Select Language




Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 焦点距離:45mm(35mm換算:72mm)/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark III

Canon PowerShot G1X Mark III


今回のKasyapaでは、11月30日に発売された新製品『Canon PowerShot G1X Mark III』をご紹介いたします。

本機が発表された時にまず驚いたのが、そのセンサーサイズの大きさでした。前モデルである『Canon PowerShot G1X Mark II』が1.5型だったのに対し、本機は一回り大きいAPS-Cサイズのセンサーを搭載。しかも、センサーサイズが大きくなっているのにも関わらず約150gほどの小型・軽量化を果たしているのです。4年近い歳月が経っているとは言え、ここまでの大幅進化には大変驚かされました。
また、エンジンやAF性能もパワーアップしており、特にAFはキヤノンのコンパクト機では初めて「デュアルピクセルCMOS AF」を採用。撮影条件に左右されずに位相差AFを行うことを可能としています。

冒頭の写真は、西日をバックに撮影をした1枚。ちょうど日の当たっている部分だけ葉っぱが光に縁どられ、よりメインの被写体が強調されました。
このようにAFの合いづらい逆光での撮影でもストレス無く撮影が出来るだけでなく、タッチパネルで直感的にフォーカスポイントを変更することも出来るので機動力は抜群。日々のスナップ撮影に持って来いの1台だと言えるでしょう。


Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 焦点距離:15mm(35mm換算:24mm)/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark III


撮影した日はとても天気が良く、コントラストのはっきりとした写真を撮ることが出来ました。あまりにも天気が良いとフレアやゴーストの影響が気になるところですが、そこはご安心を。レンズフード無しでも十分の描写力です。
別売でアルミニウム製の堅牢なレンズフード『LH-DC110』の販売もございますので、少しのフレアもカットしたい方や、レンズの保護のためにフードを付けたいという方は要チェックです。


Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 焦点距離:16mm(35mm換算:26mm)/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark III


搭載されているレンズは35mm換算で24-72mm相当の光学3倍ズーム。一番使いやすい標準ズーム域をコンパクトなボディで楽しむことが出来るのは嬉しい限りです。


Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 焦点距離:26mm(35mm換算:42mm)/ 絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark III


前モデルと比べて様々な進化を遂げている本機ですが、中でも電子ビューファインダーが搭載されたことはかなり嬉しいポイントなのではないでしょうか。
また、ちょうどグリップを握って親指が来る部分にAFフレーム選択ボタンがあるのが個人的にとても便利だと感じました。ファインダーを覗きながらタッチでフォーカスポイントを移動することも可能なので、お好みに合わせて使用してみて下さい。


Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 焦点距離:45mm(35mm換算:72mm)/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark III


鼻がかゆいのか、フェンスに一生懸命鼻をこすりつけていた猫。なんとも言えない表情が愛らしいです。
このように動物に警戒されずにシャッターが切れるのもコンパクトカメラの醍醐味。特に合焦音とシャッター音を「切」にするとほとんど音がしないので、自分自身の物音にさえ気遣っていれば気付かれることもありません。動物はもちろん、小さいお子さんの撮影や室内の撮影でも活躍しそうです。


Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 焦点距離:15mm(35mm換算:24mm)/ 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark III


最短撮影距離は10cmと、被写体にぐっと寄った撮影も可能としています。


Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 焦点距離:25mm(35mm換算:40mm)/ 絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:160/ 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark III




Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 焦点距離:15mm(35mm換算:24mm)/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark III


バリアングルモニターが搭載されているので、ローアングルでの撮影もお手の物。うまく活用することでより印象的な1枚を生み出すことが出来ます。
…それにしても、この写真を拡大してみてあまりのシャープさに驚きました。描写力は一眼カメラに勝るとも劣りません。素晴らしいの一言に尽きます。


Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 焦点距離:15mm(35mm換算:24mm)/ 絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark III


広角端での撮影ですが、画面の隅々までしっかりと描写されているのが良く分かります。
東京タワーからほど近い場所にあるこちらの公園では、たくさんの外国人観光客の方々が楽しそうに写真を撮っていました。


Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 焦点距離:15mm(35mm換算:24mm)/ 絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark III




Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 焦点距離:36mm(35mm換算:58mm)/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark III


本機を使用していて一番に感じたことは、「光の表現が秀逸である」ということ。
こちらの写真はまるでクロスフィルターを通したかのように綺麗に光芒が伸び、水面の輝きがより強調された1枚となりました。きらきらと輝く水面から広がる青のグラデーションもとても美しいです。


Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 焦点距離:45mm(35mm換算:72mm)/ 絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark III


一日中ずっとカメラを片手にスタンバイした状態で使っていたのにも関わらず、意外にも疲れはほぼ皆無。しっかりとラバーで覆われた安定したグリップのおかげでしょうか。足の疲れとバッテリー残量が許す限り、ずっと撮っていられそうな気さえしました。


Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III

カメラが傍にある「楽しさ」をもたらしてくれる1台。



『Canon PowerShot G1X Mark III』をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
前面のダイヤルにキラリと輝くワインレッドのラインが、Lレンズの赤いリングを彷彿とさせます。中身はもちろんのこと、デザイン面でも前モデルと比べてかなり高級感のある作りとなっていることが良く分かります。高級コンパクトカメラは数多くのメーカーから出ていますが、中でも操作性の面においては頭一つ飛び出ている印象です。
惜しむらくは、バッテリーの持ちがあまり良くないこと。USB給電も可能なので、モバイルバッテリーもしくは予備バッテリーを常備しておくことをおすすめいたします。

写真を撮ることにおいて実際に見たままの感動を写真に表すことはとても難しいですが、本機はその難しさを可能なものへと一歩近づけてくれる1台であると感じました。高級コンパクトは中級者~上級者の方がサブ機として持たれるイメージがありますが、高性能ながらも難しい操作を必要としない本機はぜひカメラ初心者の方にもおすすめしたい1台です。

Photo by MAP CAMERA Staff









マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ




カテゴリー: Canon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:49票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Canon EOS R 495:新たな歴史を作るEOS『Canon EOS R』 2018年10月19日
焦点距離:37mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM Canon EOS R デジタル技術の目覚ましい進歩により、新たなカメラのカテゴリーとして誕生した『フルサイズミラーレス』。いち早くこのジャンルを開拓し、続々と新モデルを登場させるソニーや、国産カメラ創成期から一眼レフを作ってきたニコンもフルサイズミラーレス...
続きを読む
TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 494:これぞ広角ズームのフラッグシップ『TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』 2018年10月08日
焦点距離:30mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 タムロンの人気の超広角ズームレンズ「SP 15-30mm F2.8 Di VU USD」が最新G2シリーズの『SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』として生まれ変わりました。 優れた描写性能に強力な手ブレ補正や速い超音波モーターなど、既に完成の域に達したと思われていたレンズのリニューアルに、どんな進化を遂げたのか、とて...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S 493:進化するNIKKORレンズ『Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S』 2018年10月04日
絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:64 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 35mm F1.8 S Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S 今回のKasyapaでは、大注目のフルサイズミラーレス『Nikon Z7』と共に発売された単焦点レンズ『Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S』をご紹介いたします。 ナノクリスタルコートが施されていることをはじめ、高い品質基準をクリアしたレンズにのみ与えられる「S-Line」という称号。本レンズは現在3本ある...
続きを読む
Canon EF-M32mm F1.4 STM 492:コンパクトなだけじゃない『Canon EF-M32mm F1.4 STM』 2018年09月25日
絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM Canon EF-M32mm F1.4 STM 今回のKasyapaでは、EF-Mレンズとしては初となるF1.4の明るさを持つレンズ『Canon EF-M32mm F1.4 STM』をご紹介いたします。 「F1.4」と聞くと、多くの方が「大きくて重いレンズ」を想像されることでしょう。しかし本レンズは重量僅か235g、全長56.5mm、そして極め付けには6万円に収まるリーズ...
続きを読む
Nikon Z7 +マウントアダプター FTZ 491:Fマウントの資産を次世代に繋ぐ『Nikon Z7 + マウントアダプターFTZ』 2018年09月21日
焦点距離:24mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:64 / 使用機材: Nikon Z7 +AF-S 24-70mm F2.8E ED VR +マウントアダプターFTZ Nikon Z7 with マウントアダプター FTZ 先日、新マウントレンズ「NIKKOR Z 24-70mm F4 S」と一緒に紹介させていただいた『Nikon Z7』。 新しいZシステムの凄さをご理解いただけたかと思いますが、歴史あるFマウントレンズの資産も有効活用したいとお考えの方も多いのではないでしょうか? かく言う筆者もその一人。カメラを始めてか...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |