Select Language




SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS 焦点距離:142mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RII + FE 70-200mm F2.8 GM OSS

SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS

圧倒的な解像力と美しいボケ味を両立したソニーの新レンズラインアップ「G MASTER」シリーズに待望の大口径望遠ズーム『SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS』が登場しました。今年2月に発表されCP+2016でも展示されていただけに、首を長くして待たれていたのではないでしょうか?望遠好きの筆者もその1人。さっそく撮影に出掛けてきました。

本レンズのスペックを見た時、真っ先に目に止まったのが最短撮影距離0.96mという接写能力の高さです。同じソニーでもAマウント用の「70-200mm F2.8G SSM II」が最短撮影距離1.2mですから、その凄さがお分かりいただけると思います。
運良く手に届く距離に咲いていた蓮の花。AF合焦のギリギリまで寄って撮影しました。カメラ高い性能もありますが接写による高い質感描写に驚きます。水分を含んだようなウエットな質感は、触れて感じた質感そのものです。手前に伸びる花びらのボケも綺麗で、ファーストカットから本レンズの凄さが伝わりました。


SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS 焦点距離:126mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RII + FE 70-200mm F2.8 GM OSS


レンズの重さは1480g(三脚座別)。他社の同等クラスのレンズとほぼ同じサイズ感ですが、カメラが軽量なミラーレスシステムのおかげで、移動が苦になることはありません。
横須賀の海では、珍しい南極観測船の姿を見ることができました。対岸の遠い被写体ですが、船体の細部まで捉える高い解像力が確認でます。


SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS 焦点距離:70mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RII + FE 70-200mm F2.8 GM OSS


広角端でも歪みなく、シャープな描写です。甲板の木目、鉄板の模様など撮影時には見えなかったものが、はっきり確認できます。ボケ味の綺麗な大口径「70-200mm」レンズはポートレートに使われる事も多く、本レンズもモデルさん泣かせのレンズとなることでしょう。


SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS 焦点距離:70mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RII + FE 70-200mm F2.8 GM OSS


こだわりのボケ味を謳う「G MASTER」レンズ。背景へなだらかに続くボケ味は、圧縮効果の入った望遠撮影でも自然な立体感を演出してくれます。


SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS 焦点距離:200mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:125 / 使用機材:SONY α7RII + FE 70-200mm F2.8 GM OSS



SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS 焦点距離:200mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:160 / 使用機材:SONY α7RII + FE 70-200mm F2.8 GM OSS


最短での撮影では、薄いピント面を楽しむ事ができます。正面から強い光が差し込むシーンでも、コントラスト高く被写体の質感をきれいに捉えます。手前も奥も徐々にボケていく感じが自然で、カメラの高い解像力とのバランス良さを感じます。


SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS 焦点距離:147mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RII + FE 70-200mm F2.8 GM OSS


高い解像力と柔らかなボケ味のバランスの良さから描き出される画は美しいの一言。柔らかさの中にもメリハリの効いた発色は、見慣れた景色にも新鮮さを与えてくれます。


SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS 焦点距離:178mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RII + FE 70-200mm F2.8 GM OSS


F5.6まで絞ると解像感が更に高まり、高精細なカメラのセンサー性能をより引き出す印象です。繁華街の賑やかな様子や構造物の細部までしっかり確認できます。
AFの追随も優秀。カメラの高いAF性能を存分に引き出す印象で、架線が横切る難しいシーンでも列車の前面を補足しつづけてくれました。


SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS 焦点距離:200mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RII + FE 70-200mm F2.8 GM OSS


そして開放F2.8に戻すとこの柔らかさ。本当に同じ機材なのかと疑いたくなる表現力の幅広さです。


SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS 焦点距離:280mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RII + FE 70-200mm F2.8 GM OSS + SEL14TC


優れた性能で非の打ち所の無いα7シリーズとEマウントレンズ群において、唯一欠けていたのが超望遠域のレンズです。それを補うかのように、本レンズ専用のテレコンバーターが2種登場。その組み合わせの描写力もご覧頂きましょう。
まずは1.4倍の「1.4× Teleconverter SEL14TC」との組み合わせから。

200mmから280mmに伸びての大迫力。80mm伸びるだけでこんなに変わるのか?と今更ながらに驚いてしまいます。網目の影のシャープ感など、テレコン装着による画質の劣化感も感じられず、さすが主レンズの光学性能を存分に引き出す専用テレコンといった印象です。


SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS 焦点距離:116mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RII + FE 70-200mm F2.8 GM OSS + SEL14TC

防衛上の理由から見えづらい場所に停泊するアメリカの原子力空母も、高精細な描写のおかげで細部までしっかり見ることができました。船体の大きさゆえに広角寄りを使うことになりましたが、画面全体でバランスとれた高い解像力が確認できます。


SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS 焦点距離:400mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:1000 / 使用機材:SONY α7RII + FE 70-200mm F2.8 GM OSS + SEL20TC

続いて2倍の「2× Teleconverter SEL20TC」を装着です。
被写体まで相当の距離がありながらも見事な圧縮効果は、さすが400mmの超望遠と言ったところでしょうか。
対岸の弁天堂の姿を残したいがために少し絞っての撮影でも花の立体感は健在。ファーストカットほどの瑞々しさは感じられませんが、花びらの質感もしっかり捉えているのが分かります。


SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS 焦点距離:400mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:1600 / 使用機材:SONY α7RII + FE 70-200mm F2.8 GM OSS + SEL20TC

折れた枝先に乗せられた餌を啄ばむ雀も、大きく引き寄せることができました。
望遠効果によるメリットも大きいですが、小型のミラーレスシステムと最短距離が短さが相まったフットワークの良さで、被写体に逃げられない間合いを探りながら撮影できたメリットは大きく感じます。


SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS

満を持して登場した大口径F2.8望遠ズームレンズは、最高峰の「G MASTER」シリーズの凄さを裏付ける素晴らしい性能を披露してくれました。
シリーズ最高スペックの4240万画素機の精細感を存分に引き出しながら余裕すら感じさせる描写からは、さらに進化し続けるデジタルカメラでも永く使える印象です。
美しいボケ味と高い解像力の両立させた贅沢なレンズはα7RIIユーザーの方はもちろん、α7シリーズをお使いの全ての方に使っていただきたい1本です。

Photo by MAP CAMERA Staff










Kasyapaトップへ戻る

カテゴリー: SONY   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:81票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Canon EOS 90D 536:APS-C一眼レフの完成形『Canon EOS 90D』 2019年09月21日
焦点距離:50mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:1600 / 使用機材:Canon EOS 90D + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM CanonEOS 90D ミラーレスカメラが普及し始めた現在、Canonから新しい一眼レフカメラが登場しました。それがAPS-C一眼レフEOS 80Dの後継機として登場したAPS-C一眼レフEOS 90Dです。 EOS 80Dが発売されたのは2016年3月。3年の時を経て誕生したEOS 90Dは格段に進化したカメラとなっています。有効画素数は2420万画素から3250...
続きを読む
SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN 535:超広角ズームの理想形『SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN』 2019年09月16日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:6400 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN SIGMAArt 14-24mm F2.8 DG DN 待望のフルサイズミラーレス専用レンズがシグマから発売となりました。フルサイズミラーレス機の魅力を最大限に活かすためには高性能なレンズシステムのラインナップが増えることはとても嬉しいことです。今回のKasyapaでは『SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN』をご紹介いたします。 ミラー...
続きを読む
SONY α7R IV 534:これが6100万画素の画質力『SONY α7R IV』 2019年09月08日
焦点距離:20mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:0.4秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R IV + FE 16-35mm F2.8 GM SONYα7R IV 人気のフルサイズミラーレスカメラを牽引するソニーからまた凄い製品が登場しました。高精細シリーズ「R」の4代目『α7R IV』は、従来機の有効4240万画素から6100万画素へと一気に高画素化されました。 中判サイズの5000万画素カメラが登場した際に、35mmサイズセンサーの限界が見えた気がした筆者にとっては、まさに晴天の霹靂...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 85mm F1.8 S 533:Zシリーズ待望の中望遠『Nikon NIKKOR Z 85mm F1.8 S』 2019年09月06日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:320 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 85mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 85mm F1.8 S ニコンからZシリーズの新レンズ『NIKKOR Z 85mm F1.8 S』が発売されました。ニコン独自の設計指針と品質管理をさらに厳格化したNIKKOR Zレンズの中でも、さらに高いレンズ基準を満たす「S-Line」のレンズです。 これまでに発売されている「35mm F1.8」と「50mm F1.8」はいずれも優秀な写りを披露してくれました。同じF1.8の...
続きを読む
SONY FE 35mm F1.8 532:理想のスタンダードレンズ『SONY FE 35mm F1.8』 2019年09月01日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 III + FE 35mm F1.8 SONYFE 35mm F1.8 数多いFEレンズのラインアップの中でもコストパフォーマンスに優れたスタンダードシリーズはFE 50mm F1.8、FE 85mm F1.8とありましたが、広角側の35mmが遂に追加され、スナップからポートレートまで幅広い撮影に対応できるようになりました。今回のKasyapaは多くの方が待ち望んでいた1本、『SONY FE 35mm F1.8』のご紹介です。 ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |