Select Language




Panasonic(パナソニック)LUMIX DC-G9 PRO 焦点距離:12mm(換算24mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200
使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.

Panasonic LUMIX G9 PRO


パナソニックのフラッグシップ機といえば2017年春に発売されたGH5が記憶に新しいと思います。従来機よりAFや連写性能などの基本性能が進化しただけでなく、一番の強みとも言える動画機能も大幅に強化された機種で、スチルとムービーのハイブリッドカメラという表現がピッタリのフラッグシップ機です。しかし今回新たに発表された『Panasonic LUMIX G9 PRO』はスチルカメラとしてのフラッグシップ機として登場してきました。今までプロ向けの動画機能や動画向けアクセサリーを充実させた反面、ユーザーからは動画カメラのイメージが強くなりすぎた というのが正直なところでしょう。そこを払拭すべく、パナソニックが本気でスチルカメラを作ったのが『Panasonic LUMIX G9 PRO』だと言えます。果たしてどのような撮影性能を持つカメラなのか、そして名前についている“PRO”の意味は感じられるのか、早速撮影に向かいました。

まず初めて『Panasonic LUMIX G9 PRO』を手にしたファーストインプレッションは「よく研究して考えられているな」ということ。マイクロフォーサーズ機なのでもっとボディを小さくすることは可能だと思いますが、握りやすいグリップ、親指が引っかかるホールド性の良さ、両手でカメラを構えた時のボタンの配置、バランス、本体の厚みなど相当考えて作られた印象を受けます。ミラーレス機ではありますが、目指したのは究極の一眼レフの操作性とカメラサイズというところでしょう。
そして撮影した画像も見て驚きました。色彩、立体感、シャープネスなど、今までのパナソニックと全然違うのです。今までのパナソニック機の写真の傾向は、基本の色味があっさりで、ちょっと強調したいと思ってフォトスタイルを変更するとデジタル色が強くなる印象でした。その点から言うと『Panasonic LUMIX G9 PRO』の色には深みがあり、JPEG撮って出しで作品になる色彩表現です。解像感やディテールの表現もより繊細さが増し、上質な写真が撮れるカメラという印象を受けました。


Panasonic(パナソニック)LUMIX DC-G9 PRO 焦点距離:29mm(換算58mm) /絞り:F3.7 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:200
使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.


海辺に停まっていたオープンカーを撮影した一枚。ボディに反射する空と影のグラデーション表現が見事です。今回撮影した写真は全てJPEGでしたが、撮って出しでここまで色とディテールを綺麗に表現できるとは思いませんでした。


Panasonic(パナソニック)LUMIX DC-G9 PRO 焦点距離:25mm(換算50mm) /絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200
使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.


立体感だけでなく、素材それぞれが持つ微妙な色合いまで写し出しているのがわかります。少し失礼な言い方になるかもしれませんが「今までのパナソニックのカメラと全然違う」というのが私の印象です。『Panasonic LUMIX G9 PRO』はメカや機能の強化だけでなく、写真として美しいか否かにまでこだわったカメラです。


Panasonic(パナソニック)LUMIX DC-G9 PRO
焦点距離:36mm(換算72mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:200
使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.


斜光が顕著に現れる季節になってきました。印象的な光になる分、難しさも増します。こちらの写真は一方から強い光を浴びるタワーを撮影した一枚ですが、レンガの一つ一つが確認出来る解像力とシャドウ部の写りに驚きました。この表現はマイクロフォーサーズというセンサーサイズを超えているように思えます。


Panasonic(パナソニック)LUMIX DC-G9 PRO 焦点距離:60mm(換算120mm) /絞り:F8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200
使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.


キットレンズである『Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.』も素晴らしい写りのレンズです。使いやすい倍率というだけでなく近接撮影も得意なので、まさにオールマイティーに使えるレンズと言えるでしょう。本機の性能も相まって、綿毛の繊細な描写など実に見事に表現してくれました。


Panasonic(パナソニック)LUMIX DC-G9 PRO 焦点距離:12mm(換算24mm) /絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:200
使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.






ライバルは、全フラッグシップ機。



前半は表現力について語りましたが、『Panasonic LUMIX G9 PRO』はあらゆる点で驚くべき性能を持つカメラです。まずスライドで出している新幹線の写真ですが、無音・無振動・ブラックアウト無しのAF追従で最大20コマ/秒の高速連写撮影をした写真になります。このスペックを見て「おや?」と感じられた方もいるでしょう。そう、本機にはソニーのフラッグシップ機であるα9と同等の機能が備わっているのです。
そして、ファインダー越しに感じる強力な手ブレ補正機能は約6.5段分。これはライバル機であるオリンパスE-M1 MarkIIと同スペックなのですが、『Panasonic LUMIX G9 PRO』の凄いところはボディ内だけでそれを実現しており、全てのレンズで6.5段分の補正を行えるのです。それは純正レンズだけでなく、マウントアダプターを介して他メーカーのレンズやオールドレンズを付けた時でも強力な手ブレ補正が効くことを意味しており、全てのカメラの中で最強とも言える手ブレ補正機能を搭載しています。
ここまで凄い機能を詰め込んできた事に驚きましたが、実際に使用してみて一番感動したのがファインダーの見易さでした。『Panasonic LUMIX G9 PRO』は約368万ドット有機ELに加え、倍率がなんと0.83倍。アイピースも非常に大きく、見易さは他のフラッグシップ機と比べても最高峰だと断言できます。
他にも約0.004秒の世界最速AFや、8枚の画像を合成して8000万画素相当の高画質写真を撮影出来るハイレゾモード、メカシャッター(電子先幕時)で最大約12コマ/秒の連写性能なども備わっており、『Panasonic LUMIX G9 PRO』は全てのフラッグシップ機を意識して、それを越えるべく作られた一台だと言えるでしょう。


Panasonic(パナソニック)LUMIX DC-G9 PRO絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:200
使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.


