二眼レフは、いかがですか?! 番外編⑥ | THE MAP TIMES
Select Language

二眼レフは、いかがですか?! 番外編⑥

[ Category: etc.|掲載日時:2013年03月29日 13時00分]
撮り較べてみました! ローライフレックス 2.8Fプラナー&ハッセルブラッド C80mmプラナー

null

 前回のハッセルッブラッドCFレンズとの比較に引き続き、今回はCレンズとの撮り較べです。
 ハッセルブラッド500シリーズに搭載されたレンズとしては初期の方に当たるもので、シルバー鏡筒のコンパクトなデザインが「よりハッセルっぽい」と人気の高いレンズです。
 後に同じデザインで黒鏡筒のレンズが出た際、カールツァイスのTスターコーティングが施されますが、こちらはその前のモデルです。 そのへんの違いが写りにどんな影響を与えるか…

null
  2.8F プラナー80mmF2.8

null
  Cプラナー80mmF2.8

 ちなみに今回の試写は、前回のCFレンズの試写と同日です。 つまり当日は、ローライ1台とハッセルのボディ1台、レンズとフィルムマガジンを2つずつ持って撮影しました。 ハッセルの方は、1枚撮っちゃレンズとマガジンを交換して1枚という具合… いやぁ、大変でした。 よく撮り間違えたり、落っことしたりしなかったなぁと…
 …なら、まとめて3つの比較にすればよかったじゃないかって… それで書こうとしたんですが、文章がこんがらがっちゃって…、途中であきらめました。 ハッセルのCレンズとCFレンズの描写の比較を観たい方は、前回の記事と今回のとを行ったり来たりして、せめて私の苦労を思い知ってください。 …なんちゃって、いずれ機会があれば記事にいたします。


null
  (2.8F) F2.8

null
  (C80mm) F2.8

 絞り開放での撮影。 壁の白を比較すると分かりますが、Cレンズの方が全体に茶色がかった色味に見えます。 暖色系といいますか… 前回CFレンズよりも2.8Fの方がくすんだ感じと書きましたから、CレンズとCFレンズの差はさらに大きくなります。 気になる方は、はい戻って戻って…
 背景のボケも奥の方はCレンズが若干大きいか、その分もやっとした感じが強くなっています。

null
  (2.8F) F4

null
  (C80mm) F4

 中央のシクラメンまでの距離は1m。 花に広がりがあるせいもありますが、1段絞ったF4の時の被写体の浮き上がりは、フィルム上で見るとひときわ際立って見えます。
 Cレンズの茶色味がかった感じは同様。 そうなるとシクラメンのピンクは2.8Fの方が良い印象を与えます。

null
  (2.8F) F5.6

null
  (C80mm) F5.6

null
  (2.8F) F8

null
  (C80mm) F8

 色味以外、描写の違いはほとんど感じられませんでした。 特に私の持っているCレンズがレンズ焼けをしているというわけではないのですが、CFレンズの鮮明な白に較べると差はかなりなものです。

null
  (2.8F) F5.6

null
  (C80mm) F5.6

 水飲み台のコンクリートにも色の違いが表れています。

null
  (2.8F) F2.8

null
  (C80mm) F2.8

 Cレンズの中央部分、青の色の濃さはCFレンズのそれに匹敵するくらいです。 その分くっきりした印象を受けます。

null
  (2.8F) F2.8

null
  (C80mm) F2.8

 中央のブランコの赤も、Cレンズの方が2.8Fより鮮やかです。 背景のボケは2.8Fの方が大きいか。

null
  (2.8F) F8

null
  (C80mm) F8

 絞っても背景のボケは2.8Fの方が大きく感じられます。 空の青さは若干Cレンズの方が濃いようです。

null
  (2.8F) F5.6

null
  (C80mm) F5.6

 CFレンズとの差ほどは感じられませんが、提灯の文字や手前のすだれなどの描写を見ると、Cレンズの方がシャープで、2.8Fの方が柔らかい印象を受けます。


 今回はまずCレンズの茶色がかった発色が気になってしまいました。 私の所有レンズ単体の問題なのか、とにかく白いもの撮るときに注意が必要なレベルでした。 でも後半のスナップではそんなに影響を感じませんでしたから、被写体を選べば大丈夫でしょうか。 白黒でも撮り較べしてみたいものです。 …資金があれば……

 普段二眼レフの方が出番の多い身としては、3つのレンズを較べた時、やはり2.8Fの描写の柔らかさに好印象を持ちました。 特にF4かF5.6くらいの写りはいうことありません。 というわけで、今年の桜はこれでいきましょうか…


 続く…  (文責・イット)


[ Category: etc.|掲載日時:2013年03月29日 13時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!153票


THETA V

【RICOH】地下探検 THETA V[2019年10月20日]

本日は、我が愛機と共にとある地下道へと散策してきました。 緊張した面持ちでいざ地下道探検に出発です。 地下道に入るとそこは別世界。 天井からわずかに光差す薄暗い道を奥へ奥へと進んでいきます。 人とすれ違う様子はありません。そもそもここは誰かが通った形跡もありません。 また、奥までずいぶん続いているようです。 先はまだ長く、 途中、雰囲気の変わった通路へと出ました。 更に進んだ先、枯れた木の葉をかき分けた光の中こそが この地下道の出口なのでし...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.7【Foveon】[2019年10月19日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 今回のキーワードは「Foveon」 10月25日に発売されるSIGMA Lマウントカメラ「fp」 期待に胸膨らみすぎて眠れなかったため 今までマップカメラスタッフが撮影してきた「Foveon」をまとめてみました。 SIGMA「Foveon」は各シリーズ、各世代に根強いファンが...
続きを読む
SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング[2019年10月19日]

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 27mm | 1/2 | F4 | ISO640 まだ暑い7月のある日、ふと思い立ち、中部国際空港セントレアに飛びました。 羽田や成田ではなくセントレアだったのには、訳があります。セントレアには毎日たくさんの飛行機がやって来ますが、それだけでなく「FLIGHT OF DREAMS」という飛行機のテーマパークが併設されているのです。 SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 22mm | 1/5 | F4 | ISO100 パークのメ...
続きを読む
null

旅するカメラ[2019年10月19日]

まだ残暑が続いていた頃、お休みを頂いてチェコ共和国へ旅行をしてきました。 荷造りをしながら旅行の予定をたてる。さて、どのカメラを持って行こう。 旅先を想い、使う機材についてあれこれと考えることも、旅の楽しみのひとつかもしれません。 今回使用した機材はCanonのEOS Mと、EF-M22mm F2 STM。 小振りなカメラは重荷にならず、旅行では重宝しました。 今回はプラハに滞在しました。 著名な写真家達が撮影し、素晴らしい作品が生み出されてきた街 さまざまな...
続きを読む
写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む