Select Language

【SONY】α7RIIIついに発表!その進化に迫る! Vol.1

[ Category: SONY|掲載日時:2017年10月25日 19時50分]

α7RIII ブログ



突然発表された『SONY α7RIII』は大きな衝撃でした。4240万画素という超高画質はそのままに、RAW撮影で最大10コマという高速連写性能と、399点の像面位相差AFセンサーと425点コントラストAFのハイブリッドAFによって撮影性能が大幅に向上したカメラへと生まれ変わったのです。強力なライバル機が登場する中、またもソニーはデジタルカメラ界をリードするような新機種を送り出してきました!



4240万画素の高画質で
10コマ/秒の高速連続撮影を実現

α7RIII ブログ

新開発のシャッターチャージユニットに加え、画像処理システムを刷新することで、有効約4240万画素の高解像で最高約10コマ/秒のAF/AE追随高速連写を実現。RAW連写時でも最大76枚の連写が持続する大容量バッファを搭載しています。ライブビュー方式では最高約8コマ/秒高速連写、さらに、無音・無振動のサイレント撮影時もフル解像度でAF/AE追随最高約10コマ/秒の連写を実現。静寂さが求められるシーンでも瞬間を逃さず、解像性能を最大限生かして撮影できます。



 

従来比1.8倍の画像処理エンジンと
読み出し速度 約2倍のフロントエンドLSI

デジタルカメラで最も重要なパーツとも言える画像処理エンジンのBIONZ XとフロントエンドLSIを新世代のものに一新。色表現の向上に加え、ISO800〜3200前後で約1段分のノイズを低減。また、連写時や電子シャッターを使ったサイレント撮影時においても14bitでのRAW出力が可能になりました。



追従性能が約2倍に進化した
「瞳AF」

α7RIII ブログ

α9に搭載した新AFアルゴリズムを本機用に最適化。画像処理システムの刷新も寄与し、低照度時のAF速度や動体追随性能が従来比最大約2倍に向上。さらに、撮像エリアの縦約68%×横約68%の範囲をカバーする399点像面位相差AFセンサーに加え、コントラストAF枠を従来の25点から425点に多分割化し、AF精度も大幅に向上しました。また、瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」機能も進化。検出精度・速度を高め、追随性能が約2倍に向上。動きのある人物撮影でも瞳を素早く捉えピントを合わせ続けます。



デュアルSDカードスロットと
マルチセレクター

リレー記録・同時記録が可能なデュアルスロットを搭載。スロット1はUHS-II対応なので、大容量の撮影データも高速で書き込むことが可能です。
また、操作系は『α9』の形を踏襲し、AFポイントを任意で変えることのできるマルチセレクターが追加になったのが大きな進化点です。



想像を超える画質を実現する
「ピクセルシフトマルチ撮影」

α7RIII ブログ

ピクセルシフトマルチ撮影は、1ピクセルずつイメージセンサーを動かして4枚を連写合成することで忠実な色再現と圧倒的な高画質を実現する機能。ペンタックスの「リアル・レゾリューション・システム」や、オリンパスの「ハイレゾショット」と原理的に近く、「ピクセルシフトマルチ撮影」では4枚合成で得た約1億6,960万画素のデータを専用パソコンソフトの「Imaging Edge」で合成・現像し、約4,240万画素の画像を作り出せます。



α9と同じ大容量バッテリー
「NP-FZ100」採用

従来のα7シリーズでウィークポイントだったバッテリー容量も、『α9』と共通のNP-FZ100を採用することにより容量が約2.2倍へUP!ファインダー使用で約530枚の静止画撮影が可能です。







次の記事へ >>




〓〓新製品〓〓


[ Category: SONY|掲載日時:2017年10月25日 19時50分]

面白いと思ったらコチラをClick!71票


【OLYMPUS】ギュッと詰まった小型化技術

【OLYMPUS】ギュッと詰まった小型化技術[2019年11月13日]

プラザ正面に堂々たる展示が。 2019年11月22日発売が決まったOM-D E-M5 Mark III。 先代のOM-D E-M5 Mark II発売が2015年3月なので、実に4年半ぶりのモデルチェンジです。 新製品の全国ツアーとも言うべき「OLMPUS FOTOFESTA 2019」にて試した方もいらっしゃると思いますが、東京は少し先の11月16日。 幸いにしてオリンパスプラザ新宿がご近所なので、タッチ&トライと作例写真鑑賞を兼ねて進化点を伺ってきました。 オリンパスの十八番ライブコンポジットの作例が美しい ■随所に感...
続きを読む
秋風に手を振って

【Canon】11月、秋風に手を振って ー憧れー[2019年11月12日]

待っていました。頬撫でる風に秋の匂いが混ざるこの時を。 待っていました。憧れ続けたこのカメラを使えるその時を。 キヤノンユーザーならば一度は使ってみたいと思うカメラ、「EOS-1DX MarkⅡ」。左肩には誇らしげに輝く「D」のバッジを配し、日本の、ひいては世界の報道やスポーツ現場の“今”を伝え続けたメッセンジャー。 そのカメラに「EF85mm f1.2L Ⅱ USM」を装着し、夢の島へ行ってまいりました。 長年の夢だった組み合わせで撮影する場所が「夢の島」だなんて、素敵な偶然もあったものです...
続きを読む
D610 24-85mm

【Nikon】新しい地図のつくりかた Vol.1 地下神殿[2019年11月12日]

秋になり、過ごしやすくなりました。 普段なら行かないような場所も、不思議と行きたくなります。 今回は普段行かないような、とある施設に行ってきました。 その施設とは・・・ 〈首都圏外郭放水路〉 通称、地下神殿とも呼ばれています。 今回はこの施設の見学ツアーに参加してきました。 首都圏を洪水から守るために作られた施設として近年話題になっています。 いくつかのツアーがありますが、今回は〈深部を探る!ポンプ堪能コース〉に参加しました。 首都圏外殻放水路は三脚持ち込み...
続きを読む
X-Pro3&XF35mmF1.4

【FUJIFILM】X-Pro3と行く日光の旅[2019年11月12日]

テレビで某鉄道会社が名曲My Favorite Thingsをバックに京都に行くCMも流れ始めましたね。 ということで「そうだ!紅葉撮りに行こう」となり、両親と奥さんを引き連れてと日光へ向かいました。 相棒は今月28日に発売予定の「FUJIFILM X-Pro3」。 まだまだカメラ初心者の筆者は普段「X-T20」を愛用しており、「X-Pro」シリーズは初体験。 ファインダーの位置の違いだけでも戸惑うようなレベルですが、 愛用の「フジノン XF 35mm F1.4 R」を装着して、秋の日光を満喫してきました。 まずは「湯...
続きを読む
写真展のご案内 〜『AboxPhotoClub Toyama 2019』写真展

写真展のご案内 〜写真展『Abox Photo Club Toyama 2019』~[2019年11月12日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『AboxPhotoClub Toyama 2019』 です。 是非足をお運び下さい。 会場:富山市ガラス美術館5F ギャラリー1・2(入場無料) 会期:2019 年11 月15 日(金)~17 日(日) 開場:10時~19時(最終日17時まで) 出品作家:高崎 勉(塾長)/阿閉 みゆき/池田 真理/碓井 勇一郎/岡本 和宏/奥沢 翔平/粕谷 千春/金川 はるみ/金田 めぐみ/亀井 栄二/川村 浩一/行天 琴美/黒谷 さおり/澤田 修平...
続きを読む