マップカメラ店長がカメラについてアレコレ語る『極私的カメラうんちく』

第30回:改良限界論

カメラに限らず、人類が創り出してきた数々の道具はすべからく「改良」の歴史を歩んできたと言える。道具とはある必要に応じて開発され、その必要性が続く限りにおいて常に改良され続けるものだからである。しかし道具が創り出されたときに持ち合わせた「制約」には、その後の改良によって解消している場合と、そうではない場合とが存在する。つまりこの事は、その性能や仕様には、どうしても越えられない「改良限界点」が存在するということになる。また、逆に言うと道具は幾つもの「改良限界点」によってその仕様が決まっているとも言える。さらに言えば限界点そのものが「道具」としての定義すら決めていると言っても過言ではない。一見、その道具の仕様を決めているのは、開発/実装が可能だった「改良部分」と考えがちだが、もし一切の「改良限界」が存在しなかったとしたら、今現在私たちが使用している全ての道具がどうなっているかなど、全く想像すらできない。その意味で私たちが使う道具が、何故今こうなっているのかを理解する上で、「改良限界」の認識は非常に重要であるといえる。今回は普段私たちが慣れ親しんでいる、「改良進化」という概念とは全く裏返しの「改良限界」という発想で、「道具」の成り立ちを考察してみることにする。

「道具」の仕様に大きく関わっている改良限界には様々な種類があると考えられるが、では、それらはいったいどのようなものなのだろうか。改良限界をいくつかの種類に分類してみると、以下のようなものになる。
■原理(理論)的限界
たとえばジェット旅客機の巡航速度の限界は音速に大きく依存している。超音速飛行が可能な旅客機の製造は不可能ではないが、安全やコストを最優先する旅客機の巡航速度は音速の80パーセント程度であり、これはジェット旅客機の登場以来30年以上変わっていない。また写真レンズを含む光学製品の大きさは、焦点距離と明るさ(F値)の関係において物理的な制約を受けており、たとえば大口径レンズの小型軽量化には理論的な限界値が存在する。さらに光学系の解像力(分解能)においても回折限界という理論上の限界があり、理想的な光学系の解像力の限界は、その有効口径に依存する。またどんなに性能の良い光学系を設計しても、理論上光の波長以下のものは解像することができない。
■技術的限界
改良限界のイメージとしては最も一般に認知されていると考えられる。科学技術そのものの限界によって決まってしまうことであり、実験的には確かめられていたり、将来的には実現可能な見通しがあっても、製品として世に送り出すまでには時間がかかる場合も含まれる。現在、デジタルカメラの画素数やメモリーカードの容量はこの技術的限界によって決まっているといえる。
■実用的限界
技術的には開発/実用化が可能であっても、製品となった場合の大きさや重さ、または開発費用などの費用対効果によって達する限界。たとえば焦点距離600ミリでF2という一眼レフ用交換レンズは、需要があったとしても通常の使用環境ではとても使いものにならないのは明らかである。開発費用も莫大だろうし、製品となった場合でも「天文学的」な販売価格となるのは容易に想像できる。これは「実用性」を著しく損なう進化改良は実現しないことを意味する。また逆に小さすぎることも一種の実用限界と考えられる。カメラ用のメモリーカードは、これ以上小さくすると、紛失の可能性の方が高くなってしまうだろう。
■社会的(消費者)欲求限界
ある一定水準以上の性能(仕様)向上を、誰も期待しなくなることである。消費経済を前提に製造される道具に付与される性能は、消費者の需要がなければこの世に出ることは無い。つまり度を越えた「改良」はすでに改良とは呼べないのである。そういった意味で、携帯電話やコンパクトデジタルカメラの小型化は、操作性を確保する上ですでに社会的欲求水準に達したと思われる。また、単焦点レンズの結像性能には、筆者から見ると、ここ20年間ほど実用的な意味で大きな違いは見受けられない。これは単焦点レンズの性能が、既に筆者が認識できる性能評価の限界に達しているといえるが、これもまた個人的な社会的欲求限界のひとつと考えて良いだろう。ただし一般に社会的欲求限界は他の限界と異なり、常に社会事情に依存するものであるためその見極めは難しい。消費者の要求水準は時代とともに変化するものなのである。

