MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



高画素機で撮るモノクローム

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年01月07日 01時00分]




昨年、2017年はニコンのD850、ソニーのα7RIIIなど高画素でなおかつ高性能なモデルが相次いで登場し盛り上がりました。

ところで高画素の機種について、
「センサーが高精細すぎて半端なレンズでは粗が目立つ」
「センサーの性能をフルに活かすためにはレンズも高性能なものを使わなければならない」
などと言われることが多いと思います。

では高画素の機種で気軽に撮影はできないものか、できるだけ軽快に撮影を楽しめないものか検証しようと思います。

今回使用した機材は、
Nikon D800E
Voigtlander ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

いずれも現行品ではありませんが、D800Eは有効画素数36.3 メガピクセルと現行機種に負けない画素数を誇り、
レンズのULTRON 40mm F2 Aspherical SL IINは現行機種と比べると最短撮影距離は長いですが、
全長24.5mmとパンケーキレンズと呼ぶにふさわしい薄さになっています。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

レトロな雰囲気の駄菓子屋のそばにあった電灯です。
高画素機の魅力として、その高精細な描写により被写体の質感が手に取るように感じられる点があります。
最新のレンズではよりシャープに隅々まで描写してくれると思いますが、
このレンズはディティールを残しつつやわらかく描写しています。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

初詣に寄った神社の境内にある狛犬の彫刻です。
時代を経た木材が醸し出す質感が伝わってくるようです。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

狛犬の顔を拡大してみました。
ここまで拡大してもディティールは失われず、かつ柔らかく描写されています。
「おまえは何をしに来たんだ?」と言わんばかりの表情に圧倒されてしまいます。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

同じく寺の境内にある木彫りの彫刻が彫られている壁です。このお寺はこの木彫りの壁が有名です。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

中央上の二人をほぼ等倍に拡大してみました。
木の線の一本一本までしっかり描写されているのがわかります。
最新のレンズではもう少しシャープさが増してシャキッと写ると思います。
それらと比べてこのレンズは線が細い、というか柔らかいという表現が合うと思います。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II
Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II
Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II


いかがでしたでしょうか?
どうしても最新の技術を使ったレンズには及ばない部分はあります。
特に先に述べた「高精細な描写を楽しむ」という点では物足りない、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
そしてそもそもマニュアルレンズですからスピーディな撮影はなかなか難しいです。
しかし高性能のレンズは単焦点を除けばたいてい重く、大きいです。

今回使用した機材はボディ、レンズあわせて1㎏程度です。
この大きさ重さでこれほど濃密な写真が撮れるのですから軽快に撮影したい方にはお勧めです。
なお、現行のULTRON 40mm F2 Aspherical SL II Sは少し直径が長くなりましたが、
最短撮影距離が25㎝まで寄れるようになっています。




現行機種の写真はこちらからぜひご覧ください!
Kasyapa















〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年01月07日 01時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ROUTE YOKOSUKA 【Canon】ROUTE YOKOSUKA 2018年08月16日
台風が来ては去り、来ては去りを繰り返す平成最後の夏ですが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。 8月某日。 私はこの日「Canon EOS Kiss M」と「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」をもってドライブに繰り出しました。 ミラーレスカメラにもかかわらず約2410万画素を誇るKiss M。 他のKissシリーズの一眼レフに引けを取りません。 それなのに、コンパクトで手が小さい筆者にも構えやすい形をしています。 この日はお台場と横須賀へ向かいました。 夏休みということもあり、観光客で賑わうお台場...
続きを読む
Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G 【Nikon】都会の日常 2018年08月15日
『Nikon D750 + AF-S NIKKOR 85mm F1.4G』 -言葉を写真に- 日常で思うことを言葉ではなかなか伝えることが難しい。だから写真に写す。 今回、Nikonで小型・軽量約750gを実現しているFXフルサイズボディ、D750と ポートレートで使われることが多い85mm、 そして夜の雰囲気を撮りたかったため、憧れのF1.4を… "スナップ写真"を撮るにはあまり想像しにくい単焦点85mmですが、 撮りたい光景を思い浮かべ、自分の撮影スタイルで機材を考えた末、このセットを選んでみました。 ...
続きを読む
Leica M8 + Summicron M35mm F2(6枚玉) + UV/IRフィルターE39 【Leica】M8という選択 2018年08月14日
8月もお盆に差し掛かり、平成最後の夏も気がつけばあと僅か。 「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、まだまだ酷暑が収まらない今夏。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 今回ご紹介するのはLeica M8。 「M8、今はもうM10でしょう?」と思われる方も多いと思います。 しかしこのM8には多くの魅力があると共に、ライカのデジタルM機の中では最も お買い得。それなりの理由はありますが…「デジタルのライカを何としてでも使ってみたい!」 という方には選択肢として十分検討範囲になるモデル...
続きを読む
片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 写真展のご案内 〜 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 2018年08月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
天然ものを求めて 天然ものを求めて 2018年08月13日
SONY α7RⅢ + Carl Zeiss Loxia 50mm F2 50mm | F3.2 | 1/80 | ISO800 天然ものを求めて 毎年必ず食べに伺う「天然もの」。それはうなぎ。 食用として出回る多くは養殖な現代、天然うなぎを提供する店は数少ない。 港区の名店でも「天然」は特別な位置付けである。 夏の終わりから冬にかけてが旬な天然うなぎは、 淡白であっさりとし脂くどさがなく、川魚の風味を感じるのが特徴であり、好みも分かれそうです。 筆者の愛用機「α7RⅢ」を下げて今年も訪問してきました。 朝の関越道...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]