Select Language




Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-S1R
絞り:F9 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100
使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

Panasonic  LUMIX DC-S1R

最初にして最高傑作。ライカ初のM型カメラ『M3』を語るときによく使われる言葉ですが、この撮影で思い浮かんだ言葉がまさにそれでした。今回のKasyapaはパナソニック初のフルサイズミラーレス機『LUMIX DC-S1R』のご紹介です。ミラーレス機の黎明期から業界を牽引してきたパナソニックのLUMIXシリーズ。昨年ライカ、シグマと共にLマウント アライアンスを発表し、フルサイズミラーレス市場への参戦を示しました。その第一弾として発売されたのが『LUMIX DC-S1R』と『LUMIX DC-S1』の2機種なのですが、その驚愕のスペックに世界中のカメラファンが震撼しました。ローパスレス約4730万画素の新型CMOSセンサー(S1R)、耐久40万回のメカニカルシャッター、そして世界最高の電子ビューファインダーと言っても過言ではない約576万ドットの超高精細EVF。パナソニックが初めて作り上げたフルサイズミラーレス機は、他を大きくリードする魅力的なカメラです。

絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100
使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S.

春のコントラストを意識して撮影した一枚。まず使用した瞬間に驚くのがファインダーです。瞳の解像力に迫る576万ドットEVFは、被写体の空気感も伝わる素晴らしい見え方に感動しました。今まで経験したことのない高精細さです。また、搭載された水準器も見やすく、建造物を入れたシーンでも楽に水平をとることができました。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:640秒 / ISO:100
使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S PRO 50mm F1.4

今回の撮影では新レンズを3本持参しました。その中でも気になっていた『LUMIX S PRO 50mm F1.4』でサザンカを撮影した一枚です。全ての50mmレンズをベンチマークにして作られたという最高峰の単焦点レンズ。ピント面の解像力とボケの滑らかさ、歪曲収差、ハイライト部の色収差、周辺のコマ収差など、全て高い次元で満たしているレンズです。
実際に使って見るとすぐに「別格」のレンズであることが感じられました。ファインダーを覗いているだけで、目の前の景色が「特別」に変わるのです。万能なズームレンズも良いですが、このレンズもぜひ手にしていただきたい1本です。

絞り:F9 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100
使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

最新技術と、カメラとしての本質。

大きなレンズに大きなボディ。まるでフルサイズ一眼レフのような出で立ちの『LUMIX DC-S1R』を使用して感じたのはハイパワーなセンサーやEVFを搭載しているにも関わらず、レスポンス良くキビキビと撮影ができる事です。最初は大きいと感じたグリップも、レンズを付けると「なるほど」と納得してしまうバランスの良さ。機能や操作性は今までのLUMIXシリーズで培われてきたノウハウと、様々なカメラを徹底的に研究して作られたのでしょう。ボタン類の配置やメニュー画面の分かりやすさなど、非常に完成度の高い仕上がりです。センサーもマウントも全て新規に作られた『LUMIX DC-S1R』ですが、そのポテンシャルは現在ラインアップされている全てのミラーレス機の中でも最高峰のものです。

Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-S1R
絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100
使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

レトロという言葉が似合う観覧車を撮影した一枚。繊細な空の色やゴンドラのディテールも見事です。

絞り:F5 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:320
使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S.

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:4000
使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S PRO 50mm F1.4

日没後、付近に街灯のない沼の辺りで撮影したカット。電子ビューファインダー越しに見ると肉眼ではほぼ見えなかった水面が、明るく美しく見えます。まさにファインダーの見易さが最大限に活きたシーンです。
暗い場所でもピント面がしっかり確認でき、合焦点からボケていくさまも芸術的。思わず何枚もシャッターを切った瞬間でした。写真はISO 4000と高感度ですがノイズはあまり感じられず、高感度耐性も見事です。

絞り:F8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100
使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S.

望遠ズームの「 LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S.」も使いやすい1本です。重いイメージの望遠レンズですが、実際手にすると「LUMIX S PRO 50mm F1.4」とあまり変わらない印象を受けます。そして解像感もありボケも綺麗です。
重さが苦にならないレンズだからこそ、夕暮れの帰宅時にもレンズは付けっ放し。目の前に広がった夕焼けにも自然とカメラが向いてしまいます。黒く潰れるか潰れないかのギリギリの階調表現を表すことができました。

絞り:F8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:250
使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S.

絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:6400
使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S.

Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-S1R

世界をリードする、渾身のプロフェッショナルモデル。

ライカ品質の高性能レンズ群、その性能を最大限に引き出すセンサーと画像処理エンジン、『LUMIX DC-S1R』はパナソニックが持つ全てのカメラ技術を投入して作られた一台だと感じました。他社と比べるとカメラメーカーとしてまだ歴史が浅いですが、LUMIXのライカレンズを作り続けてきた光学技術と、世界をリードするデジタル技術を持ち合わせたパナソニックの強みと本気を『LUMIX DC-S1R』から感じます。LUMIX Sシリーズは他のフルサイズミラーレスを追従するどころか、リードしていく存在になるでしょう。これからライカ、シグマと共に歩んでいくLマウント アライアンスが非常に楽しみです。


Photo by MAP CAMERA Staff








マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ



カテゴリー: Panasonic   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:55票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 2019年06月20日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 Carl ZeissOtus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE 世界最高性能を謳う「Carl Zeiss Otus」シリーズに望遠域をカバーする『Otus 100mm F1.4』が登場しました。同じクラスのレンズの中でも最高のクオリティを誇るという本レンズ。これまでに発売されたOtusシリーズを振り返ってみても、性能の高さは容易に想像がつき、期待は高まる一方です。 いざ手元に...
続きを読む
525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む
Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 523:新時代の万能レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』 2019年04月29日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7RIII +Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF(ソニーE用/フルサイズ対応) Carl ZeissBatis 40mm F2 CF 今回ご紹介するのは、昨年2018年の11月に発売されたカールツァイスの標準レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』。メーカーの製品説明の言葉を拝借すれば、「新時代の万能レンズ」として常に高い人気を誇る本製品ですが、その高い人気の理由は一体どこにあるのでしょうか。今回、幸運...
続きを読む
522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 2019年04月21日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + FE 135mm F1.8 GM SONY  FE 135mm F1.8 GM ソニーがフルサイズミラーレス機という新たなジャンルを開拓して早5年半。初めは「専用レンズが少ない」と言われていたラインアップも充実し、今では最もレンズ選びが自由なマウントへと成長しました。そんな中、唯一ユーザーが未だ手放せないAマウントレンズがあります。それは『Sonnar T*135mm F1.8 ZA』、ボケ味とシャープネスの...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |