Select Language

焦点距離:18mm(換算28.8mm) / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:2000 / 使用機材:Canon EOS M6 Mark II + EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

CanonEOS M6 Mark II

この瞬間を逃したくない──!そんな思いのある方にピッタリなのが、『Canon EOS M6 Mark II』です。小型軽量だからと侮るなかれ。14コマ/秒の高速連写が、シャッターチャンスを逃しません。初心者が扱うには難しいのではと思われるかもしれませんが、そんなことありません。液晶モニターをタップしてシャッターを切ったり、シャッターを切る前に遡って記録することもできるという、むしろ初心者が頼りにできるカメラなのです。しかも、同時に発売されたEOS 90Dと同じ3250万画素という高画素により、高精細な写真を撮ることができます。そんな『Canon EOS M6 Mark II』を持って出かけてきました。

今回はまず遊園地に行きました。お目当てはこのメリーゴーランド。100年以上前に作られ、世界的に貴重な機械遺産として認定されているそうです。手彫りなので、同じ馬でもひとつひとつ形が異なり、とても凝った作りです。面白いのは、外側から内側へと三層構造になっており、内側に行くほど回転速度が速くなるところ。最初は外側、そして次に内側の座席に乗ってみましたが、速度の速い内側の方がより楽しめたように思います。

焦点距離:57mm(換算91.2mm) / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:5000 / 使用機材:Canon EOS M6 Mark II + EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

射的場のボスはこのクマ。いまにも動き出しそうな表情で、心惹かれました。室内で暗かったのですが、高感度に強い『Canon EOS M6 Mark II』ですから、綺麗に撮影することができました。

焦点距離:29mm(換算46.4mm) / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS M6 Mark II + EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

焦点距離:18mm(換算28.8mm) / 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1250 / 使用機材:Canon EOS M6 Mark II + EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

焦点距離:79mm(換算126.4mm) / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS M6 Mark II + EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

Canon EOS M6 Mark II
焦点距離:150mm(換算240mm) / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:500 / 使用機材:Canon EOS M6 Mark II + EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

うちの家族です。とても人懐っこい猫で、カメラに近付きすぎてなかなか撮らせてもらえません。そこで『Canon EOS M6 Mark II』の連写機能の出番です。連写中もブラックアウトすることないので、猫をフレーミングすることができます。結果、バッチリ撮ることができました。

焦点距離:18mm(換算28.8mm) / 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:2500 / 使用機材:Canon EOS M6 Mark II + EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

新宿の空を見上げると夕焼けが綺麗だったので、急いで都庁の展望室に向かうも、混雑でエレベーターは30分待ち。
展望室に着いた頃には、空の色が変わっていてまさに「マジックアワー」になっていました。夕焼けと赤紫の空がなんともで綺麗だなと思い、広角端で東京の夜景を広く捉えました。
夜景撮影ではカメラを固定して長時間露光が定石ですが、周囲の迷惑にならないよう手持ちで撮りました。小型軽量の当機はこのような状況でも大げさになりすぎることなく、素早く撮影することができます。

Canon EOS M6 Mark II

14コマ/秒の高速連写と小型軽量を両立

このカメラの魅力は、14コマ/秒の高速連写と小型軽量を両立しているところです。その2点が揃うことにより、シャッターチャンスに強くなります。連写に関しては、電子シャッターを使えば30コマ/秒も可能です。遊園地のメリーゴーランドの前で待ち、被写体がまわってくるタイミングで連写したところ、よい瞬間が撮れとても満足できました。小型軽量で邪魔にならず、どこへでも持って行けることも、シャッターチャンスを逃さないことにおいて、最も大事なファクターのひとつです。シャッターチャンスを逃さずきちんとカメラで撮影したい方へお勧めです。



Photo by MAP CAMERA Staff









マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ



[Category: Canon|掲載日時:2019年10月16日 12:30:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!14票


SONY α9II

546:そのスピードの虜となる『SONY α9II』[2019年11月04日]

焦点距離:46mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:12800 / 使用機材:SONY α9II + FE 24-70mm F2.8 GM SONYα9II ミラーレスカメラの弱点とも言われていた動体撮影を高い技術で克服し、プロのニーズに応えた「SONY α9」の登場が2017年5月。それから約2年半の歳月を経て、さらにブラッシュアップされた「α9II」がデビューしました。 α9IIといえば、圧倒的なスピード。データ量の多いフルサイズ機にもかかわらず、連写をはじめとした...
続きを読む
SONY α6600

545:機動力を写真の力に『SONY α6600』[2019年11月03日]

焦点距離:16mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α6600 + E 16-55mm F2.8 G SONYα6600 次々と新たな技術を投入し、カメラの未来を大きく変えてきたソニーのα。その中でもα6000シリーズは高性能と軽快さを両立させたAPS-Cミラーレス機で、パパカメラから写真趣味のハイアマチュア、プロのサブ機まで幅広いユーザーから支持されています。そんな人気シリーズの最上位機種がついにモデルチェンジしました。今回のKasyap...
続きを読む
Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM

544:思い立ったら自在に撮影できる快適なレンズ『Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM』[2019年10月29日]

焦点距離:24mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS RP + RF24-240mm F4-6.3 IS USM CanonRF24-240mm F4-6.3 IS USM キヤノンより、35mmフルサイズミラーレス対応の10倍ズームレンズが発売されました。24mmの広角から240mmの望遠まで、これ1本でカバーできます。ショートバックフォーカスが特徴のRFマウント用にすることで、小型・軽量化を実現。旅行や街撮りをはじめとした幅広いシーンでの活躍が期待できます...
続きを読む
SIGMA fp

543:カメラの新しいカタチ『SIGMA fp』[2019年10月25日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:SIGMA fp + Contemporary 45mm F2.8 DG DN SIGMAfp 衝撃の製品発表から早3ヶ月、ついにこの注目機種が発売されました。今回のKasyapaはポケットサイズのフルサイズミラーレス機、そしてスチルカメラとシネマカメラを融合した全く新しいカメラ『SIGMA fp』のご紹介です。 この『fp』発表の際、「デジタルカメラの脱構築」をキーワードに、スチルカメラ、シネマカメラ、そしてスマートフ...
続きを読む
FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR

542:XFレンズの新しいスタンダード『FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR』[2019年10月25日]

焦点距離:16mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:640 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM X-T3 + XF16-80mm F4 R OIS WR FUJIFILMXF16-80mm F4 R OIS WR 焦点域で選ぶのか、明るさで選ぶのか、多くの方が直面するズームレンズ選びのテーマだと思います。フジフイルムのXFレンズで言えば、通称・大三元レンズに相当する『XF16-55mm F2.8 R LM WR』のF2.8通しズームがあり、焦点距離なら7.5倍のズーム域をカバーできる『XF...
続きを読む