【KONICA】1997年限定生産沈胴レンズ!HEXANON (L) 50mm F2.4 | THE MAP TIMES 
Select Language



【KONICA】1997年限定生産沈胴レンズ!HEXANON (L) 50mm F2.4

[ Category:etc.|掲載日時:2017年10月25日 12時00分]




Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4

ライカスクリューマウント(L39)の標準レンズHEXANON 50mmF2.4を紹介します。
このレンズは、KONICAが1997年に製造したレンズです。

「本製品は限定生産のため製造番号は0000から1500までが生産されております。」
と取扱説明書に明記されています(1501本作られたということでしょうね)。

沈胴のSUMMICRON 50mmF2を少し長くしたような大きさです。



ご覧のように沈胴式で携行時はコンパクトになります。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4

貼り合わせ面を除く8面すべてにマルチコーティングを施すことにより、
高いコントラストと色再現性を実現しています。
絞り羽根は、10枚。 F2.8~F8の間には、半絞りクリックがあります。
Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4
鏡胴は、白アルマイト梨地処理で、ほんのり金色がかった上品な色合いです。
ブラックペイントされたラッパ型専用フードと
鏡胴と同色のリヤキャップ(沈胴時も使用可能な深いタイプ)が同梱されていました。

レンズ後端にもフード(?)が付いていて、内面反射対策がされていると思われる丁寧なつくりです。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4

また、M/L変換リング取付け時のマウント面からレンズ後端までは、約16mmでした(SUPER AVGULON 21mmは、約20mm)。
Leica M-P(Typ240)に装着して、沈胴可能でした。


nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。


Leica M(Typ240)で撮影して見ました。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4
F5.6 1/750秒 ISO200
空の深い青とクレーンの赤が印象的ですね。建築中の鉄骨を細かく写し出しています。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4
F5.6 1/500秒 ISO200
散った枯葉と水たまりのコントラストが綺麗ですね。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4
F5.6 1/1000秒 ISO200
秋空にたくさんのトンボが飛んでいました。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4
F2.4 1/360秒 ISO200
絞り開放で撮影しました。背景のボケは素直であまりクセがありません。


ライカスクリューマウント(L39)の標準レンズとしては、大柄ですが、Leica Mとのバランスも良く
直進ヘリコイドのため、絞り指標が一定の位置にありたいへん使いやすいレンズでした。

限定生産という希少性と高い精度の工作技術を必要とする沈胴式レンズというだけでなく
その実写性能にもたいへん大きな魅力があるKONICA HEXANON (L) 50mm F2.4 です。
是非ご検討ください!







↓L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う↓













〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:etc.|掲載日時:2017年10月25日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【写真を楽しむ6月】気軽に持ち出して 2019年06月26日
小柄なパートナー Nikon FM2 【FUJICOLOR 100】 ここ数年近く、 小柄なものを中心にフィルムカメラの人気が再燃しています。 気軽に持ち出しやすく、 ファッション性も高い、 スマホで得られるデジタルな絵柄とは異なるものが撮れる、 こういったところが人々を惹きつけるのでしょうか。 小柄なフィルムカメラといっても、 レンズ交換できるものとそうでないものがあります。 今回はレンズ交換できる小柄なフィルムのなかでも、 定番中の定番、 各所で初心者の方々にもよくオススメさ...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 2019年06月24日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【立体 4K Drive】 【GoPro HERO7のHyperSmooth機能】 GoPro HERO 7で最も注目すべき機能は「HyperSmooth」と呼ばれるジンバル並みの手ぶれ補正機能です。 この機能はスタビライゼーション機能と呼ばれ、いわゆる手ブレ補正機能の役目で驚異的な滑らかな動画を実現します。 実際の走行映像は愛車に乗って上から下へ、下から上へまた左から右へ、右から左へとまるで迷路に迷い込んでしまったような感覚で、一度入ったら抜け出す事の出来ない出口の見えない立...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 2019年06月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第49回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]