マイクロフォーサーズの画質は新機種が出るたびに大幅に向上しているように思えます。センサーサイズで言うとフルサイズの1/4ほどの大きさなのですが、写真を見ただけではもう分からない域にまで達してるように思えます。


Panasonic(パナソニック)LUMIX DC-G9 PRO
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:200
使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.


夕日の光を浴びるE6系。この光も冬の時期ならではです。


Panasonic(パナソニック)LUMIX DC-G9 PRO
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:400
使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.




Panasonic(パナソニック)LUMIX DC-G9 PRO
焦点距離:60mm(換算120mm) /絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200
使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.


噴水の水しぶきを撮った一枚ですが、圧巻の解像力です。パナソニックは機能・性能・画作り、全てにおいて隙の無いカメラを送り出してきました。


Panasonic(パナソニック)LUMIX DC-G9 PRO 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:12800
使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.


最後は高感度性能を見るべく撮影したカット。ISO感度12800での写真です。拡大すれば多少の潰れはあるものの、全体で見た印象は非常にクリアで立体感も損なわれていません。


Panasonic(パナソニック)LUMIX DC-G9 PRO

Panasonicの超本気。



2017年を振り返ってみると、各メーカーから力の入ったカメラが数多く登場した年でした。デジタル技術の進歩に合わせ、カメラの性能も一段上に上がったように思えます。そして、全ての撮影性能が詰め込まれたパナソニックの渾身一台、『Panasonic LUMIX G9 PRO』で2018年の幕が開けます。
今までのLUMIXにGシリーズがありましたが、この『Panasonic LUMIX G9 PRO』は全く別物です。そしてG9の後ろに付いた“PRO”の意味を本機を使って確かに感じることができました。プロやハイアマチュアが納得出来る一台、任せられる一台として十分な性能を持ったカメラです。
2018年1月25日に発売を予定している『Panasonic LUMIX G9 PRO』ですが、来年は世界初のミラーレス一眼カメラであるLUMIX G1の誕生から10周年という節目の年になります。きっと『Panasonic LUMIX G9 PRO』はその記念すべき年に発売される特別なカメラとしても開発されたのでしょう。メーカーの本気を感じた素晴らしい一台でした。

Photo by MAP CAMERA Staff









マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ




カテゴリー: Panasonic   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:123票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S 498:バランスの取れた逸品『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S』 2018年11月08日
焦点距離:49mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:450 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F4 S Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S 先月の終わりごろに10日間ほどプライベートで海外旅行に行く予定があり、何の機材を持っていこうかと考えに考え抜いた結果、発売したばかりの『Nikon Z7』と『NIKKOR Z 24-70mm F4 S』を持っていくことにしました。 このセットにした決め手としては、やはりそのコンパクトさ。そ...
続きを読む
SONY FE 24mm F1.4 GM 497:広角レンズの概念を覆す1本『SONY FE 24mm F1.4 GM』 2018年10月28日
絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 使用機材:SONY α7RIII + FE 24mm F1.4 GM SONY FE 24mm F1.4 GM 今回のKasyapaでは『SONY FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM』をご紹介いたします。 解像力とボケ味が両立された、ソニー最高峰のレンズだけに与えられる称号「G Master」。本レンズはそのシリーズの8本目にあたります。今までソニー純正の単焦点レンズラインナップに広角レンズは無かったので、本レンズ...
続きを読む
Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 496:手持ち撮影が楽しめる500mm単焦点『Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR』 2018年10月22日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:400 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR Nikon AF-S NIKKOR 500mm F5.6E PF ED VR カメラを長く使っていると自然とインプットされてしまう先入観。その代表例が「超望遠レンズは大きくて重い」というイメージではないでしょうか? 最近ではマイクロフォーサーズなど、センサーの小型化により軽量なシステムも増えてきましたが、フルサイズ用の500mmレンズとなると、最低でも2〜3Kgは覚悟しなくてはならないのが現状...
続きを読む
Canon EOS R 495:新たな歴史を作るEOS『Canon EOS R』 2018年10月19日
焦点距離:37mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM Canon EOS R デジタル技術の目覚ましい進歩により、新たなカメラのカテゴリーとして誕生した『フルサイズミラーレス』。いち早くこのジャンルを開拓し、続々と新モデルを登場させるソニーや、国産カメラ創成期から一眼レフを作ってきたニコンもフルサイズミラーレス...
続きを読む
TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 494:これぞ広角ズームのフラッグシップ『TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』 2018年10月08日
焦点距離:30mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 タムロンの人気の超広角ズームレンズ「SP 15-30mm F2.8 Di VU USD」が最新G2シリーズの『SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』として生まれ変わりました。 優れた描写性能に強力な手ブレ補正や速い超音波モーターなど、既に完成の域に達したと思われていたレンズのリニューアルに、どんな進化を遂げたのか、とて...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |