ハッセルブラッド『X1D』発表!! | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  ハッセルブラッド『X1D』発表!! | THE MAP TIMES
Select Language

ハッセルブラッド『X1D』発表!!

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2016年06月23日 16時00分]
HASSELBLAD X1D

HASSELBLAD X1D

日本時間6/22の21:00にハッセルブラッドの中判デジタルカメラ『X1D』が発表されました。注目すべきは中判デジタルの圧倒的な画質性能を小型ミラーレス機として作り上げてきたことでしょう。他メーカーのフルサイズ一眼レフよりもはるかに小さなボディに『デジタルバック CFV-50c』と同等と言われているセンサーサイズ43.8 x 32.9mmの5000万画素CMOSセンサーを搭載しています。



HASSELBLAD X1D
HASSELBLAD X1D

操作系はシンプルかつ明快。ボディの厚みを見ても、とても中判サイズのCOMSセンサーが入っているとは思えない薄さです。ミラーレス機になったことでフランジバックが短い“Xマウント”と呼ぶ新規のもの採用しています。その専用レンズはレンズシャッター内蔵AFレンズシリーズ「XCDレンズ」。最初に用意されるXCDレンズは45mm F3.5と90mm F3.2の2本で、シャッター速度は1/2,000〜60分、ストロボは全速同調。AFはコントラスト検出式とのことです。



HASSELBLAD X1D
HASSELBLAD X1D

フルサイズ一眼レフとサイズ比較したイメージ画像ですが、『X1D』の正面デザインを見てハッとされた方も多いのではないでしょうか。グリップ部分を隠すとまるで500シリーズを彷彿とさせるカメラデザインになっているのがわかります。今もなおハッセルブラッドといえば500シリーズのイメージが強く、プロカメラマンも現役で使用してる方が多いカメラです。そんなハッセルブラッドが好きなユーザーが待ち望んでいた『ハッセルブラッドらしいカメラ』をそのまま体現したのが『X1D』と呼べるかもしれません。



HASSELBLAD X1D
HASSELBLAD X1D


外形寸法 : 150.4×98.1×71.4mm

重 量 : 約725g(バッテリー含む)

撮像素子 : 5,000万画素CMOSセンサー(16bit・ダイナミックレンジは14ストップ・HD動画記録)

ISO感度 : ISO100〜25600

シャッタースピード(レンズシャッター) : 1/2000秒〜60分

撮影間隔 :1.7〜2.3枚/秒

EVF(電子ビューファインダー) : 236万画素

背面液晶モニター : 3型92万ドットのタッチパネル式(チルト式ではない)

記録メディア : SDカード(デュアルスロット)

撮影枚数 : フル充電で約350枚

接 続 : USB 3.0 Type-Cコネクタ、ミニHDMI、オーディオ入力/出力

その他 : Wi-Fi・GPS機能内蔵、塵や埃に対する高い密閉性、縦横比を変えて撮影ができるマルチプルイメージフォーマット

対応レンズ : XCDレンズ 45mm/F3.5、90mm/F3.2

専用のマウントアダプターを発売予定しており、それを使用することでハッセルブラッドHシステム全12レンズ、そこにCFレンズアダプターを重ねることでVシステムのレンズを使用することが可能になります。


HASSELBLAD X1D
 

東京発表会の様子はこちら










[ Category: HasselBlad|掲載日時:2016年06月23日 16時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!118票


『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む