【SONY】α99と135mm F2.8[T4.5]STF で撮る | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【SONY】α99と135mm F2.8[T4.5]STF で撮る | THE MAP TIMES
Select Language

【SONY】α99と135mm F2.8[T4.5]STF で撮る

[ Category: SONY|掲載日時:2014年10月26日 17時25分]




スムース・トランスファー・フォーカス(Smooth Transfer Focus)
というものをご存知でしょうか。
英文字の頭文字を取って略称をSTFとしています。
(以下 「STF」 と記載)

「ボケ」
写真用語として当たり前のように使われている言葉ですが
実はこの用語と表現は日本が好んでいた表現で、
海外ではあまり馴染みがなく
最近ではそのまま「Bokeh」と言うそうです。

この「ボケ」というのは
絞りの形状を反映した形に広がるのが一般的です。
一言で「ボケ」といってもレンズによって様々。
その中でも「STF」の特徴といえばなだらかなボケ。
(特殊なフィルタを使用してなだらかに変化させています)

一枚目の写真が最も特徴が出た写真でしょうか。
背景がまるでスモークガラスのようにボケました。
次の二枚の写真も(寂しい背景ですが)
形を失わずになだらかに広がるボケ方をします。







FUJIFILMも「STF」レンズを出すという事で話題になっていますが
現在この「STF」現行レンズは
SONY 135mm F2.8 [T4.5] STF (SAL135F28) のみ。
ややこしい話になってしまうのですが
前述のとおり、特殊なフィルタを使用しているので
明るさは[T4.5]ですが実際の露出はF値で決まります。

こんな事を言っては元も子もありませんが
よほど絞って撮影したい時以外はきっとほぼ開放[T4.5]で
撮影したくなるレンズです。



魅惑のボケを使う事に夢中になりすぎますが
ピントが合った部分の描写もとても素晴らしいです。
マニュアルフォーカスのみですが
α99のLVFはとても見易くピントの山を掴むのも
そんなに難しくありません。





こうして意図的に被写体と風景を分けて撮ってみると
浮き出るような立体感が明確にわかります。
これは私の個人的な趣向ですが
圧倒的なボケ感を楽しむだけではなく
優しくボケていく雲や風景の感じが好みだったりします。







135mmは広く世界を撮るには不向きかもしれませんが
そのかわりに奥行きのある世界を見せてくれます。
最近は広角とはまた違う、
『肉眼では見えない世界』
がとても魅力的に思えてきました。
αマウントだけの魔法のレンズ。
ぜひフルサイズで楽しんでみていただきたいです。

Photo by  taira.  






"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2014年10月26日 17時25分]

面白いと思ったらコチラをClick!89票


写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む