こうしてみると、カメラのような最先端技術の塊のように見えているものですら、様々な理由で進化改良が滞っており、また現在の仕様は進化や改良の取捨選択を繰り返した結果であることがよくわかる。そして進化や改良の取捨選択の結果「改良限界点」から決まる仕様が、「進化改良」の結果に近いものほど進化した道具であると言えるが、それはつまり「あらゆる」進化改良を施した結果ともいえるからである。

カメラという道具の歴史や現状、またはその未来を正しく理解しようとするとき、普段とは全く反対の「改良限界」の視点からの考察が、「時折り」有効であることは間違い無いようである。

written by ストロベリー小野
この記事のカテゴリーは『極私的カメラうんちく』です | 2007年06月20日

2009年09月20日
液晶モニターであれ、紙であれ、写真は平面で鑑賞するものというのが当たり前の概念である。しかし、フジフイルムから発売されたFinePix REAL 3D W1は3D写真を手軽に撮影ができて、また3D写真の再生も背面液晶でその場で出来るなど、写真の概念さえ大きく書き換えられかねないインパクトを持っている。 FinePix REAL 3D W1が発表されたのは今年3月のPIE(フォトイメージングエキスポ)の会場である。フジフイルムのブース中央にモックアップと試作機が展示されていたのをご記憶の方も多いだろう。 言うまでも無くF...
この記事を面白いと思った人 336人
2009年08月20日
世に言うヒット商品とは沢山あるが、戦後のカメラ史を紐解いてみると、面白いことにおよそ10年に一度の割合で爆発的なヒット商品が生まれていることがわかる。 ■リコーフレックス III  発売年月:1950年9月  発売時定価:7,300円 二眼レフの定価が3万円前後だった時代に定価7,300円で発売され、爆発的ヒットとなる。カメラの生産台数といえば一機種で数千台が普通だった時代に、当時としては空前の月産1万台を達成した。この大量生産対応のために、ベルトコンベアー方式の生産ラインが導入される。この...
この記事を面白いと思った人 368人
2009年05月20日
アートフィルターを内蔵したオリンパスE-620が人気だ。 アートフィルターの特殊効果は、言ってみればどれも画像処理ソフトがあれば加工が可能なものばかりだが、いかにデジタル画像が加工の汎用性が高いといっても、いざ撮影後の編集環境が万全なユーザーばかりではない。またそういった現状に加え、特殊効果を得ながらも純粋に撮影だけを楽しみたいというユーザーの思惑をうまく捉えたのがアートフィルターだといえる。 アートフィルターは、まさにデジタル世代のために生まれた発想であり、また機能であると...
この記事を面白いと思った人 321人
2009年04月20日
光学ファインダーが駆逐されている。 比較的最近まで、コンパクトデジタルカメラにはフィルムコンパクトカメラのような光学ファインダーが付いていたのを覚えておいでだろうか。往年のコンパクトデジタルカメラには、主に明るい日中の撮影時に液晶モニターが見えづらい場合のために、また長時間液晶モニターを見ながら撮影すると早く電源を消耗してしまうという理由から、現在と同様液晶モニターによるライブビュー撮影も可能な仕様だったにも関わらず、必ずといって良いほど光学ファインダーも付いていた。し...
この記事を面白いと思った人 506人
2009年03月20日
ズームレンズといえば現在の写真用レンズとして中核的な存在であり、ズームレンズが無ければ写真産業や写真文化はもはや全く成り立たないほどである。現在の交換レンズのラインナップは、特に使用頻度の高い焦点距離領域はズームレンズによって何重にもカバーされている。もちろん単焦点レンズでなければカバーできない領域はある程度残っているにせよ、それもほんの僅かである。また現在、高性能ズームレンズの描写性能は単焦点レンズに匹敵するものとなり、中には単焦点レンズの画質を上回るものさえあるという...
この記事を面白いと思った人 447人

PAGE TOP

お問い合わせ

QA

フリーダイアル 0120-15-3383

買取・下取交換に関するお知らせ

トレードセンター
03-3342-3383
受付時間10:30〜20:00

オンライン査定はこちら

サービス紹介・よくあるご質問

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

マップカメラは、新品・ 中古カメラ /中古レンズ/ デジタルカメラの販売・下取・買取・委託の カメラ 通販ショップ(ECサイト)です。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号