【SONY】α7RIII 先行展示レポート | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】α7RIII 先行展示レポート

[ Category:SONY|掲載日時:2017年10月31日 20時20分]


α7RIII

先日ソニーより発表のあった大型の新製品「SONY α7RIII」の予約受付が本日2017年10月31日よりスタートいたしました。そして、同じく本日より全国各地のソニーストアにて先行展示が開始されたということで、前モデルである「α7RII」と大口径ズームレンズ「FE 24-70mm F2.8 GM」を携えて早速銀座にあるソニーストアへと足を運びました。
ライン
α7RIII

11時の開店と同時に店内へ。私を含め、並んでいた方の向かう先はもちろん「α7RIII」です。
α7RIIIを試されている方や、スタッフの方に詳しい機能面についての質問をしている方が多数居たりと、発売前から注目度の高さが伺えました。


α7RIII

展示台には「α7RIII」と、同日発売予定の「FE24-105mm F4 G OSS」が1つずつ並んで置いてあり、真ん中には商品スペックが書かれたリーフレットが。
季節に合わせた秋らしい試写用の小道具も置いてありました。


α7RIII

さあ、いよいよα7RIIIとご対面です!
外観はα9からドライブモードダイヤルとフォーカスモードダイヤルを無くしたものとほぼ同一。α7RIIと比べてグリップが握りやすくなり、シャッターボタンのフィット感も向上していました。
また、最初にシャッターを切った際に気が付いたのですが、シャッター音がα7RIIともα9とも違うのです。新開発のシャッターチャージユニットによるものだとは思いますが、今までのα7シリーズの「カシャン」というゆっくりとした音と比べて「カシャ!」とキレが良く、一枚一枚の撮影により重みが感じられました。シャッター音にも何かこだわりがあるのかもしれません。


α7RIII

背面には、控えめに主張する「α7RIII」の刻印がキラリと輝きます。
じっくりと外観とシャッター音を楽しんでいるうちに、後ろにどんどんと列が出来てしまいました。
ちなみに、混雑時の制限時間は5分。タイマーでしっかりとスタッフの方が管理されているので、皆さん平等にα7RIIIを体験することが出来ます。


α7RIII

背面ボタンも非常に操作しやすく、特にコントロールホイールはα7RIIよりも更にしっかりとした操作感で、とっさの設定変更でも確実なセッティングができると感じました。
新搭載のマルチセレクターはピント拡大中に操作することでより綿密なピント合わせを可能としてくれる優れもの。
カードスロットも待望のデュアルスロットに。更にはタッチパネルも搭載。また、新たにRAW+JPEG記録時にJPEGの画質が変更できるようになったのも嬉しいポイントです。(従来はファイン固定だったところ、エクストラファイン/ファイン/スタンダードが選べるようになりました。)


α7RIII

α6500、α9で好評だったチルト時のアイセンサー無効機能ももちろん付いています。
個人的にこの進化が一番嬉しかったです。上の写真のようにぐっと体に近づけても、モニターの表示が消えてしまうことはありません。

そして、もう1つ特筆すべき点としては「Aマウントレンズ装着時も瞳AFに対応する」ということ。残念ながらソニーストアではAマウントレンズを装着して試すことは出来ませんでしたが、その情報だけでも心が躍るというもの。Eマウントユーザーを増やしつつも、Aマウントユーザーの要望もしっかりとカバーしてくれる。ソニーが支持される所以を感じました。


α7RIII

また、女性が持ってもフィットするこのサイズ感に改めて感動しました。重量を調べてみたところ、α9、α7RII、α7RIIIの中でα7RIIIが一番軽量だということに気付き驚きました。(※いずれもバッテリー無しの場合)
α9とα7RIIそれぞれの良いところを踏襲しつつ、価格をここまで抑えるだけでなく重量まで抑えてしまうとは…。恐れ入ります。
ライン
FE24-105mm F4 G OSS

α7RIIIの隣には、同じく新製品である「FE24-105mm F4 G OSS」が並んでいました。
広角~望遠域をカバーしてくれるオールマイティなレンズ。F4通しと使いやすく、Gレンズのため画質も申し分なし。想像以上にコンパクトなのもうれしい誤算でした。


FE24-105mm F4 G OSS

AFは非常に早く、狙った被写体を逃がしません。少し触ってみただけでもその優秀さが十分に感じられました。
出てくる画もさすがGレンズといったところ。コントラストが高く、クリアな描写が印象的です。
これから長くEマウントユーザーに愛されていくレンズとなることでしょう。
ライン
ソニーストア銀座での体験レポートをお届けいたしましたが、いかがでしたでしょうか。
α7RIIを使用している時に感じる「これがあったら良いのに」が解消されていることが感じられる、非常に完成度の高い1台でした。今から発売日が待ち遠しいです!


2017年11月25日(土)発売予定!
ご予約はぜひマップカメラで!
▼ご予約受付はこちらから▼



タッチパネルを保護する液晶保護ガラスや
予備バッテリー、バッテリーグリップ等
▼おすすめアクセサリーはこちら▼




〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年10月31日 20時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]