【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』

[ Category:Leica|掲載日時:2017年10月22日 18時30分]



Leicaユニバーサル偏光フィルター(13356)
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう?
ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。

↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!)

null null null
画像は、クリックすると大きく表示されます。

二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。

偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、
青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠かせないものですよね。

一眼レフやミラーレスカメラ、ライブビューが可能なカメラにはそのまま使える偏光フィルターですが
ライカのようなレンジファインダーカメラでは、ちょっと工夫が必要です。

レンズを通った光を見ることが出来ないからです。

そこで、13356の登場となるわけです。


Leicaユニバーサル偏光フィルター(13356)
レンズにアダプター(白文字でLEICA E39とある黒い円盤)をネジ込み、13356の側面のネジで固定します。

Leicaユニバーサル偏光フィルター(13356)

使い方はというと、まずは、偏光フィルターが内蔵された前方のリングを
つまみを持って、レンズ前から上方に展開させます。

次に、ファインダーを覗きながら、先端のギザ付き部分を回します。
そうして偏光フィルターの効果が好みの位置になったら
元のレンズ前に戻します。

偏光フィルターは、その効果が最も少ない位置を0度とすると
フィルターを回していき、最も効果が表れる所は、90度で
更に回してゆくと180度で最も少なくなります。
さらに回して270度で最大になり、360度で最小になります。

そこを利用して、13356が作られたわけですね。
前方の偏光フィルターが入ったリングを180度展開させ、調整して、元の位置に戻しても
同じ効果が得られるというわけですね。

Leicaユニバーサル偏光フィルター(13356)
13356をレンズに取り付けるためのアダプター、E39(39mmねじ込み)用の14207と
E46(46mmねじ込み)用の14210の2点が標準装備されています。

また、E49用の14211 とE49(M135mmF3.4)用の14418 が別売されています。


※かつて似たアイテムでPOOTR/13352 偏光フィルター付きフードがありましたが39ミリ口径用でした。


いや~Leicaって、いろいろ工夫して、撮影者の欲求を満たしてくれますよね!














〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年10月22日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へまたその先へ 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となりあんまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントでNikkor 50mm F1.4です 口径には旧日本光学時代の呼び名で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが 同...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.3【航空祭】 2019年09月13日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「航空祭」 航空祭は各地で一年を通して開催されております。 THEMAPTIMESでは2013年からブログがありました。 2013年青森県三沢市航空祭を撮ろう!!(三沢編)、航空祭を撮ろう!!(ブルーインパルス編) 2014年青森県三沢市航空祭を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]