Nippon kogaku japan 5cm f1.4 の音色 | THE MAP TIMES 
Select Language



Nippon kogaku japan 5cm f1.4 の音色

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月03日 20時00分]



null
Nippon kogaku japan nikkor-s.c 5cm f1.4 ライカLマウント(写真右)

日本光学工業株式会社(現ニコン)は、戦後の一定期間、他社用にLマウントのレンズを供給していましたが、
自社用Sマウントレンズには無くて、一部のLマウントレンズにしかないものがあります。
古いレンズがお好きな方はピンとくることと思いますが、それは、ピントリングのストッパー機構です。
今回は、少々マニアックですが、このストッパー機構の音色についてです。

null
null

個人的にゾナー型のレンズの写りが大好きで、5cm f1.4のこのレンズを愛用しているのですが、
写真を撮る際に、このストッパーが煩わしくもあり、この優しい感触が楽しくもあります。
だいぶ使い込まれた個体であるため経年変化で優しい感触になっているのかもしれませんが、
このストッパーの定位置に戻す際の音も佳いのです。

このストッパー機構、ライカのズマリット50mm F1.5などにもあるですが、ノブに指を当てて戻す際は、
ライカが精密感ある「カチン」という高く響くような乾いた音色に対して、
ニッコールは「カチッ」という、やや低くやわらかい優しい音色。
ライカ同様、精密感溢れる感触や音だろうと思い込んでいただけに、このニコンの優しさは意外でした。

null
ストッパーにノブが固定されている状態

null
ストッパーからノブが解除された状態

個体ごとの製造年数はわかりませんが、1951年から製造されていた為、初期ロットであれば70年近い年月が流れていることになります。
このレンズが新品として売られていた時、どんな音色を響かせていたのでしょうか。
もっと精密感ある音色だったのか、それとも当初から優しい音色だったのか、今となっては確かめる術もありません。

凛と空気が張り詰める冬の夜、クラシックレンズの描写だけではなく、その音に耳を傾けてみてください。
レンズそのものが駆け抜けてきた時代に想いを馳せるのも、またひとつのレンズの楽しみです。

もちろん描写そのものも、3群7枚のクラシックゾナーらしい、開放ではとても雰囲気のある描写をしますので、
撮影でも楽しめるのは間違いありません。

null
Voigtlander BESSA R3A, Nippon kogaku japan nikkor-s.c 5cm f1.4(L)

null
Sony α7, Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター,
Nippon kogaku japan nikkor-s.c 5cm f1.4(L)

※さらに初期のロットには、Nippon kogaku Tokyo銘のレンズが存在しますが、筆者は未だ実物に巡り会えた事がありません。
※音の感じ方には個人差がありますので、ご了承ください。また、ピントリングを掴んで戻すと音色の印象は変わります。
※当店では、同レンズの商品名を Nikon (ニコン) NIKKOR-S.C (L) 50mm F1.4と表記しております。







〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓





[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月03日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】D500と夏の日々 【Nikon】D500と夏の日々 2018年09月20日
Nikon D500+Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZF.2 焦点距離:50mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100 子どもの長い夏休みも終わり、だんだん秋の気配を感じるようになってきました。 夏生まれというのもあってか一番好きな季節が終わるこの時期は少し寂しい気持ちになります。 思い返せば今年の夏もちょっとでも出かける時にはD500を持ち出し、気ままに写真を撮って楽しんでいたなあと思います。 Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED 焦点距離:20mm ...
続きを読む
CarlZeiss Makro-Planar 100mm F2 ZF.2 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む
私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 2018年09月17日
『私がカメラを始めたきっかけ』シリーズのVol.7 家族と家電量販店に行くと必ずカメラコーナーへとひとり消えていく父。 そんな父に影響され私はカメラを始めました。 幼い頃は「カメラなんて面白いのかなぁ」とか「なんでいちいち記念写真を撮るんだろう。じっとしてなきゃいけないし…。」なんて思ってました。 当時、新車を購入しウキウキだった父は長野県の美ヶ原という場所まで家族みんなでドライブに行こうと言いました。 免許を取って間もなかった私は運転練習も兼ねてついて行くことに。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]