ISO:200/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO


魚眼レンズは囲われた空間で使うと独特の切り取り方が出来るレンズです。超広角レンズでも同じような表現はできない写真ですね。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:250/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO





OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO


今回は久しぶりの魚眼レンズの試写だったので様々な被写体を撮影してみました。強烈なパースが掛かるので遠近感がさらに強調された写真を撮ることが出来ます。そして絞りF2で撮影したのですが中央付近の解像力が非常に高いですね。近接時の描写とは違う一面を見せてくれました。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO





OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO


夜のスナップも試みました。夜の撮影だと感覚より光量が少ないなと思う事があるのですが、開放F1.8の明るさがあればISO400で手持ち撮影も余裕で出来ます。『M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO』は普段見る街も少しアングルを変えるだけで別の表情を見せてくれるレンズです。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO


『M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO』はPROレンズの名に恥じない一本でした。正直ここまで作り手側の意気込みを感じた魚眼レンズは初めてです。高い描写力と大口径の明るさを兼ねそなえながらレンズ自体はとてもコンパクトにまとめられており、撮影で持ち歩いても大変使いやすいレンズでした。操作感も良好で、マニュアルフォーカスのヘリコイドも絶妙なトルク感。手に取ると金属鏡胴のしっかりと作られた手応えがあり『これはいいレンズに違いない』と思わせる完成度を感じる事ができます。
私の場合だと魚眼レンズは写真へ変化を付けるスパイスとして個性的な描写を楽しんでいましたが、『M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO』は写真家の為に作られたレンズという印象でした。ネイチャーフォトを撮る方には是非使っていただきたいレンズですね、美しい景色や瞬間を高精細かつダイナミックに切り取れる一本です。


Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: OLYMPUS   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:109票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD 528:本気の35mm『TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD』 2019年07月10日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD TAMRONSP 35mm F1.4 Di USD タムロンから新しい大口径単焦点レンズ『SP 35mm F1.4 Di USD』が発売されました。 SP (Superior Performance)シリーズ40周年の節目から、最上級の描写力を目指したという本レンズ。F1.4の大口径ということで少し大きめな仕上がりですが、手に伝わるその質感から良く写りそうと瞬時に感じとることができます。標準レン...
続きを読む
Canon RF85mm F1.2L USM 527:絶対的な性能を持つ中望遠『Canon RF85mm F1.2L USM』 2019年06月28日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF85mm F1.2L USM CanonRF85mm F1.2L USM キヤノンがフルサイズミラーレス機に参入し、新マウントの特徴として選んだのがRF用Lレンズという強力な武器。銘玉24-105mmを継承したズームレンズと弩級のF2通し28-70mmズーム、そして50mm F1.2という誰しもが憧れるラインアップを初期から登場させ、フルサイズミラーレスに対するキヤノンの本気を世界に知らしめました。今回はそこに...
続きを読む
526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 2019年06月20日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 Carl ZeissOtus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE 世界最高性能を謳う「Carl Zeiss Otus」シリーズに望遠域をカバーする『Otus 100mm F1.4』が登場しました。同じクラスのレンズの中でも最高のクオリティを誇るという本レンズ。これまでに発売されたOtusシリーズを振り返ってみても、性能の高さは容易に想像がつき、期待は高まる一方です。 いざ手元に...
続きを読む
525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む
Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |