Select Language

SONY FE 400mm F2.8 GM OSS 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS

SONY FE400mm F2.8 GM OSS



SONYの超望遠フラッグシップレンズ『FE400mm F2.8 GM OSS』が発売されました。
超望遠レンズとは言え、軽量なミラーレスカメラに最適化されたレンズというイメージが先行していたので、届いたダンボール箱の大きさにビックリ!一瞬開けるを躊躇うサイズです。
しかし箱を持ち上げてみると、見た目からの想像を裏切る軽さ。専用のアタッシュケースから出したレンズ自体は2895gしかなく、普段一眼レフを使用している筆者にとっては、まさに驚愕の軽さです。

まず撮影に向かったのは今回も羽田空港。他機材の撮影でも訪れている展望デッキでの撮影では、勝手がつかめている分、機材の感触の違いをすぐに感じ取ることができます。
大きさを感じさせない重さと、素早いレスポンスは実に快適。ウエイトバランスにだけ注意すれば、三脚無しでもワンシーンを十分に構え続けられます。 そしてこれまで撮影した写真と見比べなくても分かる、ワンランク上の解像力を体感することができました。


SONY FE 400mm F2.8 GM OSS 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS


都心部の方向に目をやると、他の機体とは違った色使いの飛行機の姿を発見。望遠鏡としても優秀な400mmで覗いてみると、映画のキャラクターデザインを施したラッピング機でした。
少し霞みがかった空でしたが、東京港のクレーンやお台場の観覧車、汐留のビル群の姿もしっかり確認できます。
スポーツなどのシーンで活躍する400mmレンズですが、重量という枷がなくなれば、風景撮影など幅広いシーンでも用いられることでしょう。


SONY FE 400mm F2.8 GM OSS 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS


数分後、先ほどのラッピング機が到着。珍しい機体をより鮮明に捉えることができました。意外と多彩な色が使われていたことに驚きます。機体の細かな凹凸まで捉える高い解像力がよく分かります。


SONY FE 400mm F2.8 GM OSS 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS


空港での撮影を終え次の撮影地へ。東京駅で乗り換える際、新幹線ホームを覗いてみました。
少しづつ秋を感じられるようになったとはいえ強い日差し。白い車体に落とす影が露出合わせを悩ませます。そんなカメラ泣かせのシチュエーションでも、最適な設定で見たままに切り取ってくれました。


SONY FE 400mm F2.8 GM OSS 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS


上野公園の不忍池では蓮の花が見頃を迎えていましたが、到着時間が遅かったため花は蕾状態。
近づくことの難しい水生植物ですが、超望遠レンズは簡単に手元まで引き寄せることができ、その質感を十分に堪能することができます。大きな柔らかいボケ味も綺麗です。
超望遠というスペックばかりに気を取られていましたが、本レンズはボケ味にもこだわった「G Master」レンズ。とろけるように徐々にぼけていく理想的なボケ像を実現しています。


SONY FE 400mm F2.8 GM OSS 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS


少しでも涼しい場所を求めてか、スワンボートもフル稼働。カラフルなスワンをコントラスト高く鮮やかに描いてくれます。


SONY FE 400mm F2.8 GM OSS 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS


公園のベンチ下で日差しを避けている猫を発見。カメラを向けると一瞬、警戒する仕草を見せましたが最短撮影距離2.7mのレンズは近くに寄りたくとも寄れないため逃げられずにすみました。これ以上近づいたらすぐに逃げるぞ。という気配をしっかり捉えいます。
ソニーのカメラといえばより正確なピント合わせをする瞳AFが有名です。他の方の話を聞く限り、人間以外の瞳を認識するのは稀なようですが、ちょび髭柄を真正面から捉えたおかげで運良く認識。瞳孔が細くなっている独特の瞳も綺麗に捉えることができました。


SONY FE 400mm F2.8 GM OSS 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS



SONY FE 400mm F2.8 GM OSS 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS +SEL14TC


最後にテレコンバーターを使用したカットも紹介します。こちらは1.4倍の「SEL14TC 」を使用して560mmまで拡大したカットです。
頭上を越えていく機体に合わせ、180度カメラを振り回しましたが、AFは喰らいついたまま。画質もテレコンバーター未使用時と比較しても甘さは感じられない高画質です。


SONY FE 400mm F2.8 GM OSS 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS +SEL14TC


撮影日は風が強くカメラを構えるのも一苦労。東京湾を監視する巡視艇も大きく揺れていましたが、素早いピント合わせは迷いなく一瞬です。もちろん強力な手ぶれ補正の恩恵も忘れることはできません。


