Select Language

Canon (キヤノン) EF70-200mm F4L IS II USM 焦点距離:167mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF 70-200mm F4L IS II USM

Canon EF 70-200mm F4L IS II USM


蛍石、赤いライン、白く塗られた鏡胴。キヤノンユーザーのみならず、全てのカメラユーザーにとって“白レンズ”は特別な存在と言えるかもしれません。街中やフィールドで“白レンズ”を付けたカメラを目にすると、ついつい意識してしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。今回のKasyapaはそんな“白レンズ”の最新作『Canon EF70-200mm F4L IS II USM』をご紹介いたします。

ロングセラーとなった今までのモデルからなんと約12年ぶりのリニューアルを果たした本レンズ。カタログ上での見た目では大きな変更点が感じられない印象でしたが、実際の『Canon EF70-200mm F4L IS II USM』を手にしてみると、より白くなった鏡胴の色、67mmから72mmへ変更になったフィルター径、レンズ名が前玉プレートへ印字になったなど、現代のLレンズの基準に合わせて作り込まれているのが分かります。そして何より一番驚いたのはシャッターを切ってから。開放F4なので安定した描写は期待していたのですが、まぁ良く写る。シャープネスが高く、コントラストも良好、色収差による滲みを微塵も感じさせないクリアな描写です。初めての“白レンズ”としても選びやすい『Canon EF70-200mm F4L IS II USM』ですが、その性能はプロも納得できるハイクラスレンズそのものです。


Canon (キヤノン) EF70-200mm F4L IS II USM 焦点距離:82mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200
使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF 70-200mm F4L IS II USM


私のイメージだとキヤノンレンズの写りはコントラストが高く、場合によってはシャドウを持ち上げて写真を作っていたのですが、本レンズと『EOS 6D Mark II』の組み合わせは非常に階調表現が豊かな印象を持ちました。影は影として写し出し、その中にある色やディテールもしっかり捉えてくれます。


Canon (キヤノン) EF70-200mm F4L IS II USM 焦点距離:200mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:800
使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF 70-200mm F4L IS II USM


今回は動物園へ撮影に出かけたのですが、話題の子パンダは70分待ちの長蛇の列。しかたなく諦めて園を回っていると可愛いゴリラの子供が居ました。
動物園に撮影を行ったことのある方は分かると思いますが、各ケージごとに露出が大きく異なり、カメラ任せの露出だけでは難しいシーンも多々あります。その際にキモとなるのが開放での描写力。絶対的なシャッタースピードを稼ぐため開放で撮影する状況も多くなるのですが『Canon EF70-200mm F4L IS II USM』はF4から被写体をリアルに、そして印象的に写し出してくれるレンズだと感じました。


Canon (キヤノン) EF70-200mm F4L IS II USM 焦点距離:84mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:800
使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF 70-200mm F4L IS II USM





Canon (キヤノン) EF70-200mm F4L IS II USM 焦点距離:200mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200
使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF 70-200mm F4L IS II USM


全てが一新した、F4白レンズ。



申し分のない描写力と抜群の機動性を兼ね備えた『Canon EF70-200mm F4L IS II USM』。しかし、12年の時を経ての進化はそれだけではありません。まずレンズ内手振れ補正が大幅に強化され、その効果はなんと5段分。テレ端200mmの撮影でもファインダー内の像がピタリと止まる素晴らしい効きの良さです。また、従来のレンズを使用してきた方が気になるであろうISの作動音ですが、本レンズからはジージーとした音は聞こえてきません。おそらく機械的な構造が従来機と比べて大きく変わったのでしょう、最新のテクノロジーを搭載したレンズへと生まれ変わりました。
その他にも本レンズの光学性能を活かすためフレア・ゴーストの発生を低減させるレンズコーティングの見直しと、汚れや埃がすぐに拭き取れるフッ素コーティングが施されており、よりフィールドで使用するプロ機材へと進化をしました。
キヤノンが本気で作ったF4通しレンズ、それが『Canon EF70-200mm F4L IS II USM』です。


Canon (キヤノン) EF70-200mm F4L IS II USM 焦点距離:70mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF 70-200mm F4L IS II USM





Canon (キヤノン) EF70-200mm F4L IS II USM 焦点距離:178mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160
使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF 70-200mm F4L IS II USM


今までのレンズと比べ最短撮影距離が0.2m短くなり、被写体との距離が1mから撮影できるようになりました。そのことにより被写体を大きく写せるだけなく、アウトフォーカスのボケ味もより際立たせて撮影することができます。


Canon (キヤノン) EF70-200mm F4L IS II USM 焦点距離:100mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200
使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF 70-200mm F4L IS II USM





