Select Language

【SONY】α7RIIIついに発表!その進化に迫る! Vol.2

[ Category: SONY|掲載日時:2017年10月25日 19時51分]

α7RIII ブログ



続いては同じソニーの高画素機『α7RII』とライバル機『Nikon D850』と『Canon EOS 5Ds/5DsR』との比較です。一眼レフとミラーレスでは構造が違うため一概に数値だけでは比べられない点もありますが、撮影性能は現行のデジタル機の中でもトップクラスと言えます。

  SONY α7RIII  SONY α7RII Nikon D850 Canon EOS 5Ds/5DsR
有効画素数 4240万画素 4240万画素 4575万画素 5060万画素
最大記録画素数 7952×5304ピクセル 7952×5304ピクセル 8256×5504ピクセル 8688×5792ピクセル
ISO感度
(静止画)
100~32000
(50相当の減感
102400相当の増感可能)
100~25600
(50相当の減感
102400相当の増感可能)
64~25600
32相当の減感
102400相当の増感可能)
100~6400
(50相当の減感
12800相当の増感可能)
記録媒体 SDメモリーカード/メモリースティックPRO×2
(スロット1は UHS-IIに対応)
SDメモリーカード/メモリースティックPRO×1
(SDHC、SDXCカードは UHS-Iに対応)
XQDカード×1
SDメモリーカード×1
(SDHC、SDXCカードは UHS-I/IIに対応)
SDメモリーカード×1
(SDHC、SDXCカードは UHS-Iに対応)
CFカード×1
(Type I、UDMA7対応)
ファインダー 0.5型電子ビューファインダー、約368万ドット 0.5型電子ビューファインダー、約240万ドット ペンタプリズム使用、アイレベル式 ペンタプリズム使用、アイレベル式
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.75倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.71倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 399点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
399点(位相差検出方式)
25点(コントラスト検出方式)
153点(うち、99点でクロス測距が可能、15点F8対応、選択可能55点) 61点(うち、41点でクロス測距が可能、中央1点F8対応)
連続撮影速度 最高約10コマ/秒 最高約5コマ/秒 最高約7コマ/秒

マルチパワーバッテリーパック MB-D18+電源がEN-EL18bの場合、最高約9コマ/秒
最高約5コマ/秒
連続撮影枚数(RAW) 76コマ 23コマ 51コマ(XQDカード) 14コマ(CFカード)
動画撮影 4K対応(HDR動画に対応)
3840×2160/30,24p
1920×1080/120,60,30,24p
4K対応
3840×2160/30,24p
1920×1080/60,30,24p
1280×720/120,30p
4K対応
3840×2160/30,25,24p
1920×1080/60,50,30,25,24p
1280×720/60,50p
フルHD
1920×1080/30,25,24p
1280×720/60,50p
液晶モニタ 3型TFT液晶
約144万ドット
チルト可動式 / タッチパネル対応
3型TFT液晶
約122.88万ドット
チルト可動式
3.2型TFT液晶
約236万ドット
チルト可動式 / タッチパネル対応
3.2型TFT液晶
約104万ドット
バッテリー撮影可能枚数 NP-FZ100
約530コマ
NP-FW50
約290コマ
EN-EL15a
約1840コマ
LP-E6N
約700コマ
寸法(W×H×D)
質量(バッテリーなど含む)
約126.9×95.6×62.7mm
約657g
約126.9×95.7×60.3mm
約625g
約146×124×78.5mm
約1005g
約152×116.4×76.4mm
約930g






<< 前の記事へ




〓〓新製品〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2017年10月25日 19時51分]

面白いと思ったらコチラをClick!91票


秋風に手を振って

【Canon】11月、秋風に手を振って ー憧れー[2019年11月12日]

待っていました。頬撫でる風に秋の匂いが混ざるこの時を。 待っていました。憧れ続けたこのカメラを使えるその時を。 キヤノンユーザーならば一度は使ってみたいと思うカメラ、「EOS-1DX MarkⅡ」。左肩には誇らしげに輝く「D」のバッジを配し、日本の、ひいては世界の報道やスポーツ現場の“今”を伝え続けたメッセンジャー。 そのカメラに「EF85mm f1.2L Ⅱ USM」を装着し、夢の島へ行ってまいりました。 長年の夢だった組み合わせで撮影する場所が「夢の島」だなんて、素敵な偶然もあったものです...
続きを読む
D610 24-85mm

【Nikon】新しい地図のつくりかた Vol.1 地下神殿[2019年11月12日]

秋になり、過ごしやすくなりました。 普段なら行かないような場所も、不思議と行きたくなります。 今回は普段行かないような、とある施設に行ってきました。 その施設とは・・・ 〈首都圏外郭放水路〉 通称、地下神殿とも呼ばれています。 今回はこの施設の見学ツアーに参加してきました。 首都圏を洪水から守るために作られた施設として近年話題になっています。 いくつかのツアーがありますが、今回は〈深部を探る!ポンプ堪能コース〉に参加しました。 首都圏外殻放水路は三脚持ち込み...
続きを読む
X-Pro3&XF35mmF1.4

【FUJIFILM】X-Pro3と行く日光の旅[2019年11月12日]

テレビで某鉄道会社が名曲My Favorite Thingsをバックに京都に行くCMも流れ始めましたね。 ということで「そうだ!紅葉撮りに行こう」となり、両親と奥さんを引き連れてと日光へ向かいました。 相棒は今月28日に発売予定の「FUJIFILM X-Pro3」。 まだまだカメラ初心者の筆者は普段「X-T20」を愛用しており、「X-Pro」シリーズは初体験。 ファインダーの位置の違いだけでも戸惑うようなレベルですが、 愛用の「フジノン XF 35mm F1.4 R」を装着して、秋の日光を満喫してきました。 まずは「湯...
続きを読む
写真展のご案内 〜『AboxPhotoClub Toyama 2019』写真展

写真展のご案内 〜写真展『AboxPhotoClub Toyama 2019』~[2019年11月12日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『AboxPhotoClub Toyama 2019』 です。 是非足をお運び下さい。 会場:富山市ガラス美術館5F ギャラリー1・2(入場無料) 会期:2019 年11 月15 日(金)~17 日(日) 開場:10時~19時(最終日17時まで) 出品作家:高崎 勉(塾長)/阿閉 みゆき/池田 真理/碓井 勇一郎/岡本 和宏/奥沢 翔平/粕谷 千春/金川 はるみ/金田 めぐみ/亀井 栄二/川村 浩一/行天 琴美/黒谷 さおり/澤田 修平...
続きを読む
X-PRO3×Voigtlander

【FUJIFILM】X-PRO3 夜の新宿をVoigtlanderで撮る【カメラを愉しむ vol.1】[2019年11月11日]

噂の名機「FUJIFILM X-PRO3」で早速夜の新宿を撮影! 組み合わせるレンズは「Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM (ライカM用)」と接写撮影を可能にするアダプター「Voigtlander マウントアダプター ライカMレンズ/フジXボディ用(VM-X クローズフォーカスアダプター)」。 純正レンズの性能が高く、魅力的なレンズばかりなのは言うまでもないがなぜ私がこのレンズをセレクトしたのか。 「写真と言う原点」をフィルム時代のように楽しみたい。 と言う思いからだ。 液晶モニター部分に「フィルムホ...
続きを読む