【新製品】最高画質のNDフィルター「ZX (ゼクロス) ND」を使ってみました! | THE MAP TIMES 
Select Language



【新製品】最高画質のNDフィルター「ZX (ゼクロス) ND」を使ってみました!

[ Category:etc.|掲載日時:2017年04月17日 13時25分]


「フローティングフレームシステム」採用で究極の解像力と忠実な色再現を実現した
最高画質NDフィルター「ZX (ゼクロス) ND」登場

ゼクロスNDフィルター

超高解像レンズフィルターZX (ゼクロス)シリーズのNDフィルターが登場しました。
ガラスに負荷を与えない画期的なフレーム構造により、究極の平面性を確保し、
超高解像を実現したフィルターは重ねづけしても最高画質を保てる唯一のNDフィルターとのこと。
さっそくその効果を試してみました。


Kenko ZXND
フィルター無し(シャッタースピード:1/500秒)
Kenko ZXND
ZX (ゼクロス) ND8(シャッタースピード:1/60秒)
 
Kenko ZXND
ZX (ゼクロス) ND16(シャッタースピード:1/15秒)
Kenko ZXND
ZX (ゼクロス) ND8 + ND16(シャッタースピード:0.5秒)


NDフィルターは重ね付けすることで、さらに光量を減少させることができます。
ND8とND16を重ねると7段分の減光が可能に。
カメラのAEの性能上、多少の誤差はでましたが、シャッタースピードを遅くすることに成功。
噴水の水の雰囲気を変えることができました。

そして、気になる画質の劣化は?

私には色かぶりも、質感描写の劣化も見つけることができませんでした。
色彩に影響を与えることなく、光の量だけを低下させるているのがよく分かる結果となりました。
NDフィルターを使用すれば、

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +中一光学 SPEED MASTER 85mm F1.2 +ZX ND8

日中でも大口径レンズを開放で使用することや


絞り:F11 / シャッタースピード:5.7秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +XF16-55mm F2.8 R LM WR +ZX ND8 +ZX ND16

低速シャッターで被写体を流したりして、作品づくりの幅を広げることができます。
皆様もぜひ体感してみてください!


ZXフィルターとは

最後に現行モデルの「PRO1 Digital」と撮り比べてみました。

Kenko ZXND Kenko PRO1Digital
Kenko ZXND
絞り:F11 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200
使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +XF16-55mm F2.8 R LM WR
Kenko PRO1D
絞り:F11 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200
使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +XF16-55mm F2.8 R LM WR


若干「PRO1 Digital」シリーズの方が、暗部に黒が乗りやすい印象を受けましたが、見比べてやっと気づくレベル。
これまでのフィルターでは良しとしない、ケンコーフィルターの拘りを見せつけられた印象です。

数ある機能進化の中で、これは便利と感じたのが撥水・撥油コーティング。

撥水撥油コーティング

噴水脇で撮影した際、濡れてしまったフィルターをそのままにしていたら
撥水・撥油コーティングの無い「PRO1 Digital」にだけ乾燥後が残ってしまいました。
動画撮影など、長時間付けっぱなしにすることが想定されるだけに、この恩恵は大きく感じます。

カメラの画素数はとどまることを知らず、動画は4K、8Kへと超高解像化が進みます。
カメラやレンズの性能をフルに活かすなら、新世代フィルターへのステップアップも忘れずに。











<プロテクターもフラッグシップで! ZX プロテクターもどうぞ>








〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2017年04月17日 13時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]