Canon (キヤノン) EF70-200mm F4L IS II USM 焦点距離:70mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF 70-200mm F4L IS II USM


『Canon EF70-200mm F4L IS II USM』は全焦点域で素晴らしい描写性能を見せてくれるレンズです。コントラストが織り成す立体感のある写りは、まるで単焦点Lレンズで撮影したかのような写りです。


Canon (キヤノン) EF70-200mm F4L IS II USM 焦点距離:200mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200
使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF 70-200mm F4L IS II USM





Canon (キヤノン) EF70-200mm F4L IS II USM
焦点距離:70mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200
使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF 70-200mm F4L IS II USM


F5.6で解像力はほぼピークに達している印象を受けます。緻密な描写が本当に見事です。


Canon (キヤノン) EF70-200mm F4L IS II USM 焦点距離:200mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200
使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF 70-200mm F4L IS II USM





Canon (キヤノン) EF70-200mm F4L IS II USM

妥協のない作り、キヤノンの本気を感じた一本。



近年のデジタルカメラの性能向上は目覚ましく、それに応じてレンズに対する要求もシビアになってきています。他メーカーも含めですが、ここ最近に発売されたレンズは今の高画素機だけでなく、“これから”を見据えた性能で作られている印象がありました。それは『Canon EF70-200mm F4L IS II USM』にも言えることで、現在の70-200mmF4通しレンズで出来ることを全て入れてきた印象です。スペック的に機能・性能が高いのはもちろん、なにより仕上がりの写真が美しい。このレンズの一番の魅力はそこだと思います。長い歳月を経てのモデルチェンジではありましたが、その進化に納得のできる一本です。キヤノンの本気を感じる素晴らしいレンズでした。

Photo by MAP CAMERA Staff







マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ



[Category: Canon|掲載日時:2018年06月28日 02:30:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!57票


Canon EOS 90D

536:APS-C一眼レフの完成形『Canon EOS 90D』[2019年09月21日]

焦点距離:50mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:1600 / 使用機材:Canon EOS 90D + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM CanonEOS 90D ミラーレスカメラが普及し始めた現在、Canonから新しい一眼レフカメラが登場しました。それがAPS-C一眼レフEOS 80Dの後継機として登場したAPS-C一眼レフEOS 90Dです。 EOS 80Dが発売されたのは2016年3月。3年の時を経て誕生したEOS 90Dは格段に進化したカメラとなっています。有効画素数は2420万画素から3250...
続きを読む
Canon RF85mm F1.2L USM

527:絶対的な性能を持つ中望遠『Canon RF85mm F1.2L USM』[2019年06月28日]

絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF85mm F1.2L USM CanonRF85mm F1.2L USM キヤノンがフルサイズミラーレス機に参入し、新マウントの特徴として選んだのがRF用Lレンズという強力な武器。銘玉24-105mmを継承したズームレンズと弩級のF2通し28-70mmズーム、そして50mm F1.2という誰しもが憧れるラインアップを初期から登場させ、フルサイズミラーレスに対するキヤノンの本気を世界に知らしめました。今回はそこに...
続きを読む
Canon EOS RP

515:必要なものだけをよりコンパクトに『Canon EOS RP』[2019年03月15日]

焦点距離:35mm / 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS RP + RF35mm F1.8 MACRO IS STM CanonEOS RP キヤノンから第二のフルサイズミラーレス一眼カメラ『EOS RP』の登場です。 ソニーやニコン、そしてまもなく発売されるパナソニックもフルサイズミラーレス機のスタートは、ほぼ同じデザインの筐体に画素数の異なる2モデルを同時発表というスタイルでした。一方キヤノンはまず、オンリーワンとなる「EOS R」販売後...
続きを読む
Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM

500:バランスの取れた万能レンズ『Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM』[2018年11月21日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 記念すべき500回目となる今回のKasyapaでは、キヤノンのフルサイズミラーレス『EOS R』に装着できる単焦点レンズ『RF35mm F1.8 マクロ IS STM』をご紹介いたします。 EOS Rと時を同じくして発売されたRF50mm F1.2L USM、RF24-105mm F4L IS USMと比べてコンパクトなこちらのレンズ。リーズナ...
続きを読む
Canon EOS R

495:新たな歴史を作るEOS『Canon EOS R』[2018年10月19日]

焦点距離:37mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM Canon EOS R+ RF24-105mm F4L IS USM デジタル技術の目覚ましい進歩により、新たなカメラのカテゴリーとして誕生した『フルサイズミラーレス』。いち早くこのジャンルを開拓し、続々と新モデルを登場させるソニーや、国産カメラ創成期から一眼レフを作ってきたニコン...
続きを読む