【Touch the GR】GRでスクエア写真に挑戦!! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Touch the GR】GRでスクエア写真に挑戦!!

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2013年03月12日 13時00分]

ただいまWEST2階では期間限定企画として
リコーGRシリーズの初代機から現行モデルまでを
一堂に集め、ご自由にお試し頂ける
【Touch the GR】を実施しています!

null
今回はあまり色々なことを考えずに写真を撮ろう!と思い
「GR DIGITAL IV」をポケットに入れ
カメラ任せのプログラムモードにしてスナップ撮影をしました。
ただし画面のサイズは「1:1」の
スクエアフォーマット(正方形)に挑戦しました。

スクエアフォーマットは
ハッセルブラッドやローライフレックスに代表される
6cm×6cmの中判カメラにあるフォーマットです。
デジタルカメラでこのアスペクト比を選択できるカメラは
あまり多くありません。


null
荒川の河川敷です。
GRレンズの発色はスクエアフォーマットでも変わりません。
私はこの空の色味がGRの描写で最も好きです。


null
このシーンでは逆光ですが破綻のない描写です。
歩きながら感覚に任せ、さくっと撮る。
これがスナップ撮影の醍醐味です。


null
葉の1枚1枚を鮮明に写し出してくれています。
さすがGRレンズ!!
という緻密な描写です。


null
フードなしで夕日が強く差し込んでいましたので
ややゴーストが出ていますが、
被写体を中央に置くいわゆる「日の丸構図」がハマるのも
スクエアの魅力だと思います。
気づいたら撮りたいものを無心で撮影していました。


続いて…
モノクロでも撮影してみました。

null
私はいま下町に住んでいます。
モノクロのスクエア写真は
その下町の雰囲気を伝えやすいと感じました。


null
デジタルなのにフィルムで撮影したような階調が出ています。
雑然とした被写体ですが
落ちついた味のある写り方です。


null
こちらのみ絞り優先モードにしてF1.9開放で撮影しました。
広角レンズですが接写では結構なボケが作れます。
ボケ味は言うことなしです!


サイズをスクエアにする方法は
null
「撮影設定」⇒「画質・サイズ」⇒「7M 1:1F」
と選択すればOK!

モノクロ写真に変更する方法は
null
「撮影設定」⇒「画像設定」⇒「白黒」
と選択するだけ!

インターネットからは⇒コチラ

今なら総額5,000円以上のお買い上げで日本全国送料無料(離島は除く)です。
そして更に今なら525円の代引手数料も無料です。
お問い合わせはWEST2階 03-3342-3382までお願い致します。



[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2013年03月12日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【写真を楽しむ6月】気軽に持ち出して 2019年06月26日
小柄なパートナー Nikon FM2 【FUJICOLOR 100】 ここ数年近く、 小柄なものを中心にフィルムカメラの人気が再燃しています。 気軽に持ち出しやすく、 ファッション性も高い、 スマホで得られるデジタルな絵柄とは異なるものが撮れる、 こういったところが人々を惹きつけるのでしょうか。 小柄なフィルムカメラといっても、 レンズ交換できるものとそうでないものがあります。 今回はレンズ交換できる小柄なフィルムのなかでも、 定番中の定番、 各所で初心者の方々にもよくオススメさ...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 2019年06月24日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【立体 4K Drive】 【GoPro HERO7のHyperSmooth機能】 GoPro HERO 7で最も注目すべき機能は「HyperSmooth」と呼ばれるジンバル並みの手ぶれ補正機能です。 この機能はスタビライゼーション機能と呼ばれ、いわゆる手ブレ補正機能の役目で驚異的な滑らかな動画を実現します。 実際の走行映像は愛車に乗って上から下へ、下から上へまた左から右へ、右から左へとまるで迷路に迷い込んでしまったような感覚で、一度入ったら抜け出す事の出来ない出口の見えない立...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 2019年06月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第49回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]