Select Language

OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8 焦点距離:25mm / 絞り:F4.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1250
使用機材:OLYMPUS PEN E-PL8 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ 【アートフィルター:ヴィンテージ】

OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8


今回のKasyapaでは、『OLYMPUS PEN E-PL8』をご紹介いたします。
前モデル『PEN Lite E-PL7』が発売したのは約2年前のこと。可愛らしくおしゃれな見た目がトレードマークであるオリンパスペンシリーズですが、『PEN E-PL8』は今までのペンシリーズから更にシンプルかつスタイリッシュな形へと生まれ変わりました。
バラエティに富んだアートフィルターはもちろん健在。早速1枚目からアートフィルターを使用してみました。設定したのは「ヴィンテージ」のアートフィルター。設定をしてシャッターを切るだけで本格的な加工をカメラが施してくれるので、手軽に雰囲気のある写真を楽しむことが出来ます。


OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8 焦点距離:16mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS PEN E-PL8 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ


ペンシリーズの目玉はアートフィルターだけではありません。JPEG撮って出しが綺麗なのも特徴の1つです。見たままの色をしっかりと表現してくれるのが嬉しいですね。


OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8 焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200
使用機材:OLYMPUS PEN E-PL8 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ 【アートフィルター:ヴィンテージ + フレーム効果】


1枚目で使用したアートフィルター「ヴィンテージ」にフレーム効果を追加。手焼きプリント風の外枠が追加されただけでもかなりオシャレ度が増しましたが、更にアスペクト比も変更してスクエア型に。同じアートフィルターを使用した写真でも、こういった効果を追加することでまた更に雰囲気の違った写真を楽しむことが出来ます。


OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8 焦点距離:42mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:250
使用機材:OLYMPUS PEN E-PL8 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ 【アートフィルター:ドラマチックトーン】


次に使用したのは「ドラマチックトーン」。シャドウ部分が締まり輪郭が強調され、印象的な1枚に仕上がりました。


OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8 焦点距離:25mm / 絞り:F4.7 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:200
使用機材:OLYMPUS PEN E-PL8 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ


こちらもJPEG撮って出し。手前から奥にかけてのイチョウ並木のグラデーションが美しいです。


OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8 OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8
OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8 OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8
(上段・左)焦点距離:28mm / 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1250
(上段・右)焦点距離:14mm / 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:1600
(下段・左)焦点距離:14mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200
(下段・右)焦点距離:14mm / 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1000

以上4枚全て 使用機材:OLYMPUS PEN E-PL8 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ 【アートフィルター:ヴィンテージ + フレーム効果】


スクエアを並べてInstagram風に。撮影途中に寄ったカフェの店内を切り取りました。
こういった何気ない思い出を残すための写真日記として手軽に使用することが出来るのもペンの良い所。軽量・コンパクトなので、カバンに入れて常に持ち歩くのも苦になりません。

ちなみにこの後写真をスマートフォンに転送してみたのですが、Wi-Fiの接続が驚くほど簡単でびっくり!パスワードをいちいち手入力する必要はありません。なんと、画面の指示に従ってQRコードを読み込むだけで設定完了!すぐに転送出来てしまいます。便利な世の中になりましたね…。


OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8 焦点距離:42mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:200
使用機材:OLYMPUS PEN E-PL8 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ 【アートフィルター:デイドリーム】


「デイドリーム」で撮影をすると、少しハイキーで柔らかな仕上がりに。


OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8 焦点距離:25mm / 絞り:F4.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:500
使用機材:OLYMPUS PEN E-PL8 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ 【アートフィルター:ラフモノクローム】


「ラフモノクローム」で撮影をすると、まるでフィルムで撮ったかのようにざらざらとした粒子感が残ります。


OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8 焦点距離:15mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200
使用機材:OLYMPUS PEN E-PL8 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ 【アートフィルター:クロスプロセス】


みんな大好きクロスプロセス!コントラストが高く、ビビッドな写りが印象的。
クロスプロセスのフィルターは2種類搭載されており、「クロスプロセスI」では緑色が強調された写りに。「クロスプロセスII」では赤色が強調された写りになります。
撮影シーンや表現したい雰囲気に合わせて変えてみるのも面白いですね。


OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8 焦点距離:41mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:320
使用機材:OLYMPUS PEN E-PL8 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ 【アートフィルター:ヴィンテージ】





OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8 焦点距離:14mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200
使用機材:OLYMPUS PEN E-PL8 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ 【アートフィルター:トイフォト】


「トイフォト」を使うと、トンネル効果が加わってまさにトイカメラで撮ったかのような1枚に。


OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8 焦点距離:16mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:200
使用機材:OLYMPUS PEN E-PL8 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ 【アートフィルター:ヴィンテージ】





OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8 焦点距離:14mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200
使用機材:OLYMPUS PEN E-PL8 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ


アートフィルターでの撮影が楽しくてつい夢中になり、気付けば日が傾き始めていました。
今回使用したレンズはキットレンズでもある『M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ』。電動式のパンケーキズームレンズということで、小型なE-PL8と組み合わせるにはぴったりのレンズです。
E-PL8とレンズ、総重量はたったの467g。500ミリのペットボトルよりも軽いので、1日持ち歩いていても全く疲れを感じませんでした。


OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL8


『OLYMPUS PEN E-PL8』いかがでしたでしょうか。
写真をご覧いただくとわかるように、グリップの形状がE-PL7と比べてよりスマートになりました。ロゴも箔押しとなり、高級感もUP!今までのペンも美しいデザインが目を引きましたが、E-PL8はより洗練されたデザインとなっています。
また、付属のストラップも今までのものとは違い、それぞれのボディカラーに合わせたレザーのストラップが付いています。このストラップ、見た目が美しいだけでなく肌になじむ柔らかいレザーで作られています。細かい所にもクオリティの高さが伺えますね。

女性人気No.1間違いなしの高級感あふれるホワイト、カメラの造形の美しさを際立たせるブラック、そして今回新たに加わったブラウンの3色展開からなる『OLYMPUS PEN E-PL8』。
お気に入りのカラーを身に着けて、写真のある生活をぜひお楽しみください。


Photo by MAP CAMERA Staff



















Kasyapaトップへ戻る


[Category: OLYMPUS|掲載日時:2016年11月24日 01:30:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!82票


Canon EF85mm F1.4L IS USM

566:ボケもシャープも思いのまま『Canon EF85mm F1.4L IS USM』[2020年01月21日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.4L IS USM CanonEF85mm F1.4L IS USM キヤノンの『EF85mm F1.4L IS USM』は、F1.4という明るさとそれによる豊かなボケ味を有しつつ、Lレンズならではの精細な描写性能を誇るレンズです。そのバランスの良さとふり幅の大きさは、そのまま撮影者の自...
続きを読む
Panasonic LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7

565:「開放F値1.7通し」がもたらす世界『Panasonic LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7』[2020年01月14日]

焦点距離:12mm(換算24mm) / 絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:200使用機材:Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 PanasonicLEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 『Panasonic LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7』は世界一の明るさを誇るズームレンズです。ズーム全域でF1.7というのは、当レン...
続きを読む
Panasonic LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S

564:手ブレ補正付き光学10倍ズームレンズ『Panasonic LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POW...[2020年01月13日]

焦点距離:40mm(換算80mm) / 絞り:F4.7 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200使用機材:Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S PanasonicLUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S パナソニックの『LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S』は、小型・軽量にもかかわら...
続きを読む
TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応)

563:近接撮影も得意なスナップレンズ『TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2』[2020年01月04日]

絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応) TAMRON35mm F2.8 DiIII OSD M1:2 スナップ用の単焦点レンズを選ぶとなったら、筆者は迷わず35mmレンズを手にします。画角的に広すぎたり窮屈すぎたりすることなく、見たままに撮影できると感じるからです...
続きを読む
TAMRON 24mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応)

562:引きも寄りも楽しめる万能レンズ『TAMRON 24mm F2.8 DiIII OSD M1:2』[2020年01月03日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:160 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 24mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応) TAMRON24mm F2.8 DiIII OSD M1:2 もし旅行に1本だけレンズを持って行くとしたら、どれを選びますか。標準ズームレンズは定番かもしれませんし、小さくて軽いパンケーキレンズも魅力的でしょう。今回筆...
続きを読む