Select Language
Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 絞り:F4.8|シャッタースピード:1/20秒|ISO:800|露出補正:0|使用機材:Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
Nikon1 J1


Nikon 1 J1というカメラは面白い。モードダイヤルには一般的な露出モードであるP/A/S/Mはなく、モーションスナップショット・スマートフォトセレクター・静止画・動画と撮影機能にフォーカスを当てたシンプルな操作系となっている。
この割り当てはエントリーユーザーに向けた配慮となっているため物足りなく感じることもあるかもしれないが、実際に使い始めると露出モードを使いわける必要がないことに気付く。

露出モードP(プログラムオート)でズームレバーの上下で、シャッタースピードや絞りを決めるプログラムシフトが使えるため、基本的な露出モードはPで十分なのだ。高感度でも比較的綺麗に撮れるので、ISO感度オートにしておけば頻繁に設定を呼び出す必要もない。

Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 絞り:F6.3|シャッタースピード:1/640秒|ISO:100|露出補正:-1|使用機材:Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 絞り:F3.8|シャッタースピード:1/125秒|ISO:125|露出補正:-0.3|使用機材:Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 絞り:F5.6|シャッタースピード:1/200秒|ISO:100|露出補正:-0.3|使用機材:Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6

動画モードで静止画を撮影するとアスペクト比16:9で撮影が可能だ。

Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 絞り:F5.6|シャッタースピード:1/250秒|ISO:100|露出補正:0|使用機材:Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6

露出モードの設定から解放されると、あとは構図を決めて撮るだけという実にシンプルなカメラとなる。

Nikon 1の真骨頂はここから。まずは、AFがとにかく速い。一般的なミラーレス一眼のコントラスト検出型とは違い、センサー面上に配置された位相差検出AFが瞬時に被写体を捕らえる(※明るさが十分でない場合はコントラストAFに自動的に切り替わるハイブリッドタイプとなっている)。センサー面上でピントを合わせるため、ピントの位置が正確なのは言うまでもないだろう。

この位相差AFのメリットは一瞬のピント合わせだけではなく、動く被写体にコンティニュアスでピントを合わせ続けることも可能となっている。この小さなボディーでプロ機並みのAF連動の秒間10コマの連写ができる点を評価したい。

Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 絞り:F3.5|シャッタースピード:1/250秒|ISO:100|露出補正:0|使用機材:Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 絞り:F7.1|シャッタースピード:1/800秒|ISO:100|露出補正:0|使用機材:Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6

J1の10メガピクセルの画像と連写を支えるのが大容量バッファメモリだ。J1の場合、JPEGなら約41枚、RAW及びRAW+JPEGの同時記録でも約17枚のバッファメモリが搭載されている。RAW撮影時のバッファ17枚といえば、デジタル一眼レフカメラの上級機に匹敵する余裕のある作りとなっている。
さらに、メディアは高速タイプのUHS-IタイプのSDHCカードに対応しているため、ファイルサイズが大きいRAW撮影がレスポンスよく行える。

そのほか、メニュー操作を含め操作でまごつくことなく、コントロールダイヤルを素早く回してもメニューの反応がよい。冒頭で設定変更をする必要がないと書いたが、設定変更する際もJ1は快適に操作ができることをアピールしておきたい。

スピードと快適さに重きを置いたJ1はスペックの満足度が高く、数年先を見越して作られたカメラなのだろうと実感できる。
コンパクトデジカメからのステップアップや、デジタル一眼レフカメラのサブとしておすすめの一台だ。一度触ってみればその快適さに気付くはず。



Photo by MAP CAMERA Staff
使用機材:Nikon 1 J1+1 NIKKOR VR 10-30mm F3.5-5.6



Kasyapaトップへ戻る"

[Category: Nikon|掲載日時:2012年04月27日 05:40:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!166票


Nikon NIKKOR Z 24mm F1.8 S

541:高解像の明るい広角『Nikon NIKKOR Z 24mm F1.8 S』[2019年10月18日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 24mm F1.8 S 大口径単焦点『Nikon NIKKOR Z 24mm F1.8 S』は、Zマウントで4本目になる開放F値1.8の明るい広角レンズです。高い解像力を誇り、風景・星景やスナップ撮影はもちろんのこと、明るさを活かした室内写真、ボケを活かしたポートレートなど、幅広く楽しむことができます。そんな当レンズを持って、秋口の江ノ島へ行ってきました。...
続きを読む
Canon EOS M6 Mark II

540:14コマ/秒の高速連写と小型軽量を両立『Canon EOS M6 Mark II』[2019年10月16日]

焦点距離:18mm(換算28.8mm) / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:2000 / 使用機材:Canon EOS M6 Mark II + EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM CanonEOS M6 Mark II この瞬間を逃したくない──!そんな思いのある方にピッタリなのが、『Canon EOS M6 Mark II』です。小型軽量だからと侮るなかれ。14コマ/秒の高速連写が、シャッターチャンスを逃しません。初心者が扱うには難しいのではと思われるかもしれませんが、そんなことありません。液晶...
続きを読む
539:ここぞという作品撮りの頼れる相棒『SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN』

539:ここぞという作品撮りの頼れる相棒『SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN』[2019年10月16日]

絞り:F10 / シャッタースピード:30秒 / ISO:160 / 使用機材:SONY α7III + SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN SIGMAArt 35mm F1.2 DG DN シグマが「最高画質の追求」をさらに先鋭化させた大口径単焦点レンズ『SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN』をご紹介します。なんと数々のレンズを生み出してきたシグマにおいて初の開放値F1.2。浅い被写界深度を活かした写真だけではなく、様々な表現に挑戦できるレンズです。 まずは工場夜景の写真から。撮影したのは、夜中の3時...
続きを読む
538:軽装で出掛けるには最適のスナップレンズ『SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN』

538:軽装で出掛けるには最適のスナップレンズ『SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN』[2019年10月16日]

絞り:F4 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応) SIGMAContemporary 45mm F2.8 DG DN 『SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応)』は、シグマが提案する新しいフルサイズミラーレス専用標準レンズです。全てにおいてベストバランスが追求されています。50mmではなく45mmであることに、シグマのこだわりを感じます。 このレンズを手に...
続きを読む
TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD

537:毎日持ち歩きたくなる超広角ズーム『TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD』[2019年09月24日]

焦点距離:17mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 露出補正:+1 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD TAMRON17-28mm F2.8 DiIII RXD 超広角ズームレンズ『TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD』は、ズーム全域でF2.8と明るいにもかかわらず、軽量コンパクトに仕上がっています。首から下げて散歩するのも苦になりません。特に街撮りや旅行などで幅広く活躍してくれそうです。SONYのフルサイズ機に対応しているので、...
続きを読む