Select Language
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 絞り:F4/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY α7II + FE 90mm F2.8 Macro G OSS

SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

今回ご紹介するレンズはCP+2015で参考出品されていた『SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS』です。 カメラ好きの皆さんはこの“G"の文字に反応したのではないでしょうか。ミノルタ時代から続く高性能レンズのみに与えられる“G"の称号は、ZEISS銘と共にソニーのレンズブランドを支える2本の柱の1つと言っていいでしょう。しかも今回はFEマウント初のマクロレンズです。このジャンルは各メーカーの個性やこだわりが見えやすいですからね、どのような描写を見せてくれるか楽しみです。

まず一枚目のカットから。ラベンダーの花へ蜜を吸いに来たミツバチを撮りました。はじめはF2.8で撮影していたのですが、被写界深度が浅すぎて動き回るミツバチをうまく捉えられず、F4で何とか撮ることができました。描写はさすがGレンズ、フォーカス部の解像力が非常に高いのがわかります。しかしながら線に角があるような硬い印象はなく、ボケ味も含め全体的に滑らかな絵作りはミノルタレンズの写りを思わせる美しさです。

SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 絞り:F4/ シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY α7II + FE 90mm F2.8 Macro G OSS





SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200/ 使用機材:SONY α7II + FE 90mm F2.8 Macro G OSS





SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:200/ 使用機材:SONY α7II + FE 90mm F2.8 Macro G OSS


絞り開放だと被写界深度が想像より浅く、周りを深いボケ味が包み込みます。しかしながら手ぶれ補正が良く効くおかげで、静物に関しては一度合わせたピントを外さず安定した姿勢で撮影することができました。


SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 絞り:F4/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7II + FE 90mm F2.8 Macro G OSS





SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY α7II + FE 90mm F2.8 Macro G OSS


絞りF5.6でも近接では柔らかい印象です。そして繊細な光もしっかりと捉え、美しい写真にすることのできるレンズです。
マクロ撮影ではマニュアルフォーカスを使用するケースが多いと思います。そんな時でも本レンズはピントリングを手前にカチッと引くだけでAF/MFの切り替えがすぐできますから、ファインダーから目を離すことなく感覚で操作が可能なレンズです。


SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200/ 使用機材:SONY α7II + FE 90mm F2.8 Macro G OSS


3mくらい離れた被写体をF2.8で撮影。フォーカス部はクリアに解像し、滑らかなボケが被写体の存在感を一層引き立てます。中望遠マクロレンズをポートレートレンズとして使用する方も多いと思いますが、『SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS』の質感重視で硬くなりすぎない絵作りはポートレート撮影に非常に向いている描写だと思いました。


SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7II + FE 90mm F2.8 Macro G OSS


F5.6でも無限遠域だと近接時とは印象の違う描写ですね。硬質な被写体は細い線まで非常にシャープに写し出してくれます。


SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 絞り:F4/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7II + FE 90mm F2.8 Macro G OSS





SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 絞り:F4/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7II + FE 90mm F2.8 Macro G OSS





SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS


『SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS』は被写体の持つ美しさを引き出してくれる素晴らしいレンズでした。シャープに解像しながらも全体的にしっとりとまとまる絵作りはいかにもGレンズらしい上質な写り味です。操作感も良く出来ていて、AFも静かで素早く正確、MFのタッチも絶妙でピントの微調整にもしっかりと応えてくれます。またα7sでしたら4K動画を使ったムービー撮影もできるので、高精細なマクロの世界を映像作品として表現することも可能でしょう。
『SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS』は描写・作り込み共に「さすが」と思わせる完成度のレンズでした。マクロレンズとしてだけでなく、優秀な中望遠レンズとしてもオススメのできる1本です。


Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

[Category: SONY|掲載日時:2015年06月28日 12:01:00 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!104票


Panasonic LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7

565:「開放F値1.7通し」がもたらす世界『Panasonic LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7』[2020年01月14日]

焦点距離:12mm(換算24mm) / 絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:200使用機材:Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 PanasonicLEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 『Panasonic LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7』は世界一の明るさを誇るズームレンズです。ズーム全域でF1.7というのは、当レン...
続きを読む
Panasonic LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S

564:手ブレ補正付き光学10倍ズームレンズ『Panasonic LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POW...[2020年01月13日]

焦点距離:40mm(換算80mm) / 絞り:F4.7 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200使用機材:Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S PanasonicLUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S パナソニックの『LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S』は、小型・軽量にもかかわら...
続きを読む
TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応)

563:近接撮影も得意なスナップレンズ『TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2』[2020年01月04日]

絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応) TAMRON35mm F2.8 DiIII OSD M1:2 スナップ用の単焦点レンズを選ぶとなったら、筆者は迷わず35mmレンズを手にします。画角的に広すぎたり窮屈すぎたりすることなく、見たままに撮影できると感じるからです...
続きを読む
TAMRON 24mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応)

562:引きも寄りも楽しめる万能レンズ『TAMRON 24mm F2.8 DiIII OSD M1:2』[2020年01月03日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:160 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 24mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応) TAMRON24mm F2.8 DiIII OSD M1:2 もし旅行に1本だけレンズを持って行くとしたら、どれを選びますか。標準ズームレンズは定番かもしれませんし、小さくて軽いパンケーキレンズも魅力的でしょう。今回筆...
続きを読む
Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 E-mount

561:現代生まれのクラシックレンズ『Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 E-mount』[2019年12月27日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100使用機材:SONY α7III + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 E-mount(ソニーE用/フルサイズ対応) VoigtlanderNOKTON classic 35mm F1.4 E-mount カメラを趣味にしていると、偶然目にした作品などからクラシックレンズが気になることがあります。ふわりとベールをかけた様な柔らかい表現や、...
続きを読む