SONY FE 400mm F2.8 GM OSS 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:125 / 使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS +SEL20TC


続いて2倍の「SEL20TC」を使用して800mmまで拡大したカットを。
最初に訪れた羽田空港で一緒に撮影したものでは、他のカットと比べると若干コントラストが低下した印象を受けます。本カットでは離陸の動きに合わせて左右にカメラを振りながら連写しましたが、一瞬機体を見失うシーンも見られました。


SONY FE 400mm F2.8 GM OSS 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS +SEL20TC


線路を走る列車は撮影位置を事前に決めることができるため、あらかじめ付近に測距枠を配置しておけば800mmでもしっかり捉えてくれます。結果1.4倍のテレコンより慎重に撮る必要があると感じました。


SONY FE 400mm F2.8 GM OSS



大幅な軽量化に成功した「400mm F2.8」。ようやく超望遠レンズでも軽量なミラーレス機の恩恵を受けられるようになりました。軽さだけでなく描写もトップクラス。プロユースレンズに相応しい仕上がりです。
ライバルメーカーもフルサイズミラーレス機を発表し、ますます熱を帯びるシェア争い。専用レンズのラインアップの充実と軽量化で一歩先に出たソニーが、後続を突き放す新製品を投入。ますます機材選びが楽しくなりました。


Photo by MAP CAMERA Staff














マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ

[Category: SONY|掲載日時:2018年09月21日 02:00:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!43票


SONY α9II

546:そのスピードの虜となる『SONY α9II』[2019年11月04日]

焦点距離:46mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:12800 / 使用機材:SONY α9II + FE 24-70mm F2.8 GM SONYα9II ミラーレスカメラの弱点とも言われていた動体撮影を高い技術で克服し、プロのニーズに応えた「SONY α9」の登場が2017年5月。それから約2年半の歳月を経て、さらにブラッシュアップされた「α9II」がデビューしました。 α9IIといえば、圧倒的なスピード。データ量の多いフルサイズ機にもかかわらず、連写をはじめとした...
続きを読む
SONY α6600

545:機動力を写真の力に『SONY α6600』[2019年11月03日]

焦点距離:16mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α6600 + E 16-55mm F2.8 G SONYα6600 次々と新たな技術を投入し、カメラの未来を大きく変えてきたソニーのα。その中でもα6000シリーズは高性能と軽快さを両立させたAPS-Cミラーレス機で、パパカメラから写真趣味のハイアマチュア、プロのサブ機まで幅広いユーザーから支持されています。そんな人気シリーズの最上位機種がついにモデルチェンジしました。今回のKasyap...
続きを読む
SONY α7R IV

534:これが6100万画素の画質力『SONY α7R IV』[2019年09月08日]

焦点距離:20mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:0.4秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R IV + FE 16-35mm F2.8 GM SONYα7R IV 人気のフルサイズミラーレスカメラを牽引するソニーからまた凄い製品が登場しました。高精細シリーズ「R」の4代目『α7R IV』は、従来機の有効4240万画素から6100万画素へと一気に高画素化されました。 中判サイズの5000万画素カメラが登場した際に、35mmサイズセンサーの限界が見えた気がした筆者にとっては、まさに晴天の霹靂...
続きを読む
SONY FE 35mm F1.8

532:理想のスタンダードレンズ『SONY FE 35mm F1.8』[2019年09月01日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 III + FE 35mm F1.8 SONYFE 35mm F1.8 数多いFEレンズのラインアップの中でもコストパフォーマンスに優れたスタンダードシリーズはFE 50mm F1.8、FE 85mm F1.8とありましたが、広角側の35mmが遂に追加され、スナップからポートレートまで幅広い撮影に対応できるようになりました。今回のKasyapaは多くの方が待ち望んでいた1本、『SONY FE 35mm F1.8』のご紹介です。 ...
続きを読む
SONY RX100M7

531:コンパクトの新境地『SONY Cyber-shot DSC-RX100M7』[2019年09月01日]

焦点距離:9mm (約24mm)/ 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY DSC-RX100M7 SONYCyber-shot DSC-RX100M7 躍進するα7シリーズと並行して、RXシリーズも代を重ねるごとにファンが増えているカメラです。従来のコンパクトカメラのサイズを維持しながらも、その性能は最新のミラーレス機並み。鮮明な内蔵EVFを覗き込みながらシャッターを切れば、1インチセンサーとは思えない高画質とレスポンスの良いAF性能に誰しもが驚くは...
続きを読む