高画素機で撮るモノクローム | THE MAP TIMES 
Select Language



高画素機で撮るモノクローム

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年01月07日 01時00分]




昨年、2017年はニコンのD850、ソニーのα7RIIIなど高画素でなおかつ高性能なモデルが相次いで登場し盛り上がりました。

ところで高画素の機種について、
「センサーが高精細すぎて半端なレンズでは粗が目立つ」
「センサーの性能をフルに活かすためにはレンズも高性能なものを使わなければならない」
などと言われることが多いと思います。

では高画素の機種で気軽に撮影はできないものか、できるだけ軽快に撮影を楽しめないものか検証しようと思います。

今回使用した機材は、
Nikon D800E
Voigtlander ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

いずれも現行品ではありませんが、D800Eは有効画素数36.3 メガピクセルと現行機種に負けない画素数を誇り、
レンズのULTRON 40mm F2 Aspherical SL IINは現行機種と比べると最短撮影距離は長いですが、
全長24.5mmとパンケーキレンズと呼ぶにふさわしい薄さになっています。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

レトロな雰囲気の駄菓子屋のそばにあった電灯です。
高画素機の魅力として、その高精細な描写により被写体の質感が手に取るように感じられる点があります。
最新のレンズではよりシャープに隅々まで描写してくれると思いますが、
このレンズはディティールを残しつつやわらかく描写しています。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

初詣に寄った神社の境内にある狛犬の彫刻です。
時代を経た木材が醸し出す質感が伝わってくるようです。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

狛犬の顔を拡大してみました。
ここまで拡大してもディティールは失われず、かつ柔らかく描写されています。
「おまえは何をしに来たんだ?」と言わんばかりの表情に圧倒されてしまいます。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

同じく寺の境内にある木彫りの彫刻が彫られている壁です。このお寺はこの木彫りの壁が有名です。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

中央上の二人をほぼ等倍に拡大してみました。
木の線の一本一本までしっかり描写されているのがわかります。
最新のレンズではもう少しシャープさが増してシャキッと写ると思います。
それらと比べてこのレンズは線が細い、というか柔らかいという表現が合うと思います。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II
Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II
Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II


いかがでしたでしょうか?
どうしても最新の技術を使ったレンズには及ばない部分はあります。
特に先に述べた「高精細な描写を楽しむ」という点では物足りない、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
そしてそもそもマニュアルレンズですからスピーディな撮影はなかなか難しいです。
しかし高性能のレンズは単焦点を除けばたいてい重く、大きいです。

今回使用した機材はボディ、レンズあわせて1㎏程度です。
この大きさ重さでこれほど濃密な写真が撮れるのですから軽快に撮影したい方にはお勧めです。
なお、現行のULTRON 40mm F2 Aspherical SL II Sは少し直径が長くなりましたが、
最短撮影距離が25㎝まで寄れるようになっています。




現行機種の写真はこちらからぜひご覧ください!
Kasyapa















〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年01月07日 01時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 2018年10月18日
9月27日にGoPro HERO7が発売されました。 アクションカメラの最先端とも呼ばれるGoPro 本日は私が所持しているGoProHERO6の魅力を微力ながらお伝えできたらと思います。 海が好きな筆者は海中世界を写真に残したいと水中カメラを探しておりました。今までは予算低めで出来るだけダイビングの荷物にならないよう、防水性のコンパクトデジタルカメラを使用していました。 しかし、画質があまり良くない。 そんな時知ったのがGoPro。 今まで使っていのとは桁違いにコンパクトで軽量、高画質、手...
続きを読む
【店頭限定】10月31日まで中古がお買い得!ハロウィンセール! 【店頭限定】10月31日まで中古がお買い得!ハロウィンセール! 2018年10月18日
皆様こんにちは! 10月も半分を過ぎ、肌寒い日が増えてきました。 これから山が色づいてきて、いよいよ本格的に秋の様相となるのでしょう。 さて、マップカメラ本館よりお買い得な【店頭限定セール】のご案内! 10月31日までの期間限定となっております。 マップカメラ本館地下フロアより、全館を代表してセール対象の商品をいくつかご紹介していきたいと思います! まずはCarl ZeissのライカMマウント用レンズ(以下ZMマウントレンズと記載)「Sonnar T*85mm F2 ZM」 ZMマウントレンズは日本のレ...
続きを読む
Motorsports photo #4 Motorsports photo #4 2018年10月17日
「10月サーキット撮影-FUJI FILMで撮る-」 前回のサーキット撮影から2ヶ月たち、久しぶりに富士スピードウェイに行ってまいりました。 今回の撮影は「WEC世界耐久選手権 第4戦富士6時間レース」。予選から雨が降るコンディションということもあり、レインカバーをカメラに装着し機材を保護しながら撮影しておりました。 今回のレースは世界選手権ということもあり、海外から観戦に来ている方が多く、加えてピットやパドックエリアも普段のレースの雰囲気とは違い、海上コンテナがずらりと並び、とても新鮮...
続きを読む
下取センターが本館6Fにリニューアルオープン!! 下取センターが本館6Fにリニューアルオープン!! 2018年10月17日
皆様こんにちは! 10月17日(水)にマップカメラ本館6Fがリニューアル致します!! 今までは「買取センター」がマップカメラ本館から30mほど離れた建物にありましたが この度、カメラやレンズのお買い換えをされるお客様を対象とした 「下取センター」がマップカメラ本館6Fにオープン致します! オープンを記念いたしまして、A4サイズのオリジナル縦型トートバッグを5万円以上お買上げの先着1000名様にプレゼント! 今お持ちのカメラやレンズからのお買い換えをご検討中のお客様! 下取のご...
続きを読む
【Leica】SL(Typ601)で撮るライブ in 新宿 Live Freak 【Leica】SL(Typ601)で撮るライブ in 新宿 Live Freak 2018年10月16日
24mm F2 1/125秒 ISO2000 皆様こんにちは! 5ヶ月ぶり?くらいにライブ撮影をしてきました。 前回のライブブログは 機材はお気に入りのLeica SL(Typ601)とライブ撮影には必携のアポズミクロン M90mm F2 ASPH そしてこれまたお気に入りのズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 画角の広さを活かしてステージ全体を撮ったり、少し下がって観客を入れてみたり色々できます。 それでは早速! 90mm F2 1/125秒 ISO2000 まずは乾杯!今回で3回目になるんでしょうか。いつも撮らせてもらってます。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]