Select Language

『Hasselblad X1D』東京発表会レポート

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2016年07月02日 14時34分]

Hasselbald X1D 東京発表会


皆様お待たせいたしました!!
先日スウェーデンで発表された世界初のミラーレス中判デジタルカメラ「Hasselblad X1D」が、国内初お目見えです。
7月1日、東京原宿のハッセルブラッド ストア東京で発表会が行われました。

重要なパーツを日本から輸入し、スウェーデンの技術で完成させた「Hasselblad X1D」は両国の友好から誕生したと、
スウェーデン大使 マグヌス・ローバック氏のご挨拶で発表会は始まりました。


Hasselbald X1D 東京発表会


まずはハッセルブラッド・ジャパン株式会社 社長のWilliam Penrice氏から商品コンセプトの説明です。
大型テレビには創業者のヴィクター・ハッセルブラッド氏の画像が映し出され、
以後75年間で製造された機種の遍歴をたどりながら、カメラの小型化のこだわりを熱く語りました。
そして完成した「X1D」を「This is Hasselblad」と称し、
75年周年の記念の年に「X1D」を発売できたことをヴィクターも喜んでくれるはずと嬉しそうに語りました。


Hasselbald X1D 東京発表会


続いてOve Bengtsson氏による機材解説です。
基本性能は「H6D」から受け継いだ5000万画素CMOSセンサーを搭載し、ISO感度 100-25600を実現。
フルHD動画25fpsの撮影も可能です。
裏面は主要ボタンの他に3型のタッチ式パネル液晶モニターが搭載されており、
画面に表示されたアイコンでスマートフォン感覚で操作が可能です。
右列のカメラモード、動画モード、設定モード以外はカスタマイズできるとの事ですので、かなり使いやすそうな印象です。


Hasselbald X1D 東京発表会


続いてアンバサダーカメラマンのアルフィー氏とデリック氏が24時間で撮影したという作品が披露されました。
大きなセンサーを持つカメラは、光が少なくてもとてもシャープな写りに加え、カラフルな色再現です。
雨の中でも安心して撮影でき、今までの中判デジタルでは難しかった手持ちでのスローシャッターも楽しめ
作品の幅が大きく広がったとの事です。


Hasselbald X1D 東京発表会


最後に機材に触れる機会がありましたので、再度紹介を。

まずは専用のXCD45mmF3.5レンズを装着。
日本人の小さな手にも収まるボディはとても軽く、外観だけではとても中判とは思えないサイズ感です。
トップ部は押し込むとロックのかかるモードダイヤルと電源などで、とてもシンプルなデザインです。
ハッセル75周年カラーのオレンジ色のシャッターボタンが目を引きます。
ホットシューも搭載で、より手軽に中判カメラでストロボ撮影が可能になりました。


Hasselbald X1D 東京発表会


発売時に用意された専用レンズは2本で、もう一方のXCD 90mmF3.2を装着してみました。
いずれも大きなピントリングでとても使い易い印象です。



Hasselbald X1D 東京発表会


2本のレンズは日本の「日東光学」の製造で、レンズ内に1/2000秒に対応したシャッターが組み込まれています。
冒頭の大使の挨拶にもあった、まさにスウェーデンと日本の技術の結晶が感じられます。


Hasselbald X1D 東京発表会


レンズを外すと、大きな中判センサーが顔を出します。


Hasselbald X1D 東京発表会


大きさの比較になればと思い、取材機材(Nikon D5)と並べてみました。本当にコンパクトというのが納得いただけると思います。


Hasselbald X1D 東京発表会


続いて操作感です。電源を入れるとモニターに「H」のマークの登場でテンションも上がります。


Hasselbald X1D 東京発表会


各種設定はタッチパネル操作なのでとてもスムーズ。もちろん日本語表示で悩むことはありません。


Hasselbald X1D 東京発表会


236万画素の電子ビューファインダーも見やすく良好です。
各種設定もファインダー内で確認/変更できるので、目を離さず撮影に集中できます。
シャッター半押しでAF補助光が発光。室内でも快適なAF動作が確認できました。


Hasselbald X1D 東京発表会


レンズが2本だけでは心もとないという方、ご安心ください。
専用のアダプターを介してHシリーズのレンズをそのまま使用することができます。


Hasselbald X1D 東京発表会


アダプターはミラーやレンズの無いシンプルなタイプで、画質への影響は心配ありません。


Hasselbald X1D 東京発表会


24mmF4.8レンズを装着してみました。少し迫力が増しますが現行12種類のHC/HCDレンズが使えるメリットは計り知れません。

さてそんな魅力いっぱいの「X1D」、気になるお値段は、7900ユーロで、国内では100万円程、
12月上旬から随時出荷されるとのことですのでお楽しみに。
ご予約は以下より受付しております。皆様のご予約を心よりお待ちしております。

Photo by MAP CAMERA Staff











[ Category: HasselBlad|掲載日時:2016年07月02日 14時34分]

面白いと思ったらコチラをClick!140票


ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む
「かたち」あるものを探して【Nikon】

【街で見つけた形にフォーカス】「かたち」あるものを探して【Nikon】[2020年01月24日]

こんにちは。 今回のテーマが「街で見つけた形にフォーカス」 ということで、Nikon D800を通して 「かたち」あるものを探してみました。 さっそくご紹介させていただきます。 公園にはいろんな形の遊具があります。 形を意識して写真全体を見ると、 木々や雲もあっていろんな「かたち」が見られます。 平日は夕方になると学校が終わった子供たちや 幼稚園、保育園等が終わった親子連れが ...
続きを読む