Select Language



ERNST LEITZ WETZLAR/ズミクロン50mmF2 (最初期型)

[ Category:Leica|掲載日時:2007年04月19日 20時00分]

 ライカのレンズの中でも代表格の1つといても過言ではないレンズです。 このレンズはそれまで製造されていた「ズミタール」というレンズを元に開発されました。まずはじめに ズミタールのレンズ鏡胴を使用してプロトタイプが作られました(このレンズは市場に出てくることのまず ない博物館クラスのレンズです。超珍品ですよ)。その後1953年に新たなレンズ鏡胴と共に生産された, というのが一般的ですが実際はそれ以前にもズミクロンは製造されていたようなのです。

 この写真のレンズ、シリアルナンバーからおそらく1951年から1952年の間に製造されていたようなのですが、 通常のズミクロンとは大きく違う点が1つあります。硝材(レンズのガラス)が通常のものと大きく異なります。
 通常のものにはパープルのコーティングが入っているのに対し、初期のものには黄色いコーティングが 入っている、というよりはレンズが黄色なのです。実際にレンズを分解して見せてもらったことがある のですが通常のものはガラスの上にコーティングがのっているような感じなのですが、初期のレンズは レンズ自体が「黄色」なのです。

 これは一説によると、はじめズミクロンを製造する際にズミタールとは 異なる新種の硝材が採用されたのですが、これがあまりにも高価な為に量産する際には新たに コストを抑えた別のガラスを使用した、ということらしいのです。しかし、真実は今や謎のままです。
 尚,この高価なガラス、実は放射性物質トリウムを使っていたらしいのです。その結果この特殊なコーティングはモノクロ撮影をすると解像度とコントラストの高い独特の描写力を誇ります。

 こんなレンズ、今じゃあどんなにお金を積んでも絶対作れません。だってぇ、今時、硝材に鉛ですら混ぜることができなくなったのに、放射性物質を使った硝材なんて作れませんもんねぇ。昔の人はすげぇなぁ。

ERNST LEITZ WETZLAR ライカ ズミクロン50mmF2 (最初期型)
1951年~1952年製造? 生産本数 ???

補遺:トリウムレンズの黄色は、トリウムの放射線の影響で経年変色したものです。尚、トリウムレンズの放射線量はフィルムに感光しない程度のごく弱いものです。










[ Category:Leica|掲載日時:2007年04月19日 20時00分]



これ以上古い記事はありません。 記事一覧 次の記事≫

SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む
Canon EOS M5 【Canon】パンケーキとマクロレンズ 2018年07月15日
今回、ランチのお供はこの組み合わせ。 【Canon EOS M5】 【EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM】 ランチはエッグベネディクト。 からの、食後のスイーツは別腹ってことで、、、 女子は好きであろうパンケーキ。 レンズのほうのパンケーキではありません。 ちょっとアップにしたり、背景をぼかしてみたり。 カットして、雰囲気を出してみたり。 ~おいしい角度~を探して食べるのがおろそかになっていました。 このカメラの最大の特徴は、『デュアルピクセルCMOS AF』。 ...
続きを読む
寺街回遊 【Nikon】寺街回遊 2018年07月14日
夕焼けが似合う商店街が有名な街、谷中。 実はお寺の数がとても多い「寺町」としての側面も持っています。 その理由として、江戸時代に江戸城の鬼門に当たる上野に寛永寺というお寺が建てられ、 さらにその後の幕府の政策によって上野に程近い谷中にもお寺が増えていったということです。 今回はそんな谷中界隈を巡ってみました。 日暮里駅からスタートし、谷中霊園に程近いところにあるお寺の門。 時代を経た木材やお札がノスタルジックに写ります。 お寺ではありません...
続きを読む
α7(ICLE-7)+T* FE55mm F1.8 ZA 【SONY】 α7(ICLE-7)+T* FE55mm F1.8 ZA 2018年07月13日
旅行の時は荷物を極限まで軽くしたい。 重い機材を携えて歩きまわる気力・体力なんて既に、無い。 なので、ボディと標準レンズのみ! 初代SONY α7、T* FE55mm F1.8 ZAの組み合わせで、手ブレ補正非搭載だけど、手の小さい自分には薄く軽く持ち易い。 と、いうことで、ぷらぷら徘徊。 私の居住地区には鉄扉なんて皆無。影が好き。 すでに夕暮れ。 気ままにシャッターを切るだけ、ストレスフリー。 旅先での一日は、光の如く過ぎてゆく。 単なる、気になっただけの空間...
続きを読む
本館4階マクロアドベンチャー 本館4階マクロアドベンチャー 2018年07月12日
本日はマップカメラ公式サイトのマクロ特集にちなんで、本館4階で取り扱っているマクロレンズをピックアップしてみました。 SIGMA Art 70mm F2.8 MACRO キヤノン純正マクロは他社製品を含めると様々な選択肢がありますが、70mm焦点距離で独壇場なのがSIGMAのカミソリマクロです。 今回Artシリーズの冠を引っ提げ、光学性能をさらに強化して帰ってきました。 Canon EOS 5D Mark III + Art 70mm F2.8 MACRO 絞りF4/シャッタースピード 1/80秒 インドシナウォータードラゴンを横か...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]