【LEICA愛】LEICA M-Eのグレーなお話 | THE MAP TIMES 
Select Language



【LEICA愛】LEICA M-Eのグレーなお話

[ Category:Leica|掲載日時:2013年04月10日 16時00分]

メーカー愛スプリングバトルLEICA編



さてさて、LEICA愛を語る夕べ、もといBlogもぞくぞくと増えて参りました。
志を共にする記事を見ると、嬉しくなってしまいます。


さて、LEICAデジタルMボディも"M9"から"M"、"M-E"、"Monochrom"の3ラインにリニューアル!
2012年のPhotokinaで登場して以来、待ち遠しかった新しいLEICAデジタルボディ達…
いや〜愛してやまない者としては、長い長い日々でした。
(もちろん買える、買えないは別ですけれどw)

そこで個人的に気になっていたのは"LEICA M-E"、そのボディカラーが…
何と過去の軍用ボディを考えて造られたと言うではないですか…!!



こちらがその、魅惑のグレーボディ。心を惑わせるその色合い。

フォトキナ2012で伺った、ライカカメラAGのプロダクトマネージャーStefan Daniel氏の
『僕はこのグレーが好きなんだ、カッコイイだろう!』という発言…!
もちろんでございます!

カッコイイからこの色、というのは素晴しいですね。売れる・売れないじゃなく"カッコイイ"!
うーん好きだなぁ。。


さてさて、でも実際このグレーはどれだけ過去の軍用モデルに近いのでしょう?
せっかくなので、ここは一つ比べてみる事に致しましょう!



ジャーン!という事でLEICA IIIcグレーモデルをご用意しました!

このIIIcグレーモデルは第二次世界大戦中に生産されたモデルです。グレーペイントであるのは
戦時中のためクロームメッキの素材が貴重だったという話や、カモフラージュの為など諸説ございます。
軍用だと『luftwaffen eigentum』と刻印があったりしますね。これは『空軍所有物』を示します。

この時期のLEICAには『赤幕』や『W.H』、『段付き』やグレーでも様々なバリエーションがある時代で、
それを調べているのもなかなか楽しいのですが今回は脱線するのでここまでにします。

さて、『LEICA M-E』のグレーはどんなグレーなのか!
さっそく見てみましょうこちらです!



グレーの色合いは似ている気がしますね…ただ少し、IIIcの方が色が濃い様です。ブルーがかった"M-E"のグレーは
ここから来ているのでしょうか。ただIIIcは時代を経ているので、厳密な事は言えません。



第二次世界大戦を乗り越えてきた『IIIc』、デジタルとなって生まれ変わった最新の『M-E』、
そしてレンズはエルマーの新旧…
ここには歴史が、そしてロマンがありますね…これぞまさにロマンスグレ…いえ、これはみなまで言いますまい。




A型から最新のデジタルボディまで、多くの人々に愛されているLEICA。それぞれのボディにそれぞれの物語が存在します。
撮って良し、眺めて良し、そして調べて良しのまさに楽しみが詰まっているLEICA。こんなカメラ、ちょっとなかなか無いものです!!




↓クリックで1票!

[ Category:Leica|掲載日時:2013年04月10日 16時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 2019年09月19日
はじめましてフルサイズミラーレス。 今回は増税前にデビューという題材で書かせていただきます。 去年から各メーカーで次々と発表され、怒涛の人気を誇っているフルサイズミラーレスカメラ。 キヤノンからもEOS RとEOS RPの2種類が出ています。 今回は私のオススメ、EOSRPについてご紹介させていただきます。 私のEOSRPデビューは夏が始まる少し前です。 初めて手にしたときに女性の手にも収まる大きさと軽さ。 しかしグリップは握りやすく構えやすいカメラだと思いました。 ファインダーでも画...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.4【巾着田】 2019年09月18日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 今回のキーワードは今まさに旬の「巾着田」 赤い花の絨毯はまさにこの世のものとは思えない景色です。 Ma...
続きを読む
ILCE-9 + SEL200600G 【増税前にデビュー】航空祭にミラーレスを持ち出して 2019年09月18日
はじめてのα9とSEL200600G ☆9/19写真追加しました☆ 【 1/1000 | F8 | ISO400 】 9/16(月)は石川県小松市にある、航空自衛隊小松基地で航空祭がありました。 マップカメラをご愛顧頂いている皆様も、行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。 【Nikon D500 + AF-S 200-400mm F4 VR】 さて筆者は航空祭といえば、 長らくNikon D500、つまり一眼レフを持ち出して撮影してきたのですが、 今回はずっと試してみたかったカメラ、そして初めて触るレンズで挑戦してきました。 ...
続きを読む
TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]