Select Language




SONY (ソニー) α6500 ボディ ILCE-6500 焦点距離:70mm(換算105mm)/ 絞り:F4/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200/ 使用機材:SONY(ソニー) α6500 + Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS

SONY (ソニー) α6500 ボディ ILCE-6500

今までのミラーレス機の常識を覆す驚異的なAFシステムを搭載したα6300。その発売から約半年後となる2016年12月に、新たな上位機種が『α6000シリーズ』のラインナップに加わりました。今回のKasyapaでは、その最上位機種である『SONY (ソニー) α6500』をレポートしたいと思います。

α6300ユーザーからすればこのα6500の発表は意表を突かれた一撃だったことでしょう。「後継機を出すにはあまりにも早すぎる」という声も耳にしましたが、このα6500は後継モデルではなく派生モデルというのが正しいポジションのようです。そのことを証明するようにCMOSセンサーやAFシステムなど撮影の核となる部分はα6300と全く同じ。新たな機能としてボディ内手ブレ補正の追加やタッチパネルが加わりましたが、実際の撮影で最も変化を感じられるのは『レスポンスを求められる撮影にとても強くなった』ということかもしれません。

まずはα6500の画作りから。最新設計のCMOSセンサーということもあり、解像力、ダイナミックレンジ共に優秀な性能と言っていいでしょう。この2400万画素という画素数も登場から数年経ち、だいぶ突き詰められた性能になったのではないかと思います。 解像性能だけでない色や階調の奥深さなど余裕のある画を出してくれます。


SONY (ソニー) α6500 ボディ ILCE-6500 焦点距離:300mm(換算450mm) / 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY(ソニー) α6500 + FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS


12月だというのに桜が咲いていてびっくりしました。これは『ジュウガツザクラ』という品種のようです。淡いサクラの色が美しいですね。


SONY (ソニー) α6500 ボディ ILCE-6500 焦点距離:70mm(換算105mm) / 絞り:F8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:200/ 使用機材:SONY(ソニー) α6500 + FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS


夕日に照らされる高層ビル。今の季節は西日が強くコントラストの高い画になります。色の深み、存在感のある被写体の表現力などすばらしいですね。


SONY (ソニー) α6500 ボディ ILCE-6500 焦点距離:31mm(換算46.5mm) / 絞り:F4/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY(ソニー) α6500 + Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS


APS-Cサイズながら基本となる解像力、表現力の実力は非常に高いです。これだけ写っているのにもかかわらず、カメラはローパスレス仕様ではないという事にも驚きです。


SONY (ソニー) α6500 ボディ ILCE-6500 焦点距離:200mm(換算300mm) / 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:800/ 使用機材:SONY(ソニー) α6500 + FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS


逆光での撮影でもEVFがとても見やすいですね。α6500はEVFの表示やレリーズのレスポンスもとても良いので、ここぞと思った瞬間のシャッターチャンスを逃しません。


SONY (ソニー) α6500 ボディ ILCE-6500 焦点距離:300mm(換算450mm) / 絞り:F11/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200/ 使用機材:SONY(ソニー) α6500 + FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS


SONY (ソニー) α6500 ボディ ILCE-6500

α6500を使用してみて感じたのは、より撮影時の快適性と動体の追従撮影に特化した高性能カメラに仕上がっているということ。クルマで言うならばただの上級グレードではなく、『TYPE R』や『S207』などメーカー純正のコンプリートカーのような印象と言えば良いでしょうか、「ベースの良いα6300をメーカーがチューンしたらこうなりました」という感じです。
バッファ増強による息切れしない連写性能に、書き込み中でも撮影画像の確認が可能な再生表示。5段分のボディ内手ブレ補正も素晴らしいですね、低速シャッター時や望遠レンズでの撮影に絶大な効果を発揮してくれます。α6300が登場した時は最新技術による性能値の凄みがありましたが、α6500は実際の撮影で求められる機能、性能を見直し、磨き上げられたカメラという印象を受けます。


SONY (ソニー) α6500 ボディ ILCE-6500 焦点距離:16mm(換算24mm) / 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1600/ 使用機材:SONY(ソニー) α6500 + Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS


ソニーの機種はこういったアンダー気味の深い色がとても良いですね。しっとりとした空気感がこちらにも伝わってきそうです。


SONY (ソニー) α6500 ボディ ILCE-6500 焦点距離:16mm(換算24mm) / 絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:6400/ 使用機材:SONY(ソニー) α6500 + Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS


