Select Language




SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F2 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM

SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM

今回のKasyapaでは、「究極のポートレートレンズ」という名のもとに誕生した『SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM』をご紹介いたします。
待望のArtライン85mmがいよいよ登場!今か今かと待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。かくいう筆者もそのうちの1人。シグマのArtラインシリーズは軒並み高い評価を受けているレンズが揃っているということもあり、期待に胸が膨らみます。

折角のポートレートレンズということで、今回は友人にモデルを頼んでポートレート撮影へと出かけてきました!
1枚目からすっきりとヌケの良い描写を魅せてくれるあたり、さすがはArtラインレンズですね。睫毛にピントを合わせて撮りましたが、しっかりと睫毛にピントが合ってくれるだけでなく、AFの速度もとても早く静粛性も高いです。
これは他のArtラインシリーズも同じですが、画面の隅まで丸いボケを描いてくれるのが個人的にはとても嬉しいポイントでした。


SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM


お次はF1.4での1枚。後姿をとらえましたが、こういった背景が雑多なシーンでも被写体を浮かび上がらせてくれるのは中望遠レンズの良い所ですね。


SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F2.2 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM


ショーウインドウを見つめる友人を撮影。手前の草木も気にならなくなるほどの、吸い込まれるようなボケ味です。


SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM


本レンズの前モデルとして『85mm F1.4 EX DG HSM』が存在していますが、Artラインのレンズとしてリニューアルしたことでレンズの構成もがらっと変わり、見た目も一新されました。

さて、Artラインということで皆さん気になるのが重量かと思われますが、調べてみると1,130gとなかなかのヘビー級。今回使用した『Canon EOS 5D Mark IV』と合わせるとその総重量は2,020gにも及びます。1日持ち歩いていると良い運動になりますが、正直この写りをこの価格帯で手に入れることが出来るのならば、重さには目を瞑れるというもの。Artラインのコストパフォーマンスの高さにはいつも驚かされます…。


SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F8 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM


この日はとても天気がよく、ビルに雲が綺麗に写りこんでいました。開放でのピント面もシャープでしたが、絞り込んでみるとそのシャープさはより際立ちます。


SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F2.2 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM





SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM


こちらの写真はぜひ拡大をして見て頂きたい1枚です。服の質感、スニーカーの異なる素材感、更には細かいタイツの繊維までも確認できてしまうほどの驚きの解像力には、思わずため息が漏れてしまいます。


SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM




SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F2.2 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM


強い逆光の元で撮影をしたため、全体に少しフレアがかかっています。
先ほど「画面の隅まで丸いボケを描いてくれるのが嬉しい」と書きましたが、私がArtラインでもう1つ特に好きなところは、「逆光にとても強い」ということ。そして、ご覧のとおりフレアがとても美しいのです!少しコントラストが落ちて優しい雰囲気になるので、このレンズで写真を撮るときにはぜひ逆光で光を楽しんでみてください。


SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM


こちらは開放+最短(85cm)で撮影した1枚。光が射しこむ木々をバックにしたので、ボケが何重にも重なってとても美しいです。


SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F5 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM





SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM


夕暮れ時に撮るクリスマスツリーも、夜とはまた違った美しさがあります。冬はイルミネーションやオーナメント等で街がきらきらと装飾されるので、明るいレンズでボケを楽しむのにはもってこいの季節ですね。


SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM





SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM

SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM

『SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM』いかがでしたでしょうか。
今回は中望遠の明るい単焦点レンズということで、ボケを楽しんだ写真をメインにご紹介をいたしました。

レンズ本体を見てみると、まず目に飛び込んでくるのは大迫力の前玉!そのフィルター径はなんと86mm。写りの美しさもさることながら、見た目のインパクトも大です。
また、本レンズはフルタイムマニュアル機構を搭載しているため、フォーカススイッチを切り替えることなくピントの微調整を行うことが可能です。その他にも簡易防塵防滴機構や真鍮製のバヨネットマウントを採用している等、物作りにこだわりのあるシグマらしい徹底した作りとなっています。

新プロダクトラインのフルサイズ用F1.4大口径レンズはこれで5本目。20mm、24mm、35mm、50mm、そして85mmと主要の焦点距離はこれで一通り揃った感じがありますが、次にArtラインに加わるのはいったいどんなレンズなのでしょうか…?色々と想像が膨らみますね。今後もシグマの動向からは目が離せません!

Photo by MAP CAMERA Staff

















Kasyapaトップへ戻る


カテゴリー: SIGMA   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:53票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 440:最高レベルの描写性能『SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM』 2017年08月17日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 前回に続き、ニコンマウントのシグマレンズを紹介。今回はArtレンズの草分け的存在『Art 35mm F1.4 DG HSM』です。 すべてにおいてワンランク上のクオリティを実現し、「最高」の基準を刷新するシグマの自信作として発売されたのが2013年1月。以後本レンズの素晴らしさが瞬く間に広がり、現在のArtレンズの充実ぶりに繋がったと言っても過言ではありません。す...
続きを読む
TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 439:さらに磨き上げられた大口径標準ズーム『TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』 2017年08月15日
焦点距離:55mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 先日のシグマに続き、タムロンからも最新の高画素カメラにも対応した新世代大口径標準ズームレンズ『SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』が発売されました。 旧モデルの「SP 24-70mm F2.8 Di VC USD」の登場が2012年5月でしたから、かなりのハイペースでのモデルチェンジになります。デジタルカメラの進化のスピードが著しいとは言え、それに...
続きを読む
null 438:ワンランク上へ進化した軽量フルサイズ一眼レフ『Canon EOS 6D Mark II』 2017年08月11日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF24-70mm F4L IS USM 今よりもずっとフルサイズ機というのが憧れの存在だった2012年、「小型軽量なフルサイズ一眼レフ機のエントリーモデル」というコンセプトでCanonとNikonより『EOS 6D』と『D600』それぞれが発売されました。当時のフルサイズ機のイメージといえば画質重視のプロ・ハイアマチュア機であり、その分『大きい・重い・高価』という三重苦とまでは言いませ...
続きを読む
437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 2017年08月11日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount 今回のKasyapaでは、F2の明るさを誇るマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』をご紹介いたします。 本レンズは発表当初からEマウントユーザーの話題をさらい、今年2月に開催されたCP+での先行展示でもたくさんの方が実際に手に取って試されていたの...
続きを読む
SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 436:圧倒的な解像力の『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』 2017年08月11日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 充実の一途を辿るシグマのArtシリーズの大口径単焦点レンズ。先日、超広角の「14mm F1.8」が発売され、14mmから135mmの間に7種類ものバリエーションが揃いました。改めてシリーズのKasyapaを見返してみると、すべてキヤノン用で撮られていることに気づきます。 ニコン純正の単焦点レンズもF1.4とF1.8のシリーズが種類豊富に発売されており、これらのレンズとの差が...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |