Select Language

レンズ撮り比べ第0回【本館地下】

[ Category: Leica|掲載日時:2012年11月29日 10時00分]
みなさん、こんにちは。本館地下のCHICOです。
新連載の「ライカマウントレンズ撮り比べ」の始まりです。

ライカの標準レンズだけでも、解放F値や年代によって数種類のレンズがありますよね。
それぞれ、どんな写りをするのか、とても気になるのは、私だけではないはずです。
null
ライカレンズで撮影した写真とインプレッションを掲載した書籍も多く出版されていますが、
同じ条件で、複数のレンズを使って撮影し、写りを比べているものはあまりありません。

そこでこのコーナーでは、ライカマウントのレンズ(ライカ以外のものも含めて)で、
毎回「同じ被写体」を撮影した画像を紹介いたします。

ただし、これは「レンズテスト」ではありません。
レンズの性能を分析したり、評価するものではないことを、まずご承知ください。
当店に入荷したものの中から選んだレンズを使用し、
こちらで設定した条件で撮影した「ひとつの撮影例」としてご覧くだい。
皆さん自身の目で見て、いろいろな感想をもっていただければと思います。

撮影場所は、季節や天候、時間帯による変化を受けない、本館地下フロアを選びました。
レンズ名称を書いたハガキ大の厚紙を約1メートルの距離で撮影します。
最短撮影距離が1メートルのものもありますし、
背景のボケ方などレンズの個性が表れやすいと判断したためです。

フルサイズセンサーの「ライカM9」または、「ライカM9-P」を使用し、
オートホワイトバランス、絞り環に表記のある絞り値でオート露出で撮影します。
null
こんな写真を毎回1本のレンズについて紹介してゆきますので、お楽しみに!
null


お問合せは、本館地下までどうぞ。
03-3342-3381

 

[ Category: Leica|掲載日時:2012年11月29日 10時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!140票


null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む
写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』

写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』 KENJI NAKAMURA PHOTO EXHIBITION 2019~[2019年12月04日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『BRITONS images of my memory』 NAKAMURA PHOTO EXHIBITION2019 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月7日(土)& 12月8日(日)12:00〜21:00 会場:吉祥寺・オルレアカメラ ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-3
続きを読む
Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR

【飛行機を撮ろう】バイバイ レコンファントム ~午前の部~【Nikon Z50】[2019年12月04日]

Nikon Z50 × 令和元年度百里基地航空祭 【1/200 |F8 | ISO100 | Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】 12月1日(日)は茨城県にて、 令和元年度百里基地航空祭が催されました。 百里基地の名物、 航空自衛隊の偵察機RF-4E/EJは今年度で運用が終了し、 来年度中には同基地のF-4EJ/EJ改も運用が終了するので、 往年の名機「ファントム」を満喫できる最後の航空祭となりました。 行ってみた方も...
続きを読む
大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む
【SONY】自分の知らない「自分」に出逢う

【SONY】自分の知らない「自分」に出逢う[2019年12月02日]

SONY α6400 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS 焦点距離:350mm(全画素超解像ズーム2倍) 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/1600秒 ISO:200 いつからだろう、「新しい事」を億劫に思うようになったのは。 いつからだろう、「いつもと同じ」選択しかしなくなったのは。 いつからだろう、「面白い事」を探しているはずなのに、そのくせ二の足を踏むようになったのは。 いつからだろう...
続きを読む