Select Language

焦点距離:94mm(換算:188mm) / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200
使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3

OLYMPUS
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3

陽だまりに春の温かさを感じる今日このごろ、散歩も兼ねて桜を撮りに行く方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節に迷うのが機材選び。歩くから機材を軽くしたい、でも広角も望遠も使って色々な被写体を撮りたい。そうなると必然と2本のレンズを持っていく事になると思うのですが、撮影中のレンズ交換が億劫になってしまい結局望遠ズームはバッグのオモリになってしまう。こんな経験をされた方も多いと思います。そこでお勧めしたいのが今回のKasyapaでご紹介する高倍率ズーム『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3』です。

OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3
焦点距離:31mm(換算:62mm) / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:200
使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3

町や公園を歩き、ふと心に止まった景色をパシャリ。花や緑も増え、カメラを持って歩くには良い季節です。撮影日はソメイヨシノの開花前、ちょうど河津桜が満開の時期でした。この時は別の目的地へ向かっている途中だったのですが、通り道の神社に咲いていた満開の桜に自然と吸い寄せられて撮影した一枚です。

焦点距離:200mm(換算:400mm) / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200
使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3

焦点距離:200mm(換算:400mm) / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:200
使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3

“こう撮りたい”を叶えてくれる

ミラーレス一眼用レンズで16.6倍ズームを実現した『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3』。35mm換算すると24-400mmという焦点域をカバーしながら大きさと重さは500mlのペットボトルより小さくて軽いのが特徴です。本レンズを使用して感じたのは“イメージを全て写真にすることができる気持ち良さ”。普段私は気に入っている35mmか50mmの単焦点レンズしか持ち歩かないのですが、「ここ28mm」「これ撮るなら300mmかなぁ」など画が見えているのに撮影できないフラストレーションを感じることがあります。それがちょっとした出来事だったら良いのですが、例えば偶然が生み出した奇跡的な瞬間とか、その時にしか撮れない美しい景色だった場合の残念っぷりといったらありません。しかし『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3』ならその全てを叶えてくれると言っても過言ではないでしょう。どんなに素晴らしい写真も、撮れないと何も始まらないのですから。

OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3
焦点距離:12mm(換算:24mm) / 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:200
使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3

マイクロフォーサーズレンズの高倍率ズームと聞くとボケ味は期待できないとお思いの方もいるかと思いますが、撮り方次第で滑らかなボケ味も見せられます。この河川敷に転がっていたボールは広角端を開放で、先に載せた菜の花は望遠端の開放で撮影しました。写真を見ただけでは高倍率ズームで撮影したと思えない写りです。

焦点距離:12mm(換算:24mm) / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200
使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3

焦点距離:200mm(換算:400mm) / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200
使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3

焦点距離:94mm(換算:188mm) / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200
使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3

焦点距離:124mm(換算:248mm) / 絞り:F22 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:200
使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3

太陽が雲に隠れてシルエットが綺麗に見えた瞬間をスナップ。雰囲気のある写真が撮れました。広角も望遠も変幻自在な『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3』は、その瞬間瞬間に即対応してくれます。

OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3

作品は撮れないと生まれない。

いつでも好きなように、思い通りの写真が撮れる。『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3』はそう思えるレンズでした。高倍率ズームは便利が故に画質が劣るイメージを持たれている方もいるかと思いますが、どんなに優れた性能のレンズでも写真が撮れなければ意味がありません。フルサイズ一眼レフに400mmの超望遠は素晴らしい写りをしますが、持ち出すには相当の気合と撮影に対する気持ちが求められます。その点、小型軽量なマイクロフォーサーズシステムを生かした『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3』は普段使いに、またはこれからの旅行にぴったりのレンズだと言えます。私の場合なら『M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO』をメインにし、ポケットに本レンズを持って行って旅に出たいなと想像してしまいました。これからの旅行シーズンを前にぜひお勧めしたい一本です。




Photo by MAP CAMERA Staff






マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ



[Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年03月27日 12:10:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!50票


SONY α9II

546:そのスピードの虜となる『SONY α9II』[2019年11月04日]

焦点距離:46mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:12800 / 使用機材:SONY α9II + FE 24-70mm F2.8 GM SONYα9II ミラーレスカメラの弱点とも言われていた動体撮影を高い技術で克服し、プロのニーズに応えた「SONY α9」の登場が2017年5月。それから約2年半の歳月を経て、さらにブラッシュアップされた「α9II」がデビューしました。 α9IIといえば、圧倒的なスピード。データ量の多いフルサイズ機にもかかわらず、連写をはじめとした...
続きを読む
SONY α6600

545:機動力を写真の力に『SONY α6600』[2019年11月03日]

焦点距離:16mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α6600 + E 16-55mm F2.8 G SONYα6600 次々と新たな技術を投入し、カメラの未来を大きく変えてきたソニーのα。その中でもα6000シリーズは高性能と軽快さを両立させたAPS-Cミラーレス機で、パパカメラから写真趣味のハイアマチュア、プロのサブ機まで幅広いユーザーから支持されています。そんな人気シリーズの最上位機種がついにモデルチェンジしました。今回のKasyap...
続きを読む
Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM

544:思い立ったら自在に撮影できる快適なレンズ『Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM』[2019年10月29日]

焦点距離:24mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS RP + RF24-240mm F4-6.3 IS USM CanonRF24-240mm F4-6.3 IS USM キヤノンより、35mmフルサイズミラーレス対応の10倍ズームレンズが発売されました。24mmの広角から240mmの望遠まで、これ1本でカバーできます。ショートバックフォーカスが特徴のRFマウント用にすることで、小型・軽量化を実現。旅行や街撮りをはじめとした幅広いシーンでの活躍が期待できます...
続きを読む
SIGMA fp

543:カメラの新しいカタチ『SIGMA fp』[2019年10月25日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:SIGMA fp + Contemporary 45mm F2.8 DG DN SIGMAfp 衝撃の製品発表から早3ヶ月、ついにこの注目機種が発売されました。今回のKasyapaはポケットサイズのフルサイズミラーレス機、そしてスチルカメラとシネマカメラを融合した全く新しいカメラ『SIGMA fp』のご紹介です。 この『fp』発表の際、「デジタルカメラの脱構築」をキーワードに、スチルカメラ、シネマカメラ、そしてスマートフ...
続きを読む
FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR

542:XFレンズの新しいスタンダード『FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR』[2019年10月25日]

焦点距離:16mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:640 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM X-T3 + XF16-80mm F4 R OIS WR FUJIFILMXF16-80mm F4 R OIS WR 焦点域で選ぶのか、明るさで選ぶのか、多くの方が直面するズームレンズ選びのテーマだと思います。フジフイルムのXFレンズで言えば、通称・大三元レンズに相当する『XF16-55mm F2.8 R LM WR』のF2.8通しズームがあり、焦点距離なら7.5倍のズーム域をカバーできる『XF...
続きを読む