薄暗いトンネルをISO6400で撮影してみました。さすがにノイズ感は出るものの、ディティールや色などはしっかりと表現されています。


SONY (ソニー) α6500 ボディ ILCE-6500 焦点距離:300mm(換算450mm) / 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY(ソニー) α6500 + FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS


サーフィンを連写撮影した時の一枚。バッファが増強された事で、パドリングするところから連写をスタートし、テイクオフ、そしてボードから離れるところまでずっと連写し続けられるのはとても気持ちが良いです。 そして書き込み中でも撮影画像が確認できるのはとても快適です。


SONY (ソニー) α6500 ボディ ILCE-6500 焦点距離:16mm(換算24mm) / 絞り:F8/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:200/ 使用機材:SONY(ソニー) α6500 + Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS


撮影しながら「ちょっとウユニ塩湖みたい」と思った一枚。少し水面が揺らいではいますが、鏡のように空を映しています。


SONY (ソニー) α6500 ボディ ILCE-6500 焦点距離:21mm(換算31.5mm) / 絞り:F8/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY(ソニー) α6500 + Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS


波が迫ってきて思わず「うわっ!」っと後ずさりした瞬間をパシャリ。α6500はAF性能や連写撮影能力だけでなく、このコンパクトなサイズ感でしっかりと写真が撮れる良いカメラだと感じました。


SONY (ソニー) α6500 ボディ ILCE-6500


『SONY (ソニー) α6500』は「こうあって欲しい」という撮影性能を詰め込んだ完成度の高い一台でした。もともとα6300でも十分高性能と言えるカメラだったのですが、α6500はより弱点がなくなったというより、「弱点が見つからないカメラ」になりました。NEX時代より続くフラットでスマートなデザインは、知らない方が見たら小型軽量でスタイリッシュなミラーレス機としか思わないかもしれません。しかし、その撮影性能は一眼レフを含むAPS-Cフォーマット機の中でもトップクラスであり、防塵防滴性能やシャッター耐久性など、フラッグシップ機にも負けない強靭性も兼ね備えています。例えがまたクルマ用語になってしまいますが「羊の皮を被ったオオカミ」という言葉がα6500にはピッタリかもしれませんね。大きくて迫力のある一眼レフにも負けない撮影性能がα6500には詰まっています。


Photo by MAP CAMERA Staff

interview






Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: SONY   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:87票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SONY FE600mm F4 GM OSS 529:プロフェッショナルに必要とされる超望遠『SONY FE600mm F4 GM OSS』 2019年08月02日
絞り:F5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α9 + FE 600mm F4 GM OSS SONYFE600mm F4 GM OSS ソニーより待望の大口径超望遠単焦点レンズ『 FE 600mm F4 GM OSS』が登場しました。 本レンズの発表時、ソニーの担当者から「弊社はカメラセンサーの開発も並行して行なっているので、数年先のカメラを見据えてレンズ設計を行っている」と伺いました。数年後は何万画素になっているのだろう?と想像した矢先に6100万画素の「α7RIV」...
続きを読む
TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD 528:本気の35mm『TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD』 2019年07月10日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD TAMRONSP 35mm F1.4 Di USD タムロンから新しい大口径単焦点レンズ『SP 35mm F1.4 Di USD』が発売されました。 SP (Superior Performance)シリーズ40周年の節目から、最上級の描写力を目指したという本レンズ。F1.4の大口径ということで少し大きめな仕上がりですが、手に伝わるその質感から良く写りそうと瞬時に感じとることができます。標準レン...
続きを読む
Canon RF85mm F1.2L USM 527:絶対的な性能を持つ中望遠『Canon RF85mm F1.2L USM』 2019年06月28日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF85mm F1.2L USM CanonRF85mm F1.2L USM キヤノンがフルサイズミラーレス機に参入し、新マウントの特徴として選んだのがRF用Lレンズという強力な武器。銘玉24-105mmを継承したズームレンズと弩級のF2通し28-70mmズーム、そして50mm F1.2という誰しもが憧れるラインアップを初期から登場させ、フルサイズミラーレスに対するキヤノンの本気を世界に知らしめました。今回はそこに...
続きを読む
526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 2019年06月20日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 Carl ZeissOtus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE 世界最高性能を謳う「Carl Zeiss Otus」シリーズに望遠域をカバーする『Otus 100mm F1.4』が登場しました。同じクラスのレンズの中でも最高のクオリティを誇るという本レンズ。これまでに発売されたOtusシリーズを振り返ってみても、性能の高さは容易に想像がつき、期待は高まる一方です。 いざ手元に...
続きを読む
525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |