Select Language




焦点距離:188mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM

SIGMASports 70-200mm F2.8 DG OS HSM

8年以上の時を経て、SIGMAの70-200mmがリニューアルを果たしました。その名も『SIGMA Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM』。これでSIGMAのNew Product Lineにおいて、大三元レンズが全て揃ったことになります。

Artラインである14-24mm、24-70mmとは異なり、Sportsラインでの登場となった本レンズ。なぜArtラインではないのだろう、と発表されたときに思ったのは私だけではないはずです。しかし、70-200mmを使うシーンを改めて考えてみると、車や鉄道、動物など動体が多いことに気付かされました。
なんにせよシグマのレンズであることに変わりはありませんから、描写性能は折り紙付き。それに加えてSportsラインならではのカスタマイズ性、機能面の充実さが加わるとなるとまさに怖いものなしです。AF性能も素晴らしく、狙った被写体に瞬時にピントを合わせて逃しません。

冒頭の写真はイチョウ並木を捉えた1枚。イチョウは散ったあとも黄金色のじゅうたんになって私たちを楽しませてくれます。目の前に広がる美しい光景に、私以外にもたくさんの人がカメラを構えて撮影を楽しまれていました。
また、約1.8kgあるレンズの重量をものともしない非常に強力な手振れ補正機能が搭載されているおかげで、今回の撮影でブレによる没カットは一枚もありませんでした。ピタッとフォーカスが決まる気持ち良さ。これはぜひ実際に体感していただきたいポイントです。

焦点距離:190mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM

シグマのレンズなのでもはや言うまでもありませんが、フレアやゴーストにもとても強く、安心して撮影を行うことが出来ます。シグマのレンズだから絶対に良いものが撮れる、という安心感と信頼性。それらがあるからこそ私たちシグマユーザーは、撮ることだけに集中が出来るのです。

焦点距離:155mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM

焦点距離:200mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:400 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM

池に紅葉が落ちる瞬間を捉えた1枚です。落ち葉から広がる波紋、そして水の表現。画面のどこを見ても隙のない美しい写り。シグマのレンズで写真を撮っていると、神経がどんどんと研ぎ澄まされていくような感覚を覚えます。撮影者の感性を最大限に引き出してくれる、シグマのレンズ。今まで何度その描写力に助けられたか分かりません。

焦点距離:200mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM

望遠レンズで何を撮ろうと思った時に、真っ先に思いついたのが動物園でした。動物を写真に収める上で煩わしい柵の存在を物ともせず、美しい1枚を残してくれる。明るい望遠レンズだからこそ撮ることの出来る1枚がそこにはあるのです。

SIGMA (シグマ) Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM
焦点距離:110mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM

真ん中あたりにある葉にピントを合わせましたが、手前のボケも奥のボケも非常に滑らかです。

SIGMA (シグマ) Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM
焦点距離:200mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM

じっとこちらを見つめる、シロフクロウの大きな瞳。拡大して見てみると、折り重なる羽根の1本1本まで緻密に描写してくれていることが分かります。

焦点距離:200mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM

焦点距離:190mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM

焦点距離:70mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM

ワイド端なら風景写真はもちろんスナップ写真もこなしてくれます。オールラウンドに使える、とシグマも謳っているように、様々なシーンで活躍してくれる頼もしい1本です。

焦点距離:200mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM

焦点距離:190mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM

焦点距離:200mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM

焦点距離:87mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM

本レンズには全方向の流し撮りに対応するIntelligent OSが搭載されています。レンズ側面についているOSのスイッチをモード2にすることでその効果が発揮されますが、恥ずかしながら普段動体をあまり撮り慣れない私でも難なく流し撮り撮影を行うことができました。上の写真は一般の車道で撮影をしたので少しスピード感が物足りないですが、レースや列車の撮影ではさらに勢いのある撮影を楽しめること間違いありません。

SIGMA (シグマ) Sports 70-200mm F2.8 DG OS HSM

究極のオールラウンダー

本レンズにはマグネシウム合金を採用したしっかりとした三脚座が備え付けられており、アルカスイスタイプの雲台、クランプに直接装着することが出来ます。レンズの鏡筒もマグネシウム合金が使われていて、さらにはカスタムスイッチをはじめ随所に防塵・防滴のためのシーリング加工が施されているという、まさにプロフェッショナルのための完璧な仕様。一切の妥協を許さない徹底した作りであることが、レンズを手に取ると良く分かります。

今年もシグマから様々なレンズが発売・発表されましたが、中でも一番驚いたのがLマウントアライアンスの発表ではないでしょうか。まだまだシグマから登場する予定のカメラやレンズの情報は明らかになっていませんが、今から楽しみでなりません。来年はきっと今年よりもずっとシグマの名を目にすることが多くなるでしょう。


Photo by MAP CAMERA Staff




マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ




カテゴリー: SIGMA   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:40票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 523:新時代の万能レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』 2019年04月29日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7RIII +Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF(ソニーE用/フルサイズ対応) Carl ZeissBatis 40mm F2 CF 今回ご紹介するのは、昨年2018年の11月に発売されたカールツァイスの標準レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』。メーカーの製品説明の言葉を拝借すれば、「新時代の万能レンズ」として常に高い人気を誇る本製品ですが、その高い人気の理由は一体どこにあるのでしょうか。今回、幸運...
続きを読む
522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 2019年04月21日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + FE 135mm F1.8 GM SONY  FE 135mm F1.8 GM ソニーがフルサイズミラーレス機という新たなジャンルを開拓して早5年半。初めは「専用レンズが少ない」と言われていたラインアップも充実し、今では最もレンズ選びが自由なマウントへと成長しました。そんな中、唯一ユーザーが未だ手放せないAマウントレンズがあります。それは『Sonnar T*135mm F1.8 ZA』、ボケ味とシャープネスの...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S 521:新次元の標準ズーム『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』 2019年04月20日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S NikonNIKKOR Z 24-70mm F2.8 S ニコンから待望の「Z マウントシステム」対応の大口径標準ズームレンズ『NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』が登場しました。 注目は何と言っても、新次元の光学性能と謳うその画質ですが、手にして最初に驚くのはその小型軽量化された外観です。Fマウントの「AF-S 24-70mm F2.8E ED VR」と比べ約265gの軽量化...
続きを読む
FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR 520:軽快な撮影が楽しめる広角レンズ『FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR』 2019年04月16日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR FUJIFILMXF16mm F2.8 R WR 富士フイルムからコンパクトな広角単焦点レンズ『フジノンレンズ XF16mm F2.8 R WR』が発売されました。 16mm単焦点レンズといえば既に「XF16mm F1.4R WR」がリリースされていますが、新レンズは開放F値をF2.8に抑えたことで、僅か155gという小型軽量化に成功。軽量なミラーレスボディと合わせ、軽快なスタイルでの撮影を...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |