Select Language



フィルター機能で撮ってみよう~LX100編~

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年02月11日 05時00分]


ミラーレスのカメラには当たり前のようについている
「フィルター(画像効果)」機能。
PhotoshopやLightroomなどの現像ソフトを使っているとあまり使わない機能かもしれません。
しかし、筆者のようにまだまだソフトの勉強が足りなかったり、その場で感じたインスピレーションをすぐに作品に投影したい。
昨今のSNSブームでカメラで撮りたいけど、撮ってその場ですぐに写真を共有したいという方も多いのではないでしょうか。


そこで、今回はPanasonic LUMIX DMC-LX100のフィルター機能を使って色々な写真を撮影してみました。


では早速1枚目
Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

トイフォトモードにて撮影
四隅が減光気味になり、写りがチープ気味になるのが特徴。
トイカメラで撮影したことある方ならびびっとくるのではないでしょうか。

Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

セピアにて撮影
多くのカメラにモノクロと並んで付いてる機能なのですが、意外と使ったことがなく新鮮でした。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100
Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

比較用にほぼ同じ場所からフィルターのみ変えて撮影しました。
上がハイキー、下がローキーです。
露出量が違うとやはり写真の雰囲気も大きく変わります。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

シルキーモノクロームにて撮影
LX100はモノクロームの種類だけで4種類あるのでその中の1つです。
ハイキー+モノクロームという感じです。
モノクロでありながらどこか幻想的な雰囲気を醸し出せるかもしれないフィルターです。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

クロスプロセスにて撮影
聞き慣れない単語という方もいるかもしれませんが、フィルムの現像テクニックの一つで「青」「緑」「紫」「黄色」が強調されます。
特殊な色合いなので好き嫌い分かれるかもしれませんがフィルムの雰囲気を手軽に味わえます。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

サンシャインにて撮影
上の写真と同じ時間・場所で撮影していますが、さっきまでなかった太陽が出現。
自分で撮っておきながら頭に「?」が浮かびました。
簡潔に言うと太陽(光源)を写真上に合成するモードのようです。
当然そこに本当に光源があるわけではないのですが、写真を少しでも明るい雰囲気に持っていきたい方に是非。
今回は試せませんでしたが夜景に使うとどうなるのでしょう。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

レトロにて撮影
名前のままですが、すこし懐かしいノスタルジックな雰囲気が出せるモードです。
冬の平日とあって誰もいないグラウンドを撮影したのですが、良い雰囲気がでてると思います。
思い出の場所やアンティークな物を撮影するときなどに向いていると思います。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

ワンポイントカラーにて撮影
画面内の指定した色だけを残して他の色はすべてモノクロに。
これだけで十分すぎるぐらいに独創的な世界が広がります。
個人的にはLX100を買った方・すでに持っている方には一度は試して頂きたいフィルターの一つです。


LX100には全22種類のフィルターがあるのですが、紹介しきれませんので厳選したものを掲載しました。


今回撮影に使ったLX100はコンパクトなサイズながら、24-70mm(35mm換算)f1.7-f2.8と非常にレンズが明るく
広角側で3cmまで寄れるので簡易マクロのような撮影もできてしまいます。

また、シャッタースピードや絞りなどがダイヤルで操作するアナログ操作ということもあり「カメラを弄る」という楽しさを再認識させてくれます。

フィルターの紹介をさせて頂きましたが、スマートフォンからのステップアップにも、サブ機を探しいる方にも
そして、メイン機にもなりえるこの1台をこの機会にお試しください。






〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年02月11日 05時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む
三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む
【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]