Select Language

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM

Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM

記念すべき500回目となる今回のKasyapaでは、キヤノンのフルサイズミラーレス『EOS R』に装着できる単焦点レンズ『RF35mm F1.8 マクロ IS STM』をご紹介いたします。

EOS Rと時を同じくして発売されたRF50mm F1.2L USM、RF24-105mm F4L IS USMと比べてコンパクトなこちらのレンズ。リーズナブルながらも最大撮影倍率0.5倍のハーフマクロ撮影も出来るとのことで、とても使い勝手の良いレンズとなっています。

早いもので、街はクリスマスムード一色。冒頭の写真はツリーのオーナメントを捉えた1枚ですが、オーナメントに施されているラメやスパンコールが美しい玉ボケとなり画面を彩ってくれました。

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM

やはり明るいレンズは撮影の幅がぐっと広がります。
明るいだけでなくマクロ機能も付いているため、RF24-105mm F4L IS USMと合わせて手に入れてもしっかりと使い分けられますし、RF50mm F1.2L USMは欲しいけど少し値段と重さが気になる…という方にも響く本レンズ。発売前から注目されていましたが、今後もどんどん人気が出てくるのだろうなと感じます。

絞り:F5 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM

開放からしっかりと解像してくれますが、少し絞ることでさらにそのシャープさが際立ちます。

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM

植え込みにぐっと寄って撮影をした1枚。スッと溶けるような美しい前ボケに感動してしまいました。

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM

Canon (キヤノン) RF35mm F1.8 マクロ IS STM
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM

絞り開放とはいえ、少し離れた場所から撮ったためパンフォーカス気味の画になってしまうかと思いきや、想像以上に背景をぼかしてメインの花壇の花を強調してくれました。周辺の光量落ちが多少見られますが、気になるほどではありません。

Canon (キヤノン) RF35mm F1.8 マクロ IS STM
絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM

ガラス越しとは思えないほどの精細な写り。35mmは遠景も近景も得意とする万能な焦点距離です。

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM

絞り:F8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM

本レンズには『EW-52』というレンズフードがありますが、今回のKasyapaではすべてレンズフード無しで撮影した写真を掲載しています。フードが無くてもフレアやゴーストが気になるようなことはなく、快適に撮影を楽しむことが出来ました。
ただ、小さくて軽いレンズなので保護という意味でフードの装着はおすすめします。

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM

最短である17cm付近でのピント合わせはなかなかシビアですが、角度ブレとシフトブレを補正するハイブリッドISが搭載されているため、風に揺れる葉っぱも手持ち撮影で捉えることが出来ました。

Canon (キヤノン) RF35mm F1.8 マクロ IS STM

バランスの取れた万能レンズ

どうですか、このEOS Rとのマッチ感。まさにスナップ撮影にもってこいのベストバランスです。シンプルかつスタイリッシュな外観は、撮影者の所有欲をも満たしてくれる逸品であると言っても過言ではないでしょう。良い意味で、このレンズが6万円台だとはとても思えません。(※2018年11月20日現在のマップカメラの価格です)

美しいボケ味もさることながら、AFの速度・精度も抜群。EOS Rをお持ちの方、そして購入を検討されている方にはぜひ一度お試しいただきたいレンズです。


Photo by MAP CAMERA Staff




マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ



[Category: Canon|掲載日時:2018年11月21日 04:30:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!42票


TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD

537:毎日持ち歩きたくなる超広角ズーム『TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD』[2019年09月24日]

焦点距離:17mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 露出補正:+1 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD TAMRON17-28mm F2.8 DiIII RXD 超広角ズームレンズ『TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD』は、ズーム全域でF2.8と明るいにもかかわらず、軽量コンパクトに仕上がっています。首から下げて散歩するのも苦になりません。特に街撮りや旅行などで幅広く活躍してくれそうです。SONYのフルサイズ機に対応しているので、...
続きを読む
Canon EOS 90D

536:APS-C一眼レフの完成形『Canon EOS 90D』[2019年09月21日]

焦点距離:50mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:1600 / 使用機材:Canon EOS 90D + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM CanonEOS 90D ミラーレスカメラが普及し始めた現在、Canonから新しい一眼レフカメラが登場しました。それがAPS-C一眼レフEOS 80Dの後継機として登場したAPS-C一眼レフEOS 90Dです。 EOS 80Dが発売されたのは2016年3月。3年の時を経て誕生したEOS 90Dは格段に進化したカメラとなっています。有効画素数は2420万画素から3250...
続きを読む
SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN

535:超広角ズームの理想形『SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN』[2019年09月16日]

焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:6400 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN SIGMAArt 14-24mm F2.8 DG DN 待望のフルサイズミラーレス専用レンズがシグマから発売となりました。フルサイズミラーレス機の魅力を最大限に活かすためには高性能なレンズシステムのラインナップが増えることはとても嬉しいことです。今回のKasyapaでは『SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN』をご紹介いたします。 ミラー...
続きを読む
SONY α7R IV

534:これが6100万画素の画質力『SONY α7R IV』[2019年09月08日]

焦点距離:20mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:0.4秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R IV + FE 16-35mm F2.8 GM SONYα7R IV 人気のフルサイズミラーレスカメラを牽引するソニーからまた凄い製品が登場しました。高精細シリーズ「R」の4代目『α7R IV』は、従来機の有効4240万画素から6100万画素へと一気に高画素化されました。 中判サイズの5000万画素カメラが登場した際に、35mmサイズセンサーの限界が見えた気がした筆者にとっては、まさに晴天の霹靂...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 85mm F1.8 S

533:Zシリーズ待望の中望遠『Nikon NIKKOR Z 85mm F1.8 S』[2019年09月06日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:320 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 85mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 85mm F1.8 S ニコンからZシリーズの新レンズ『NIKKOR Z 85mm F1.8 S』が発売されました。ニコン独自の設計指針と品質管理をさらに厳格化したNIKKOR Zレンズの中でも、さらに高いレンズ基準を満たす「S-Line」のレンズです。 これまでに発売されている「35mm F1.8」と「50mm F1.8」はいずれも優秀な写りを披露してくれました。同じF1.8の...
続きを読む