【SONY】α7RIIIついに発表!その進化に迫る! Vol.2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】α7RIIIついに発表!その進化に迫る! Vol.2

[ Category:SONY|掲載日時:2017年10月25日 19時51分]


α7RIII ブログ



続いては同じソニーの高画素機『α7RII』とライバル機『Nikon D850』と『Canon EOS 5Ds/5DsR』との比較です。一眼レフとミラーレスでは構造が違うため一概に数値だけでは比べられない点もありますが、撮影性能は現行のデジタル機の中でもトップクラスと言えます。

  SONY α7RIII  SONY α7RII Nikon D850 Canon EOS 5Ds/5DsR
有効画素数 4240万画素 4240万画素 4575万画素 5060万画素
最大記録画素数 7952×5304ピクセル 7952×5304ピクセル 8256×5504ピクセル 8688×5792ピクセル
ISO感度
(静止画)
100~32000
(50相当の減感
102400相当の増感可能)
100~25600
(50相当の減感
102400相当の増感可能)
64~25600
32相当の減感
102400相当の増感可能)
100~6400
(50相当の減感
12800相当の増感可能)
記録媒体 SDメモリーカード/メモリースティックPRO×2
(スロット1は UHS-IIに対応)
SDメモリーカード/メモリースティックPRO×1
(SDHC、SDXCカードは UHS-Iに対応)
XQDカード×1
SDメモリーカード×1
(SDHC、SDXCカードは UHS-I/IIに対応)
SDメモリーカード×1
(SDHC、SDXCカードは UHS-Iに対応)
CFカード×1
(Type I、UDMA7対応)
ファインダー 0.5型電子ビューファインダー、約368万ドット 0.5型電子ビューファインダー、約240万ドット ペンタプリズム使用、アイレベル式 ペンタプリズム使用、アイレベル式
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.75倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.71倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 399点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
399点(位相差検出方式)
25点(コントラスト検出方式)
153点(うち、99点でクロス測距が可能、15点F8対応、選択可能55点) 61点(うち、41点でクロス測距が可能、中央1点F8対応)
連続撮影速度 最高約10コマ/秒 最高約5コマ/秒 最高約7コマ/秒

マルチパワーバッテリーパック MB-D18+電源がEN-EL18bの場合、最高約9コマ/秒
最高約5コマ/秒
連続撮影枚数(RAW) 76コマ 23コマ 51コマ(XQDカード) 14コマ(CFカード)
動画撮影 4K対応(HDR動画に対応)
3840×2160/30,24p
1920×1080/120,60,30,24p
4K対応
3840×2160/30,24p
1920×1080/60,30,24p
1280×720/120,30p
4K対応
3840×2160/30,25,24p
1920×1080/60,50,30,25,24p
1280×720/60,50p
フルHD
1920×1080/30,25,24p
1280×720/60,50p
液晶モニタ 3型TFT液晶
約144万ドット
チルト可動式 / タッチパネル対応
3型TFT液晶
約122.88万ドット
チルト可動式
3.2型TFT液晶
約236万ドット
チルト可動式 / タッチパネル対応
3.2型TFT液晶
約104万ドット
バッテリー撮影可能枚数 NP-FZ100
約530コマ
NP-FW50
約290コマ
EN-EL15a
約1840コマ
LP-E6N
約700コマ
寸法(W×H×D)
質量(バッテリーなど含む)
約126.9×95.6×62.7mm
約657g
約126.9×95.7×60.3mm
約625g
約146×124×78.5mm
約1005g
約152×116.4×76.4mm
約930g






<< 前の記事へ




〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年10月25日 19時51分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]