高画素機で撮るモノクローム | THE MAP TIMES 
Select Language



高画素機で撮るモノクローム

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年01月07日 01時00分]




昨年、2017年はニコンのD850、ソニーのα7RIIIなど高画素でなおかつ高性能なモデルが相次いで登場し盛り上がりました。

ところで高画素の機種について、
「センサーが高精細すぎて半端なレンズでは粗が目立つ」
「センサーの性能をフルに活かすためにはレンズも高性能なものを使わなければならない」
などと言われることが多いと思います。

では高画素の機種で気軽に撮影はできないものか、できるだけ軽快に撮影を楽しめないものか検証しようと思います。

今回使用した機材は、
Nikon D800E
Voigtlander ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

いずれも現行品ではありませんが、D800Eは有効画素数36.3 メガピクセルと現行機種に負けない画素数を誇り、
レンズのULTRON 40mm F2 Aspherical SL IINは現行機種と比べると最短撮影距離は長いですが、
全長24.5mmとパンケーキレンズと呼ぶにふさわしい薄さになっています。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

レトロな雰囲気の駄菓子屋のそばにあった電灯です。
高画素機の魅力として、その高精細な描写により被写体の質感が手に取るように感じられる点があります。
最新のレンズではよりシャープに隅々まで描写してくれると思いますが、
このレンズはディティールを残しつつやわらかく描写しています。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

初詣に寄った神社の境内にある狛犬の彫刻です。
時代を経た木材が醸し出す質感が伝わってくるようです。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

狛犬の顔を拡大してみました。
ここまで拡大してもディティールは失われず、かつ柔らかく描写されています。
「おまえは何をしに来たんだ?」と言わんばかりの表情に圧倒されてしまいます。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

同じく寺の境内にある木彫りの彫刻が彫られている壁です。このお寺はこの木彫りの壁が有名です。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

中央上の二人をほぼ等倍に拡大してみました。
木の線の一本一本までしっかり描写されているのがわかります。
最新のレンズではもう少しシャープさが増してシャキッと写ると思います。
それらと比べてこのレンズは線が細い、というか柔らかいという表現が合うと思います。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II
Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II
Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II


いかがでしたでしょうか?
どうしても最新の技術を使ったレンズには及ばない部分はあります。
特に先に述べた「高精細な描写を楽しむ」という点では物足りない、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
そしてそもそもマニュアルレンズですからスピーディな撮影はなかなか難しいです。
しかし高性能のレンズは単焦点を除けばたいてい重く、大きいです。

今回使用した機材はボディ、レンズあわせて1㎏程度です。
この大きさ重さでこれほど濃密な写真が撮れるのですから軽快に撮影したい方にはお勧めです。
なお、現行のULTRON 40mm F2 Aspherical SL II Sは少し直径が長くなりましたが、
最短撮影距離が25㎝まで寄れるようになっています。




現行機種の写真はこちらからぜひご覧ください!
Kasyapa















〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年01月07日 01時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【OLYMPUS】石と餃子の街へ 2018年11月16日
 11月も中旬、関東でも秋の気配が強くなり、上着が手放せなくなってきました。  そんな季節、今回は栃木県宇都宮へ。  宇都宮といえば、「大谷石」と「餃子」が有名。  駅前にも大谷石を使った「餃子のビーナス」が設置されています。  市の西部では「大谷石」の採掘場跡が多くみられ、岩肌の露出が目につきます。  内陸でもまるで海岸のような岩肌も見られます。  採掘場跡の岩壁に手彫りで彫刻された27mの平和観音。  そしてメディアでも話題の、大谷石採掘の歴史に...
続きを読む
Canon EOS M5+EF-M32mm F1.4 STM 【Canon】Mと夜景。 2018年11月15日
ハロウィンも終わり、 街はイルミネーションやクリスマスマーケットが始まり、 いよいよクリスマスに突入と言った雰囲気です。 この時期の夜は色んな光が街を彩っており、 そんな街を今回撮影してきました。 F2.8 2秒 ISO 100 レインボーブリッジが入った夜景写真。 東京では定番で、似たような写真を数え切れない程見た事があるかも知れません。 しかし、それは何度見ても「全く飽きない」その証拠でもあるのかもしれません。 F1.4 1/40秒 ISO 500 船乗り場付近の灯りを撮影。 少し冷え始...
続きを読む
秋が誘う 【FUJIFILM】秋が誘う 2018年11月14日
『FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss Touit 12mm F2.8』 -言葉を写真に- 1/60 F5 ISO1250 ASTIA 季節は人々に"きっかけ"を与える。 いつもとは違う、少し遠いところへお出かけしてみたり、 季節を感じるために誰かを誘ってみたり、誘われてみたり、 毎年の楽しみになっていたり、お決まりのことであったり、 好きな季節が近づくと楽しむための準備をはじめたり… 積極的に外へ出かけることが少ない私にとって、 季節は外へ出かけさせてくれるきっかけになっています。 1/250 F2.8 ISO1250 ...
続きを読む
河童寫眞部 "※写真はイメージです。展" 写真展のご案内 ~ 『河童寫眞部 "※写真はイメージです。展"』 2018年11月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『河童寫眞部 "※写真はイメージです。展"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【Leica】ライカと往く 2018年11月13日
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 皆さんこんにちは。 日中でも涼しくなり、段々と冬が近づくのを感じる昨今ですが写真を楽しまれていますでしょうか。 Leica M10にSUMMICRON M 50mm F2 3rdを付けて深大寺周辺を散策してきましたので、写真と共にお送りします。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 実をつけ、枝垂れる柿の木が印象的だったので一枚。 SUMMICRONの50mmはこういった中距離での立体感の演出に優れるなあといつも感じさせられます。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]