SONY αポートレートセミナー2013 | THE MAP TIMES 
Select Language



SONY αポートレートセミナー2013

[ Category:SONY|掲載日時:2013年03月16日 10時30分]

陽気が春めいて参りました3月9日、マップカメラでは
カメラ著書多数の馬場信幸先生をお招きして今年も「 αポートレートセミナー」を開催いたしました。

昨年にご好評を頂きましたソニーセミナーでモデルをしていただいた白咲アリーさんに、
今回もお越しいただきました!


今回は春の暖かな機構に誘われて、横浜市のこどもの国で開催いたしました。
ポートレートにおける注意点、さらに魅力的な作品を作るためのポイントを15分間ほどレクチャーいただいてから、
「実際撮って見ながらのほうが良くわかる!」ということで早速撮影に出かけます。




上着は必要ないほど、午前中からとても温かくいい天気。
今回もソニーさんよりたくさんの機材をご用意いただけました。
最上位機α99を始め、人気のNEXシリーズ、交換レンズ軍もAレンズ、Eレンズ、マウントアダプターを含めおよそ30種類。今回の目玉はなんと言っても「70-400mm F4-5.6 G SSM II」!当セミナー前日に発売したばかりの新製品です。


赤い遊具をバックに、モデルさんのキュートな表情を撮影。
モデルさんを正面から撮ると、このジャングルジムの細長くうねった造形を
うまく背景に収めるのがなかなか難しい!
こういった場面での対処方法など、先生からとてもためになるアドバイスをいただきながら撮影を進めて行きます。


モデルさんが可憐なワンピースに衣装を変え、撮影場所も坂道に変更。
緑をバックにさわやかでかわいらしい表情を撮ります。
ちょうど正午の日の光で、華やかなモデルさんがより一層輝きます。
つややかな髪の毛の質感をどのように引き出すかなどシチュエーションに合わせた解説を受けながら撮影を行いました。


場所をチェンジし、ちょうど良い角度から日が当たる石塀を背景に撮ります。
風が強くなってきて、少し鼻がムズムズしながらも、みなさん撮影に集中。
今回お越しいただいたお客様は皆様、カメラを熟知していらっしゃるご様子でしたので
どの機材も使いこなし楽しんで頂けたとお見受けしました。



モデルさん最後の衣装チェンジで、撮影タイムもラストスパート。
ソニーさんよりおちゃめなサングラスもご用意いただき、
お洋服とおそろいのピンク色なので、パートカラーの撮影も楽しめました。
こうしたシチュエーションに出会ったことで、普段使うことを忘れてしまいがちなエフェクトの楽しさを再認識。

撮影終了時、時計は13時を回っておりました。のべ三時間の撮影。製品の魅力を十二分に味わって頂けたことと思います。
モデルのアリーさんが大変チャーミングな方なので撮影に夢中になってしまいましたし、
ソニーさんよりご用意いただいた魅力的な機材やシチュエーションでいろいろな楽しみ方が出来、そして馬場先生より実践しながらのリアルなアドバイスを次々にご提案いただけたので、三時間もあっという間に感じられました。 
やはり本で学ぶ撮影法では分かり得ないことがたくさんあるな、とセミナーの意義を体感。

撮影終盤、お客様から「もう、α欲しくなっちゃうよ」というお声を頂き、
お言葉をありがたく思う一方で、共感させて頂いておりました。





講義室に戻ると、ソニーさんよりおいしいお弁当をご用意頂いており、
しばし休憩した後、馬場先生によるレクチャータイムへ。
皆様、時々お手元の機材で操作確認したりしながら熱心に聴講なさってらっしゃいました。
そしていよいよ、皆様各自のベストショット講評会へ。

ご参加者皆さんが写真が上手だと、先生も感心してらっしゃいました。
よりよい構図、的確なボケのレベル、エフェクトの的確な使い方、トリミングのコツなど、細かく改善点を教えてくださり、大変参考になりました。
 
そして作品の中から、馬場先生、アリーさん、マップカメラからお気に入りを選ばせていただきました。



先生が選ばれた作品。


両手で対称的に髪を広げているところが最大のポイントで、シャンプーのCMのように主役がはっきりしている点がすばらしいとの事でした。


アリーさんが選ばれた作品。


アリーさんは、皆さん全員が自分をステキに撮ってくれてとてもうれしいとの事でした。中でも、自分が一番気に入った表情を撮ってくれた作品を選ばれたそうです。



恐れ多いながらマップカメラが選ばせていただいた2作品。








皆様の作品のクオリティーの高さにはスタッフ一同驚きです。
最後に質疑応答のお時間を頂き、セミナー終了となりました。

今回も皆様のご協力の下、無事に終了することができました。ありがとうございました。
これからも様々なイベントを行ってまいりますのでご期待ください。

最後に、面白いお話しをたくさんしてくださった馬場先生、モデルの白咲アリーさん、そしてご協力頂きましたソニーマーケティング株式会社の皆様にもこの場を借りて、お礼申し上げます。

[ Category:SONY|掲載日時:2013年03月16日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]