Select Language

【RICOH】THETAで簡易HDRI作成~IBLに挑戦~

[ Category: etc.|掲載日時:2017年07月07日 19時25分]


RICOH THETA最大の魅力は一回の撮影で360°の画像が作成できる点です。
今回はこの画像を利用したRICOH THETAの少しマニアックな活用方法を紹介致します。


第二弾も公開中⇒【RICOH】THETA Vを使って環境マッピング素材を撮影する

RICOH (リコー) THETA m15

3D制作で役立つRICOH THETA活用術
~THETAで撮影した画像を3DCGのライティングとして使う~
3DCG制作において重要な要素の一つがライティングです。
特に、フォトリアルな描写が必要な場合、現実に近い自然な光源を再現する必要があります。

そんな時にIBL(イメージベースドライティング)と呼ばれるライティング方法がよく行われます。
これは、撮影現場の光源を360度フルパノラマのHDRIとして記録し使用します。

それを環境データとして読み込み、ライティングや背景、写り込み等の素材として使用する事で、
3Dモデルがその空間に存在しているような自然なレンダリング結果を得ることができます。

従来は、このHDRIを作成するには機材と手間、時間が必要となり、
個人で作成するにはハードルがありましたが、RICOH THETAシリーズを使用することで、
時間の掛かるパノラマ画像作成の手間を大幅に簡略化できます。

~HDRI撮影~
幅広いダイナミックレンジを得るために、露出の異なる画像をブラケットで撮影します。
「RICOH THETA S」では「マルチブラケット」撮影が可能となっていますが、
今回は、THETA m15を使用したのでiOS向けの無料アプリ「360HDR」を使用し、ブラケット撮影を行いました。
RICOH (リコー) THETA m15
HDRIにする理由として、一般的な画像データはRGBの各色256階調で表現されており、
画像を光源とするIBLでは、光源再現に必要な情報をカバーする事が出来ません。
そこで256階調を超えるダイナミックレンジ情報を持つHDRIが必要になります。

~HDRI作成~
撮影した画像をPCに読み込み、複数の画像をHDRとして一つにまとめます。
RICOH (リコー) THETA m15
今回は、三脚が写っていますが三脚の映り込みを少なくする為に、自立一脚を使用したり編集で消込を行う事でより良いHDRI素材になります。
今回のHDRI編集にはPhotoshopを使用し、人物の消込を行っています。

~HDRI読み込み~
作成したHDRIファイルを光源として、CGソフトに読み込ませます。
3Dモデル
CGソフト上で適当な3Dモデルとマテリアルを割り当てました。


HDRIを元にレンダリングした画像です。
RICOH (リコー) THETA m15
簡易的に作成したHDRIですが、撮影場所の光源再現が上手く出来ました。

より精度の高い光源や色再現が必要な場合は、一眼レフなどを使い情報量の多いRAWで撮影・編集するのが好ましいですが、
撮影の手間や扱い易さを考えるとTHETAは非常に便利です。

THETAを使用することで個人制作ではハードルのあった、パノラマHDRI作成を簡単に行えます。
本来のパノラマカメラとしては勿論、HDRI撮影場所の確保が難しい所や撮影時間の無い現場等、
初心者でも扱いやすく、個人の3D制作でも活躍してくれるカメラです!

↓撮影に使用したカメラ&オススメはコチラから↓







「36回払いまで金利ゼロ!!」でお馴染みの
「超低金利ショッピングクレジット!!」もご利用いただけます。

↓↓詳しくはバナーをクリック!!↓↓


↓↓お電話でのご注文もお気軽にどうぞ!↓↓







〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: etc.|掲載日時:2017年07月07日 19時25分]

面白いと思ったらコチラをClick!79票


HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

【PENTAX】「HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR」速報レポート![2020年01月23日]

本日、1月23日に発表された、35mmフルサイズ判センサー対応の望遠ズームレンズ、 ペンタックス『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』。 発表当日の今日、縁あってほんの数分ながら実機に触れる機会がありましたので、 そのファーストインプレッションを皆様にお届けいたします! 何といっても特筆すべきはその軽量小型な出で立ち。 開放F値2.8の望遠ズームレンズ「HD D FA★ 70-200mm ...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む